2015年10月24日

気になってしまう、、、恋心?

気が付けば、10月もあと1週間。
段々と秋も終わりが近づいているこの季節、各地でインフルエンザが流行っているようです。
皆さん体調に気を付け、食欲の秋を満喫しましょうね。

では今回のご相談です。

【お名前】 美和
【年齢】   〜19
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

私は今、クラスメイトで気になる人がいます。
学校で席替えをしたとき、彼が私の前の席になりました。


彼は明るくよく喋り、クラスの中でもすごく目立っていました。
私はあまり目立つタイプではないので、彼のことが気になりつつも話しかける勇気もなく、話しかけられることもないんだろうなと思っていました。


ですが、彼がふりかえり私に話しかけてくれました。
ほとんど話したこともないので、ただ笑うことしかできなかったけどとても嬉しかったです。
あまり女子と話しているところを見たことがなかったので余計嬉しくなりました。


それから毎日話しかけてくれるようになり、いつの間にか好きになっていました。
ですが、いつからか話すことも少なくなっていきました。今はまったく話していません。
話したいと思っても自分から話かける勇気が出ませんでした。
それから私の気持ちも冷めてしまい話したいとも思わなくなりました。


だけど、彼のことが気になってしまいます。
声が聞こえたらその方を見てしまうし、ふとしたときに彼がどこにいるかさがしてしまいます。
でも、私は人を好きになったら苦しくて苦しくて回りが見えなくなってしまうのでこの気持ちは恋ではない気がします。


だけど、気になってしまうのは何でなんだろうと思ってしまいします。
それと彼は私と目を合わせようとしてこなくなり、今までのことを全部忘れてしまったかのように過ごしています。
嫌われてしまったのでしょうか?


クラスマッチでも、自分のクラスの応援をしなかったり、試合の途中でふざけたりと、最近彼のひどい所ばかり目立つようになりました。
そんな人を好きになってしまった自分が情けないです。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

その後、彼とはどのようなご様子でしょうか?
気になっていた男子とせっかく話せるようになったのに、いつしか話さなくなり。
美和さん自身、気持ちも冷めてしまったはずなのに、彼のことは気にはなってしまう。
ご相談内容から垣間見える美和さんは、多分、内向的なタイプなのでしょうね。
人との距離感に敏感で、必要以上に人に踏み込めず、踏み込まれることにもちょっと抵抗を感じるタイプ。


もしそうだとしたら、その性格が今の状況に繋がっているのだと思います。
元々気になっていた男子となかなか距離を縮められなかったところ、話すことが出来るようになって好きになった。
これは、彼のほうから自分の範囲内に踏み込んできてくれたことに対する好意です。
心理学的には「好意の返報性」と言います。


ただ、美和さんがその男子に対して元々興味はあったから受け入れ、好意を持つようになったにせよ、その好意は恋愛としての"好き"にまでは至らなかった。
もしかすると、そこでの興味は自分とは真逆だからこそのもので、また、明るく目立つタイプのその男子にご自身を投影した、潜在的な一種の"憧れ"みたいなものだったのかも知れませんね。
だからこそ異性としての"好き"にまでは至らなかった。
これは彼も同じかも知れませんよ。


お互い、嫌いになったわけでもないと思います。
ただ単に、興味が薄れてしまっただけ。
どちらが悪いわけでもありません。


では、気持ちも冷めてしまった今、なぜ変わらず彼のことが気になってしまうのでしょうか。
それは美和さんも感じるように"恋心"ではありません。
美和さんが自分で括るパーソナルスペース、すなわち"人との距離感"の問題です。


人との距離感に敏感な美和さんに、他の男子とは違い、一度は自分の範囲内に入ってきた彼。
その時点で、他の男子とは"別格"とまではいかないまでも、ある意味それに近い感覚になっているのでしょう。
だから他の人より気になってしまうだけです。


そして、それが"恋心"ではないからこそ、彼の悪いところにばかり目が行くようになっているのでしょう。
今の状況は、それ以上でもなく、同時にそれ以下でもありません。
今回の彼とのことは特別に気にすることは全く無いと思いますよ。


最後に一つだけ美和さんアドバイスです。
美和さんは、パーソナルスペース、人との距離感を、もう少しだけ広げるように意識すると良いと思います。
自分から積極的に人との会話やコミュニケーションを積極的に増やし、もっともっと自分の本音も晒す。
そうすることによって、いろんな可能性も広がり、今以上に楽しい毎日が送れると思いますよ。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 10代の恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

"新たな自分"でやり直す

今回のアドバイスにも出てくる"喜怒哀楽"
皆さんご存知の通り、人が抱く感情の代表的な4つです。

"喜・怒・哀・楽"に、憎(にくしみ)と愛(いとしみ)を加えて、"六情"という表現もありますが、人の感情は本来はもっともっと様々あります。
でも、そういった様々な感情があり、それが一人一人違うからこそ、「人生は起伏に満ちて楽しいものだ」とも言えるように思います。

喜びや楽しみだけでは、いずれはその感情は薄れてしまう。
怒りや悲しみもあるからこそ、人生が豊かに思える。
そう考えると、例え悲しいことがあっても、人生には必要な事だと少しは受け入れられるようになるのではないでしょうか。
少しは前に進む活力に変えられるのではないでしょうか。

では今回のご相談です。

【お名前】 ゆかり
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

初めまして、切実に復縁を希望してます。
ゆかりといいます。
周りに相談できる人もいなくて、ゼヒアドバイスお願いしたいです…!


1.復縁したい理由
いつも優しくて、会ったり電話を切るたびに大好きと言ってくれていた彼が大好きです。
仕事も頑張りやさんで、私を沢山支えてくれました。どうしても復縁したいです。


2.相手について
私より2歳下で工場の経理事務をしてます。
小さい頃に日本にきた、日本語ペラペラの外国人です。
誰にでも優しいんですが、短気で怒りっぽい。(怒りっぽくなったのは私のせいだといつも言っていましたが…)
頑固で人の意見はあまり聞きません。プライドも高い方だと思います。
家族は別県で離れて住んでます。


3.私について
工場で事務をしてます。
明るいけど人見知り。
怒りっぽくて彼にたいしてはワガママなところがありました…。
後、マイナス思考な部分があります。


4.出会ったきっかけ
mixiでお互いスノーボードが趣味という事で私から声をかけました。
住んでるところが違ったので、一ヶ月半ほどメールと電話して、そこから初めて会った日に付き合いました。


5.告白〜付き合い
彼からしてくれて、今年の4月末まではかれも私の事好き好きっていてくれてました。
電話もほとんど向こうから、平日に週2回ほど。4月までは、どちらもお互い好き!って感じでした。
元から遠距離なので、2週間〜一ヶ月のペースでお互いの県に行ったり来たりしていて、お互い観光好きなのでいろんな県に行っては観光&おいしいもの食べてぶらぶらするのがお決まりでした。


6.別れた原因と別れる前後
私のワガママ、束縛、自分が暇だからとかまってちゃんになってた事だと思います。
彼が私の事を好きと言ってくれてた時も、そこは複雑に思ってたようです。


元々彼は平日はマメに連絡をくれるのですが、交友関係も多く、土日や長期休暇はほぼ音信不通、何をしてるかあまりわからない状態。
私が聞いても、束縛みたいで言いたくない、とほとんど言ってもらえず。


長期休暇の時はケンカになってました。
出会った女の子とも普通に連絡先を交換してメールしてたり。
それ以来会ったりはしてないと言ってたし、浮気はするタイプではないとは思います。


後、私が精神的自立ができてなく、小さな事で怒ってしまったり文句を言ってしまう事も…。
今年のGW中にも、連絡がこない事から私がかまってほしさにメールをしてしまい、そこからケンカに。
一度電話で話し合おうにも、彼は長期休暇の最終日の夜中まで予定があり、早く切り上げて電話をしてきた事にとても怒ってました。


その日はちゃんとした話もできなかったんですが、翌日から彼に 好きの気持ちがなくなった、自分から電話したいとか会いたいとか思わないと言われてました。
実際、彼から電話はほとんどなく、私からでしたが、一応、それでも2週間に一回はデートしてました。


そのうち彼が、もしかしたら冬に国外に数年、転勤になるかもでそのプレッシャーと仕事のストレスで似たタイミングからよくキレるように…。
いきなり、職場に仕事やめるって言ったわ、と言ってきてこちらが心配したところ、実は言ってなかったり…。
ちょっとした事でキレ、電話をいきなり切ったり…。


彼のめちゃくちゃな態度に私もどうしたらいいのかわからず…。
私も、嫌われたくない一心でいっぱいいっぱいになってたのと、彼に私のちょっとした事が気にくわないとすぐキレる部分にどうしていいかわからず、毎日心配でおせっかいな感じになってしまっていたのかもしれません。


GWから、振られた7月頭までずっとこの状態で、なおかつその間に2度、キレられてもう無理、別れよ!と言われ、わたしも、泣きながらすがったり電話、メールを沢山してしまいました…。
仕事のお昼休憩の時にキレたメールがきたこともあり、仕事に集中できない!!とまた怒られたりしました…。最後、3回目にキレられた時(わたしがかまってになってると怒られ)、もう付き合えん、無理だわ。と振られました。


その時また、メールや電話を沢山してしまい、あげくのはてに、もう死にたい、こんな女怖いやろうからもうLINEをブロックしてくれ、とメールしました。
数日後、落ち着いてから謝罪と感謝、そしてできれば友達から仲良くなれないか、というメールを送りましたが、友達はもう厳しいと思う…もう戻るきはないって。と言われました…。
そこで、まぁできれば友達としてもう一度様子を見てもらえたら嬉しかったな、とメールし、そこからメールは送っていませんし、彼からも来ません。


7.現在
今はもう連絡してないけど、LINEはブロックされてないと思います。
メールをしても、読んではくれても返事はこないと思います。
遠距離なので、会えません。


情けない話ですが、振られてやっと自分の精神的自立ができてない、ワガママな行動で彼を傷つけてしまった、と後悔してます…。
もう一度彼に好きになってもらって、私は彼を信用し、心穏やかにいたい。
そして、いつかは彼と結婚したいです…。


8.復縁に向けてやっている事
私の感情のコントロールができてないのが大きいと思い、本を買って読んでます(感情をコントロールできるようになる本、素敵な女性になる為の本、など)
後は、つらいけどいつまでもクヨクヨしてられないので会社でも家でも、なるべく笑顔を心がけたり、友達とランチやBBQをしたりしてます。
後は、1人で楽しめなかったから彼氏彼氏になってたんだと思い、部屋でゆっくりコーヒーを飲みながらDVDを見たり、1人でも、友達とでも楽しく居られるようにはしてます。


実は、他の先生にメール相談をしています。
先生は、こんな状態(私が別れ際すがったりしつこくしたり、死にたいと言った事)にもかかわらず、冷却期間は3週間ほどでいいと…。
理由は、彼は私の事を完全に嫌いになったわけじゃないし、冷却期間は連絡をとりながらでもできる、と。
冷却期間を置くことにより、私の悪いイメージがなくなるのも確かだか、いいイメージも薄くなってしまう、と仰っていました。


遠距離で周りに共通の友達もおらず、友達にももう諦めな!と言われ話せる相手もおらず…。
ただ、私は本当に彼と復縁したい!可能性は低いだろうけど、彼の笑顔をもう一度みたいんです…!
どうか、サポートしていただけませんでしょうか…
よろしくお願いします!



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

ゆかりさんは、繊細で傷付きやすく、ナイーブな女性なのでしょうね。
だからこそその分、「喜怒哀楽」がそれぞれ大きくなりがちなのだとも言えそうです。
そういう意味ではご自身で言うところの"精神的自立"を意識するのはとても良い事だと思います。
この機会に、ご自身を更に深く知るともっともっと良いと思いますよ。


世の中には色んな人が居る中、怒りや悲しみを人より強く感じる人も居ます。
もしそうだったとしても、それを人にぶつけるかどうかは人それぞれです。
気持ちを抑え、鎮め、自分の中で消化しようとする人も居れば、人に向けて必要以上にぶつける人も居ます。


仮にそれが後者である場合、それと同様に、喜びや楽しさも人から与えられるのを強く求め過ぎる傾向があります。
まさしくそれがゆかりさんです。


ゆかりさんの根底にあるのは、「自分を分かって欲しい」という強い思いだと思うのです。
その思いは、何かあると、自分を正当化しようとすることに繋がり、「分かってくれない」という怒りや悲しみも加えて矛先を人に向けてしまいます。
また、「自分を分かって欲しい」という思いは、「自分を分かって優しくして欲しい、愛して欲しい」ということでもあり、喜びや楽しさは人から与えられるものという思いで、それを強く求める傾向となります。


本来なら、喜びは何かしら自らが向かった結果として得るものであり、楽しさも自らが動いて得るものであり、何も無く人から与えられるのは限られた一部です。
ゆかりさんが今意識している、友達とのランチやBBQ、DVD鑑賞などは、まさしく、楽しさを自らが動いて得ようとしていることです。


それが無かった今までは、それらも含めて全てを彼側にだけ求めていたからこそ、そこでの楽しかった思い出が忘れられないのですよ。
自分を分かって優しく、そして愛してくれた時の彼を忘れられないのですよ。


彼が冷めてしまった今、仮にヨリを戻したいのであれば、当然冷却期間は必要です。
ただ、他へも相談をしているようですが、そこでのアドバイスと私個人的に思うのとでは相違があります。
相談された方やそこでのアドバイスを否定するつもりは全くありませんので、あくまでも個人的な別意見として聞いてください。


冷却期間は、彼に対しても必要ですが、ゆかりさんにとって必要な期間です。
"怒"や"哀"を彼にぶつけ、"喜"や"楽"も彼が与えてくれるものだと考えていた自分を知り、改めて自分を見つめながら次の道を考える期間。


その期間のせいで、彼がゆかりさんのことを忘れてしまうなら、酷ではありますが、そこまでの想いと相性、そこまでの縁でしかなかったのですよ。
ある一定以上の想いと相性の良さがあったのなら、彼も良かったイメージが膨らむものですし、また、それくらいでなければ彼に執着する価値もないというものです。
更には、彼にも悪いところはあるのですから、彼自身そこに気が付くようでなければ、せっかく復縁しても同じことの繰り返しです。


今はとにかく、自分の喜怒哀楽を見つめながら、その中で新たな自分を見つけて欲しいと思います。
それは時間を掛けてでも構いません。
彼には「新たな自分でやり直せるならやり直したい。今は時間が必要だけど、その時期が来たら一度会って欲しい。」とだけ伝えてはどうでしょう。


新たな自分を見つけた時、やはり彼のことが頭から離れていないようならそれはそれ、新たな恋愛に進みたいと思うなら、それはそれ。
彼と離れている期間は、復縁するにしても新たな恋愛をするにしても、ゆかりさんにとって大事な期間です。
今までの自分を解き放ち、まずは"今"を楽しめる自分になれるよう、過ごされることをお勧めします。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

指輪を見た時のショック

世の中には様々な職業がある中、「スーツ姿が似合う男性に惹かれる」という女性は意外と多いようですね。
スーツ姿に男としての頼り甲斐を見出すのか、清潔感があるように見えるのか、仕事の出来る男性に弱いのか、はたまた、小学生や小さい頃に「スーツ姿=大人=信頼感・安心感」と深層心理にすり込まれているからなのか、、、

ただ、スーツも選ぶ色によって、ある程度はその男性の性格や傾向が出ていたりもするものです。

▽紺系のスーツを好む男性
・誠実に見られたいという、サラリーマンには最適型
・元体育会系の男性が選びやすいく、精悍に見られたいという傾向
・無難な色として選ぶ、個性が薄めで保守的な傾向

▽グレー系のスーツを好む男性
・おしゃれ感覚が高い男性
・その一方、おしゃれに気を使わない仕事一筋派も

▽茶系のスーツを好む男性
・マイペースな性格
・周囲から浮いていても人の目を気にしない、または分からないタイプ

▽黒系のスーツを好む男性
・自分をしっかり持っているタイプ
・仕事に厳しく、人にも厳しいタイプ
・個性派である反面、自己中心的な傾向を含める場合も

いま貴女の頭に浮かんだその男性は、何色のスーツをよく着ていますか?

それは貴女がどんな男性に惹かれやすいかというのと同時に、どんな男性を理想としているのかの表れかもしれませんよ。

では今回のご相談です。

【お名前】 小春
【年齢】 45〜49
【独身/既婚】 独身(離婚歴あり)
【恋愛経験】 不倫経験 1人

はじめまして。
ご相談とアドバイス隅から隅まで読ませていただきました。同じような悩み多々ありました。
どうしたらいいのか頭ではわかっていますが、心が追いつけなくてご相談させていただきます。


1年と少し不倫していました。
何度も別れてはやり直し、最近別れました。
彼(53歳。妻、子供2人有り)
私(子供3人)
彼は奥さんの浮気疑惑から不倫をはじめたそうです。
私と出会う前に3人の女性と付き合ったようです。


仮面夫婦といいながら、ある時左手の指輪を見てしまいました。
不倫なのだから当たり前ですが、とてもショックでした。
そして別れたのですが、いつの間にかまた付き合いました。
子供のことや自分の立場、しがらみ。色んな理由で離婚できない。そんな彼を受け入れていました。


それから前より増してお互いを必要とし、分かり合えていたのに、ある時また指輪をしていました。
やはり我慢できず別れ話をしました。彼は泣いていました。
彼は、もう指輪は外す、小春とおそろの指輪を買うよ、と言いました。
私は嬉しかったけど、やっぱり指輪をはめていた彼がわからないのです。
ぐずぐずしているうちに・・・いや〜な雰囲気になって結局別れました。


同じ不倫でも、わたしの中では理解不可能なんです。
夫婦として破綻していても家族として一緒にいるなら、わたしは彼の側に居たかったのです。


いつもいつも必死で寄りを戻そうとしていた彼が今回は、とても冷静です。
彼は自分の運命を受け入れると言いました。
仮面夫婦だけど家庭に戻る決心をしたのだと思います。
僕なりに小春のことは愛していた。それだけは信じてね。とも言っていました。


理解し合えないのか、分かるけどわからない振りをしているのか。僕の気持ちなんてわからないよ。とも言っていました。
ズルくてごめん。優柔不断でごめん。最後までかれが言っていました。


別れて良かったはずなのに、今度は私の気持ちが彼を忘れられなくて辛いのです。
彼の気持ちが私だけにあるのなら、形は関係ないと本気で思っていました。
離婚しない彼を丸ごと受け入れる覚悟もありました。
色んな思いや気持ちを馬鹿みたいに伝えてきました。


今はたぶん彼の中で私は面倒臭い女なのだと思います。
このまま連絡をしないのが一番だともわかっています。
彼はまた寂しくなったら連絡してきます。そのとき私は突き離す自信がありません。
どうぞアドバイスをよろしくお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

当相談室を隅々までお読みいただき、ありがとうございます。
数百人分ものご相談内容とアドバイスとなれば、かなりの時間を要したことと思います。
とても有難く思うのと同時に、それだけ小春さんが今のお悩みの中でもがき苦しんでいるのだとも思いました。


「頭では分かっていても心が追い付かない」
小春さんが自ら言う通り、それが実際のところなのでしょうね。


そんな小春さんに必要なのは、事実、現実、運命、そして試練を"受け入れる心"といったところでしょうか。
たぶん、今まで小春さんが知った男性の中では彼が一番相性が良かったのでしょう。
ただ、それを「一番の男性」とばかり思うから未練が残るのです。


未練こそが今の悩みと苦しみの根源です。
彼の指輪を見た時の、ショックや憤り、虚脱感が、彼との関係での現実であり、変えられない運命です。
もっと正確に言うのなら、彼が変えようとはしなかった運命です。
彼はあくまでも小春さんにとっては「一番の男性」ではなく「家庭に戻ることを選んだ男性」なのを忘れてはいけないと思うのです。


そこから目を逸らして彼の良い所や楽しかった時だけを思い起こしてはいませんか?
彼や彼との時間を美化してしまう自分を知ることが大事。


今、小春さんがするべきことは、しっかりとした彼への決別です。
このまま連絡を取らないことはお勧めできません。
彼が「優柔不断でごめん」と言ったその"優柔不断"は、そもそもは小春さんがその"幅"や"可能性"を与えるからでもあるのですよ。
しっかりとした決別こそが、彼、そして小春さんの迷いを断つ、直接的な線引きです。


彼へ、決別の、そして最後となるの言葉をしっかりと伝えましょう。
それは会ってではなく、メールが良いでしょう。
流されることなく、惑わされることなく、冷静に選んだ言葉こそが、お互いの心に落ちるものになると思うのです。


彼との出逢いと彼との時間への感謝。
お互いが歩むべき道、目指す先、求めるべき幸せが違うこと。
それぞれが覚悟をもって前に進むことへの宣言。
それらが小春さんの揺るぎない意志として彼に伝わるよう、言葉にすることを強くお勧めしたいと思います。



〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不倫を終わらせる勇気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

いっそ嫌いになりたい、、、

今日は10月9日。
141年も前のこの日、万国郵便連合が設立されました。
このことで地球上のほぼすべての地域から郵便物が送れるようになりました。

たとえ国際恋愛でも、今や一昔のように手紙だけではなく、電話やメール、更にはテレビ電話など、距離も縮まったものですよね。
それでも、贈り物など何かしら物を送るということ自体は無くなりはしないことです。
いつかは物体瞬間移動装置みたいのが出来るのでしょうか。

今はまだSF的な話しにはなりますが、電話もメールも、ましてやテレビ電話なんか昔は想像すらできなかった事を考えると、いつかは可能になるのでしょうね。
そう考えると夢があって何だか楽しいですよね。

では今回のご相談です。

【お名前】 k
【年齢】 20〜24
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

私は、現在恋人がいません。
というか産まれてからずっといません。


そんな私ですが、1年程前に合コンで出会った5歳年上の男性のことがずっと好きでした。(今も、、、。)
その男性とは、この1年間向こうから誘われたり、私から誘ったり1ヶ月に1回程は会っています。
肉体関係はありません。


会っているときはすごく楽しく、私の目には彼も楽しそうに見えますが、向こうから付き合おうとかそういうことは言われたことはなく、ただ遊びに行ったり、食事したりする関係です。
最初は彼の方から誘ってくることが多く、私は何とも思っていませんでしたが、毎回駅まで送ってくれる彼の優しさや可愛いと言ってくれる言葉に、男性に耐性の無い私は本気にして好きになってしまいました。


ただ、彼から付き合おうとかそういう言葉が無いことから彼は私のことを何とも思っていないのだろうなとは感じており、私から連絡を避けたりもしていましたが、そのうち彼から会いたいと連絡が来ると嬉しくなってまた会ってしまいました。


そんな折、偶然彼のTwitterを発見してしまいまして、そこには彼が最近合コンに行き出会った、私では無い女性に好意があるというようなことが書いてあり、私のことは一切書いてありませんでした。
分かってはいたことですが、改めて現実を突きつけられるとショックで付き合ってもいないのに、彼を取られるような焦りを感じ、諦めるために自分からの連絡は避けていました。


でも、たまらず自分から前々から行きたかった場所に誘ってしまいました。
彼からはすぐに行こうという了承の返事が来ました。今週末出かけます。
しかし、Twitterを見ると、その場所に行くことだけが書いてあり、彼のTwitter上の女友達と思われる人に対して、誘われたから行くだけで本当は君と行きたい!とリプライしており、更に傷ついております。


こういったことはtwitterを発見してから初めてではなく、その度にテンションだだ下がりでドン引いている私がいるのですが、会うと紳士的で優しくされ、嬉しくなってしまうのです。


彼を忘れようと、他の男性とも遊んだりしても、やっぱり彼のことを考えてしまいます。
いっそ私を無視したり、ヤリ捨ててくれればいいのにとさえ感じます。
彼を嫌いになりたいのに、優しくされ、嬉しくなって好きになってどこまで愚かなんだろうと感じます。
私はどうすればいいのでしょうか。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

会えば優しくしてくれる彼。
kさんが惹かれるのも当然と言えば当然なのかも知れませんね。
しかもあまり恋愛免疫の無いKさんであれば尚の事。


でも残念ながら、彼は多分、女性であれば誰にでも優しいのでしょう。
その優しさも、悪く言えば八方美人。
意中の女性が居てもkさんからの誘いは断らない。
付き合いの良さも半端な優しさも、kさんとの間柄においては罪でしかありません。
そういうところで結果的に人を傷つけるということを分からないのでしょうね。


ここは彼にしっかりと気持ちを伝えた方が良いのではないでしょうか。
そこでの線引きが無いからこそ、kさんも可能性を捨てきれないのですよ。
だからこそ、せっかく他の男性と遊んでも彼のことが頭から離れないのです。


ここまで言っておきながらではありますが、また、過度の期待はショックを大きくするだけでもありますが、可能性を確かめる価値は無しではないとも思います。
八方美人の人は、誰からも好かれたいという表れである反面、その根底は、傷つくことを怖れているからだとも言えます。
彼は自分から付き合いたいとなかなか言えないだけで、kさんの気持ちが分かれば、嬉しい急展開が待っているかも知れません。


彼に傷付いてばかりなのであれば、
それでも好きなのであれば、
いっそ嫌いになりたいとまで思うなら、
そこまで好きな自分を愚かとさえ思うのなら、
立ち止まったままの今から抜け出すためにも気持ちを伝えた方が良いと思いますよ。


もしそこで上手くいかなくても、気持ちを伝えることは、前に進む線引きに繋がりますし、今後、また好きな男性が現れた時に、その男性を引き寄せる恋愛力として、間違いなく積み上がっていると思うのです。
勇気も要るでしょうが、前に進む上では必要なこと、前向きに恋愛が出来る自分であるために必要なこと、と自分で言い聞かせて、言葉にしてみることをお勧めします。
陰ながら応援していますので頑張ってみましょう。



〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

一言メールが意味するもの

気が付けば早いものでもう10月。
段々と秋らしくなってきましたね。

これから少しずつ寒くなっていくこの季節は、個人的には寂しさが増していくような感覚です。
"燃え上がる恋"の夏に対して、"失恋の秋"なんて言われ方もあり、どことなく物悲しいような。
"実りの秋""食欲の秋"ということで、食べることに関しては楽しみが増える季節でもありますが、皆さんの中での"秋"はどんな季節ですか?

さて、今回のご相談です。

【お名前】 さんさんさん
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人

はじめまして。どうかよろしくお願いいたします。
数年前に、数ヶ月だけお付き合いをしていた、既婚者の彼がいました。
その彼とは同じ職場で、仕事のことを色々教えてもらう中でプライベートな話もするようになっていきました。
そして職場の飲み会で酔った勢いで恋愛相談もしてしまったことがきっかけな気がします。


私は彼のことを本当に心から職場の先輩として、人として信頼し、尊敬していたのだ思います。
それから仕事の後、二人でご飯や軽く遊ぶことが増え、とうとう一線を越えてしまいました。
私としては、変な話ですが、好きで好きで仕方なくて一線を越えた、というよりは、好きは好きだけれど、一線を越えられたら、本当に好きなんだ、という感覚で、実際、一線を越えられたので、そのことですごく安心できた(男性不信克服できたんだ等安心感)し、そういう人に出会えたことを嬉しく思っていました。


実際、一線を越える前に、君(私のこと)に彼氏ができるまでのことだから、でも真剣に君のことは素敵だと思ってる、本当にこんな関係になっても良いのか、といった話をされた上でのことなので、私もある程度の覚悟を決めての関係とすることができたので、納得できていたのだと思います。


その後、何ヶ月かして、相手が転勤し、その後私も転勤したので会うことはありませんでした。
彼が転勤する前に、もう二度と二人で会うことはないだろう、と言われていたので、そういうことだと覚悟しました。


私も転勤した後に新しい彼氏ができ、縁あって結婚することになったので、結婚報告をすると、お祝いしてくれました。
本当にこれで終わったんだと自分に言い聞かせていました。


もともとメールは、気が向いたら返信や自分から送ってくるような人だったので、連絡ツールとしてのメールにはあまり重きを置いてはいませんでした。
お別れしてからというもの、返事が来ないと落ち込むし気になってしまうので極力送らないようにし、返信がなくても気にならないような、報告型のメールをたまに送っていました。
案の定、返信はありませんでした。


結婚以降は本当にメールを送ることもなく過ごしてきたのですが、半年か一年に一度ぐらいのペースで、一言メールが来るようになりました。
「元気?」というような内容です。
それに対して「元気」だという内容を返信しても何も返ってきません。


相手は、どういうつもりでメールを送ってくるのでしょうか?
私からは、メールも送りたいし、会いたいです。
また不倫関係に、というよりは、たまに普通に話したりできたら嬉しいです。
ただ、一度不倫関係になったのに普通に話すだけの関係は無理だというのであれば、気持ちの上では、そういう覚悟もあるつもりです。


とにかく、以前のようにとはいかなくても、話せる環境を作りたいという思いが一番強いです。
あるいは、いい加減、彼のことは忘れたいです。
着信拒否する勇気も、もう一度告白(?)する勇気もありません。
どうか、私にアドバイスをお願いいたします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

まず最初に、、、
お名前はSさんと呼ばせていただきますので宜しくお願いします。


さてさっそくですが、ご相談内容を拝読し、一番最初に考えたのは「Sさんのご家庭は今どんな感じなんだろう」ということでした。
そこはご相談内容では全く触れていないので、あくまでも私個人的な推測の域でしかありませんが、たぶん、離婚を真剣に考えるほどの大きな不満はなく、比較的平穏に過ごされているのだと思います。


でもだからこそ、そこでの"平穏"が今の思いに繋がっているのだと思いました。
平穏な日々の繰り返しは、平穏であれば平穏であるほど、以前の恋愛を振り返り、その時の"恋愛をしてる感"や"刺激"での幸福感を思い起こすことに繋がりやすくなります。


ここでまずはハッキリお伝えします。
Sさんが今、彼との今後の関係で思い描き、求めている、刺激や息抜き、安心感、安堵感などは、その対象が彼である必要は全くありません。
対象をあえて"男性"と絞ったとしても、それは彼以外の男性で良いのです。
ではなぜSさんは彼のことを考えてしまうのでしょうか。


それは、頻度や内容はどうであれ今も完全に繋がりが断たれたわけではなく、可能性がゼロではない男性で彼が一番早いから、ということです。
しかも、彼なら家庭不和を招くまでの関係には至らないというライト感覚での安心感もセットです。


身の回りの新たな男性であれば、見つかるかもわからない中、好みのタイプを探し、もし居たとしても探り探り進めていかなければなりません。
その結果、思うように進まず傷付くかもしれません。
逆に入れ込まれ過ぎて面倒なことになるかも知れません。
また、Sさんが入れ込んでしまうかも知れません。


でも彼であれば、最初から気持ちや考えをメールで伝えることも出来、最悪、断られても、どのみち一度別れた相手。
諦めも比較的付けやすいでしょう。
だからこそSさんは彼のことを考えてしまっているのですよ。


そこに"好意"が有ることは否定しません。
ただ、「気持ちの上では、そういう覚悟もあるつもりです」と、"不倫"というリスクを抱える覚悟まであったとしても、もう少しお互いの想いが伴い合う相手とでなければ、今の家庭に対するリスクやデメリットと見合わないのではないでしょうか。


「転勤したらもう二度と二人で会うことはないだろう」と言い切った彼。
それを受け入れたSさん。
そこに葛藤や苦悩があったにせよ、その程度の想いとまでは言わないにせよ、結局はそこでそれぞれが別れを選択したお二人。
年に1〜2回の一言メールに理想の関係像への可能性を見出そうとするには無理があるのではないでしょうか。


男目線で言わせていただければ、たまにの一言メールは単純にSさんの反応を確かめたいだけです。
Sさんが望む「たまに普通に話したり出来る関係」を、もし彼も望むなら、もう少しメールだって往復するというものです。
せっかくSさんが、「もし不倫関係になるならその覚悟がある」とまで思っても、彼にはその気が無いから今の状況なのですよ。


あえて言えば、Sさんが彼にこうメールをするならば、返信はちゃんと来るでしょうし、形は違えどまた会える可能性も少なくはないと言えるでしょう。
「不倫までの関係は望まないけど、セフレとしてならまた会いたい」


まさしく「単純にSさんの反応を確かめたいだけ」と言ったのはそういうことです。
彼を悪く言うつもりはありませんが、彼のたまにのメールは「気持ちがあり過ぎるのは遠慮したいが、都合の良い時だけセックスできる可能性はないかな?」「たまにでもメールしておけば、いつか可能性が生まれるかも知れないし」という、"男"という生き物としての性(さが)みたいなものです。


全てを踏まえ、もし「それでもいい」とSさんが思うのなら、その先は人がとやかく言うことではありません。
ただ、老婆心ながらも言わせていただくなら、今の気持ちの矛先を向ける対象は彼ではないと個人的には思います。
それは、Sさんの家庭が平穏ではなく、本当の意味で刺激や息抜き、安心感、安堵感などを必要としていたとしてもです。


友達との時間を増やすなり、趣味を広げるなり。
或は、ご主人ともっとしっかり向き合うことも選択肢の一つでもあります。
また、繰り返しですが、対象を"男性"と括ったとしても、それは少なくとも彼ではないと思うのです。
Sさんには、Sさんがこの先求めるべき幸せと、そこに向かうためにどうするべきかを、改めてしっかりと考えることをお勧めしたいと思います。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 別れた彼が忘れられない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ