2013年06月29日

「待つ恋愛」

ある不倫相談室で気になるアンケート結果がありました。
それは不倫経験がある既婚男性への調査でした。

「不倫を始めた理由は?」という問いに対しての結果は…
1位「性的欲求」(36.5%)
2位「相手のことを好きになった」(17.5%)
3位「なりゆき」(17.0%)
4位「妻との不仲」(14.5%)
5位「夫婦間のマンネリ感」(13.0%)

不倫をしている独身女性がよく言う「好きになったらたまたま既婚者だっただけ」という言葉が、悲しく聞こえるような結果だと思いませんか?

また、「不倫相手と過ごすメリットは?」という問いに対しての結果は、2位の「癒やし」(37.5%)を大きく引き離して「カラダの関係」(48.5%)が1位でした。
不倫をする既婚男性が口にする「夫婦仲が悪いのがきっかけ」「癒されたくて不倫をするようになった」という言葉が詭弁にしかならないような結果です。

すべての不倫を否定するつもりはありませんが、不倫男性の実態として、女性には心に留めておいて欲しいと思いました。

では今回のご相談です。

【お名前】 リュー
【年齢】 20〜24
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

こんにちは。リューと申します。
どなたに相談して良いのかわからず彷徨っていた所で、このサイトに辿り着きました。
長文・駄文ですが、第三者の意見を伺いたいので相談させてください。


私は現在女子大学生で、3歳年下の男性に恋をしています。
出会い自体は2年ほど前からで、よく話をするようになったのは1年前。
今年に入って、メルアドの交換をし、やりとりをするようになりました。


彼の、夢に向かってひたすらに頑張っている姿を見て応援しているうちに、好きになってしまいました。
現在浪人をしているため、私の気持ちを伝えることは控えようと思いましたが、成り行きで告白をしました。
結果、彼自身恋愛経験が未熟で女性の扱いになれていない、とのことでごめんなさいされました。


しかし「振られたと思って欲しくない」と言っており、私も諦めるつもりがないので、「恋愛感情を持ってもらえるまで待つよ」と言い、現在も時間を決めて週1でメールのやりとりをしています。
メールでは「貴方のこういう所が好き♪」などをよく言うのですが、そのたびに相手はとても嬉しそうです。
相手から「受験が終わったら一緒に◯◯に行こう」などとデートの約束をしてきます。


そんな流れから、先日、息抜きがてら私の一人暮らしの家に勉強しに(という名目で遊びに)彼が来ました。
「貴方の事が好きだ、と言っている人の家に一人で遊びにいくんだから、男だからと油断していちゃダメだよ?」などと、私が強引な行動をとる可能性を仄めかす発言をしていたのにも関わらず、来ました。
(あわよくば、ではなく、本当に気をつけるつもりで来ていたみたいです)


結局、少し勉強をした後、2人でご飯を食べて、お喋りをして、そのまま何事もなく夕方に帰りました。
後のメールで私から「本当は手を繋ぎたかったけど、貴方の気持ちを考えたら出来なかった」と伝えた所、彼から、「手も繋ぎたかったし、抱きしめたかった」と言われました。
「あなたの気持ちに出来る限り応えてあげたい」「あなたの心のよりどころになりたい」「あなたは大切な人だ」とも言ってくれるのですが、「恋愛感情は微妙なところかもしれない」とも言っています。


しかし、今までは、「恋愛感情がわからない」や「ごめんなさい」だったのが、少し濁すような言い回しに変わっていて、少し希望を持ってしまいました。
私自身、彼氏という存在は高校からほぼ常にいる状態(現在は半年ほどいません)に対して、相手は、想いが実らなかったり、好かれても酷い仕打ちを受けたりと、恋愛自体に臆病になっている所があります。


彼は私がどのような恋愛をして来たか知っていることもあり、事あるごとに、「あなたなら他にいい人はいっぱいいるでしょ?」「俺を待っているうちに婚期を逃すよ?」と言って来ます。
私に対しても「彼は恐怖心を抱いているのでは」と思うのですが、それは「私が好きだけど怖くて踏み出せない」という私にとって都合のいい解釈のようにも思ってしまいます。
実る事はない、と思いたくないから、このように考えているのでは、と思ってしまいます。


第三者から見て、私はこのまま彼を待ち続けてもいいと思いますか?
彼が私を彼女として受け入れてくれる日は来ると思いますか?
長文な上に駄文で、申し訳ありません。よろしくお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

恋愛に先々の"絶対"はありません。
残念ながら、この先、彼がリューさんを彼女として受け入れてくれるかどうかの答えは誰にも出せないのですよ。
彼自身でさえその答えは出せないでしょう。


ただ、彼を待っているかどうかの答えは出すことが出来ます。
ちなみに、私個人的には待つべきだと思いますが、最終的にそれを決めるのはリューさんです。


彼の言う通り、待っている間、リューさんは新たな出会いを逃すこともあるかも知れません。
その出会いの中では、彼より好きになれる男性が居るかも知れません。
そう考えると、待つべきではないかも知れません。
でも、彼より好きになれるような男性に出会えるとも限りません。
"絶対"が無い以上どちらとも言えないのですよ。


恋愛に限らず、物事、「可能性が低いなら」と諦める人も居れば、「僅かでも可能性があるのなら」と諦めない人も居ます。
その可能性に見合った価値だと自分で思えるかどうかで、どちらかが間違いでもなく、逆に正解でもありません。


リューさんの場合、何の支障も無い独身同士の恋愛ですし、いろいろな恋愛が経験にもなる年代です。
個人的には、恋愛を簡単に諦める"クセ"みたいになって欲しくないな、もう少し頑張ってみて欲しいな、という思いがあります。


結果が分からない中で、自分で道を選ぶからこそ、そして愛することを信じようとするからこそ、恋愛は素敵なものなのだと思います。
もし迷っているなら、諦めるのはもう少しあとでも良いのではないでしょうか。
彼の気持ちが上がってくるのを期待しながら、そして、ご自身の気持ちを確かめながら恋愛を楽しむつもりで。


その上で同時にリューさんには、もっと視野を広げておいて欲しいと思います。
彼を待つことにだけ凝り固まると、周りが見えなくなってしまいます。
そうならないよう、他の男性にも"興味"だけは持つようにしたほうが良いの思うのです。


彼を待つと決めておきながら…と、抵抗があるかも知れませんが、いろいろな男性を知りながらも彼の方が良ければ、それだけ彼が好きな証拠でしょうし、もっと気になる男性が現れたらその時に改めて考えれば良いのですよ。


リューさんが性格上、「待つ恋愛」でも良いのかどうかは分かりません。
恋愛スタイルは人それぞれで、ある意味では「どれだけ相手を好きなのか」ということ以上に、自分のスタイルが大事だったりもしますからね。
だからこそ、"ご自身の気持ちも確かめながら"なのです。


今はすべてを決めようとするのではなく、気持ちと視野を広く持つのが良いのではないでしょうか。


〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




posted by 星野 純(はじめ) at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 片想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

フラれた後…さてどうする?

皆さんは、カクテルは何を頼みますか?
(飲む事が前提の話しで、お酒を飲まない方には申し訳ありません)

日本バーテンダー協会によると、女性に人気上位は「スプモーニ」「モスコミュール」「ジントニック」で、最近は「モヒート」も人気だそうです。

ちなみに、男性が思う女性に飲んで欲しいカクテルは「コスモポリタン」や「ホワイト・レディー」で、女性が実際に選ぶものとはちょっと違うようです。
飲んだことがない方は、頼んでみるとどうでしょうか。
デートなど男性と一緒なら「おっ、なかなか良いチョイスだな」と言われるかも知れませんよ。

では今回のご相談です。

【お名前】 りんご
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

初めまして、星野様。
相談させてください。
2歳上の男性に片思い中です。


彼とは、去年にバーの出会いイベントのようなもので出会いました。
彼はバーの近くに住んでいる常連。
運よく連絡先を交換する機会があり、こちらから連絡したところすぐに返信があり、あちらからまめなメール返信が何度かあり、お誘いの後3回デートしました。
とても楽しかったです。


3回目のデートの後、第一印象以上の好意を持った私は電話で告白しました。
彼は「すごくうれしいけどまだお互いのこと良く分からない。自分は恋愛に移るのがいつも遅い、友達から恋愛に発展しやすい。また近々デートしよう」と、所謂保留のような形の返事をもらいました。


数日後にもデートしたのですが、恋愛に移るのが遅い、という彼の言葉を考慮し、こちらから告白の話をすることはなく過ごしました。
ところが、そのあと3週間ほどメールの返信がぱったりとなくなります。


何があったのだろうかと思っているうちに、また連絡が繋がりこちらから飲みに誘ったところ、彼の父親が亡くなったことを打ち明けられました。
さらに彼は父親の会社を継ぐことになり、手続きなどで忙しい日々を送っていたことを話してくれました。
(名刺までくれたのでこれは偽りないことだと思います)
父親がいなくなり家に1人の母親が気がかりだということも。


彼の気持ちを尊重しつつも、好きな気持ちを抑えきれなかった私は、頻繁なアタックは避けていたもののクリスマスの予定を聞きました。
「24日は母親が心配だから実家に戻る、23日なら」ということで23日に会いました。
その時も、告白に対する返答は何もありませんでした。


今に思えば急ぎ過ぎていたとも思いますが、時期もあり、気持ちが切羽詰まっていた私はつい、23日別れたあと「告白の返事ってどうなってるの?」とメールで聞いてしまいました。
その時の返事は「好きだと言ってくれているのは本当にうれしい、けれど今の自分には人を好きになる余裕がない。友達としてなら大丈夫だけれど、気持ちを知っているのに返事を先延ばしにするのは失礼だと思うし申し訳ない、だから自分を好きだと思ううちは会わない方がいいんじゃないか」ということでした。


その言葉をきちんと受け止めて、「分かったよ、いつか余裕が出来た時に素敵な人が出来るといいね、今まで楽しかった」という旨を伝えました。
だいぶ強がりでしたが。
その後連絡は途切れました。


そしてしばらく、彼を忘れるためにオフ会やお見合いパーティに参加していましたが今一つ進展のない日々を過ごしました。
彼からの連絡は何もありませんでした。
しかし告白から2ヵ月半後、名残惜しくも少しずつ彼を忘れていくようになったうち、たまたま連絡を取る機会があり彼にラインで連絡したところすぐに返事がありました。


元からメールは面倒臭いという彼ですが、ここ数日、夜には数回やり取りしています。
しかし、恋愛に対する話題はなく、あちらからデートの誘いももちろんありません。
こちらからするにも彼の言ったことを考慮すると難しいのかなと思います。


彼は年末あたりから立ち直りつつあり、友達と飲み歩きなどはしているようです。
異性の友達も少なくない、社交的なタイプなようです。
正直なところ、彼がまだ好きな自分がいます。


けれど1度はっきりと振られていること、会うことすら気まずくなりそうな経過をたどっていること。
かなり難しいのでしょうか。
もし彼との縁がつながるとしたら、私はどのように動けばよいのでしょうか。
読みにくい文章で申し訳ありませんが、失礼いたします。




[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

確かに一度は振られましたが、彼の親が亡くなったショックや、会社を継ぐことになったりで、本当にタイミングが悪かっただけなのかもしれません。
それをていのいい断り文句と考えればその可能性もありますが、またメールのやり取りを頻繁にするようになったのであれば、頃合いをみて食事に誘ってみてはどうですか?


ただ、そこではまだ好きな気持ちを伝えたり、彼の気持ちを確かめようとしたりせず、今のメールだけのやり取りからちょっと進むという感覚で、とにかく食事に行くこと自体を目的として。
男としては、彼も一度振った以上は誘いづらいのもあるでしょうし。


会ってしまえば、あとは雰囲気や流れに任せる感じです。
前に告白した時は、時期的にクリスマスが迫り、今年ももう終わり、というタイミングで、余計にりんごさんが焦ってしまったのかも知れませんね。
女性にとってのクリスマスというイベントや一年の締めというのは、男性が思うより大切なタイミングでしょうからね。
でも今回は、少なくとも、無理やりに気持ちを確かめようとはしないほうが良さそうですよ。


そしてもう一つ。
りんごさんの気持ちの持ちようとして、もう少し楽に構えることをお勧めします。
それは「彼も好きになってくれたらいいな」であり、
「ほかに好きになれる男性が現れるといいな」でもあります。


恋愛に積極的なことはとても良いことですが、こと彼においては、その積極的な"勢い"は逆効果になることも大いに考えられます。
他の男性にも目を向けながらも、彼も狙ってみる。
今はそれくらいのスタンスでいる方が、一番良いのではないでしょうか。


P.S
彼と出会ったバーに友達と行ってみるのも良いかも知れませんよ。
彼が常連とのことなので、店員さんから二人のやり取りでは知り得ないことも聞けるかも知れませんからね。



〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 片想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

話が合う人

新年、明けましておめでとうございます。
皆さんの応援が励みにもなり、お陰さまをもちまして当恋愛相談室も6年目を迎えました。
いつも稚拙なアドバイスばかりですが、今年もよろしくお願いいたします。
では、さっそく今回のご相談です。

【お名前】 とら
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

初めまして。早速相談なのですが・・・
同じ会社の5歳年上の彼に片思いしています。


彼は同じ会社の運転手で私は事務員ですが、勤務時間が違うためずっと一緒という訳ではありません。
私が会社に入社したのが数年前、入社した時から仕事の事等色々と教えてくれて頼りになる人だなあと思っていました。
それから会社の飲み会に参加したりして、どんどん好きになりました。(お互い彼氏彼女が居なかったので周りから2人付き合えば良いのに!と言われてたのもあり意識した部分もあるかとは思います・・・)


最初の頃は、私からメールしても返信が無い事も多かったです。
でも、会社内のグループで遊んだり、少しずつ仲良くなって、彼からもメールや電話が来る様になりました。
今では彼が仕事中、時間のある時は毎日電話がきて、その日にあった事等話をしています。


しかし、もうこんな中途半端な関係も、彼の事を好きでいる事も嫌になってきました・・・
私は彼の事が好きだから頼まれれば、色々な事をしてきました。
私が入社してから半年ぐらいが経って、彼から仕事が忙しいからおにぎりを作って欲しいと言われ1年半ほど作っていた事があります。
その頃の私はそんな事頼まれるなんて、彼も私の事を特別な目で見てくれているのかな、なんて思って頑張って作っていました。


最初はありがとうと言ってくれていたのに、だんだんとその言葉も無くなり「今日の質素おにぎりの具はなに?」等と言ってくるので、そんな事言われたらもう作れないと言ったらじゃあもうイイよと言われ、それから作らなくなりました・・・


今ではたまにお菓子が食べたいと言うので、スイーツを作って渡す事もあります・・・
仕事が忙しいからあれ買っといて、これ買っといて、あれやっといて、色々な事を頼まれました。
ただ、私も他の人ではめんどくさがる仕事を彼に頼んだりもしていましたが・・・


私が〇〇へ行きたいと彼を誘っても、他の人誘えばいいじゃんとか、奢りなら行っても良いよとか言われ、結局2人で出かけた事は3回ぐらいしかありません。
何人かで集まっていたけど、他の人たちに用事があり途中解散になってから、そのまま2人で遊びに行ったり、仕事で周るコースの下見に行ったくらいです。


グループの人たちがいれば1か月に2回くらいは休みの日に遊びに行きます。
ちなみに休みは日曜日だけです。
つい1カ月程前、彼にツイてない事が続き、落ち込んでいたので、ご飯に誘い御馳走しました。
そこまでは良いのですが、その後、彼が行きたいご飯屋があると言うので私も行ってみたいと思い、行く予定を立てました。
そしたら、とらの奢りでしょ?と言ってきたので、何で私が払わなきゃいけないの?って言うと、ツイてない事が続いて今お金が無いと言われ、この前も私が出したんだから割り勘でしょと言うと「しつこい、じゃあ中止でイイよ!」と言われ一気に冷めてしまいました・・・


その他にも私とくっつけばいいのにと周りから言われると、「タイプじゃない(私はぽっちゃりなので)もっと細い子が好き」とか言うし、未だに別れてから3年ぐらい経つ元カノとも連絡を取っていて、会ってるのかと聞くと「飯おごってくれるって言うから会ってる」とか、「よく立ち寄るマックに居る女の子が可愛くて、向こうも俺の事好きなんだよ」とか言います。
結局、私は彼にとって都合のイイ奴ですよね・・・


もう次の恋に行きたいとは思いつつ、やっぱり毎日会って話をするのは楽しいし、これだけの事を書いてみても、やっぱり嫌いにはなれません。
気にしない様にしていても彼からの電話が無いと不安になるし、友達にも話せない事でも彼には話せるし、今の会社で嫌な事があっても、彼が頑張っているから私も頑張ろうと続けてこれたのも事実です。


この中途半端な関係を続けるよりは、告白してスッキリした方が良いのでしょうか?
それとも、人にはそれぞれダメな所もあると割り切って友達関係を続けるのとどちらが良いでしょうか・・・
長文・乱文で申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願い致します。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

>次の恋に行きたいとは思いつつ、嫌いにはなれない。
ここがとらさんが一番悩んでしまうところなのでしょうね。


でも、そこは気持ちや考え方ひとつですよ。
とらさんは、「好きか嫌いか」で極端に考え過ぎかもしれません。


恋愛においては、"好き"という気持ちは確かに大事です。
"好き"が無ければ恋愛になりませんからね。
でもだからと言って、次の恋愛に進むかどうかを考える時、"嫌い"である必要はありません。


「好きなところもあるけど、嫌いなところもある。」
100%理想どおりの相手なんて滅多に居るものではなく、これが当たり前です。


そんな中、好きな気持ちが完全に無くなるまで関係を続けていたら、別れるカップルも離婚する夫婦も、そうそう無いのではないでしょうか。
気持ちを割り切るときに"嫌い"である必要は無いのですよ。


とらさんは彼を好きか嫌いかで考えるのではなく、本来どんな恋愛がしたいのか、そんな恋愛が彼とならできるのか、で考えると良いのではないでしょうか。
とらさんの理想の恋愛が"片思い"なら別です。
でもそうではないのなら、彼の気持ちや態度、性格が別れの原因で良いのですよ。


「好きだけど、彼とは理想の恋愛は出来そうにないから」
それが彼を諦める理由です。
そこには"好き"という気持ちもあって当然なのですよ。


とらさんは、もっと理想の恋愛を求めて良いのではないですか?
私がもし女性なら、大事にして欲しいですし、せめて、大事に思ってくれているだろうと感じなければ好きで居続けることは出来そうにありません。
正直なところ、とらさんには申し訳ないのですが、彼からはそれを感じません。


とらさんにとって彼は"話しが合う人"で"話せば楽しい"のでしょうが、それはとらさんに対しての彼の愛情が関係してのことでしょうか?
話しの相性や居心地の良さは、人を好きになるには十分な理由です。
ただ、その先も思い続けるには、相手の気持ちや接し方など、全てを含めて考えるべきなのではないでしょうか。


そこで今一度考えてみてください。
「話しの相性が良く、一緒に居て楽しい人」
とらさんの場合、それが男性であっただけです。
男性であるがゆえに、また、周りがはやし立てるからこそ彼氏のように意識しすぎたのかも知れません。
でも、あくまでも「一緒に居て楽しい"人"」であって、一緒に居て楽しいだけでは"彼氏"として考えるものではないと思いますよ。


「一緒に居て楽しい"人"」を失うわけじゃないのですから、そもそもは嫌いになる必要も無く、彼を"彼氏"として望まないだけです。
ここで先に進まないと、いつまでも「一緒に居て楽しい"彼氏"」に巡り逢えませんよ。
彼のことはハッキリと割り切って、新しい恋愛を求めて進みましょう!

このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」


posted by 星野 純(はじめ) at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 片想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

生きる上での必要なスパイス

今回のご相談者様は、あるバンドメンバーのファンだそうです。
ファンと一言で言っても、その対象者がご相談者様のようにミュージシャンであったり、俳優であったり様々ですよね。


また、特定の人物だけではなく、スポーツであったり、そのチームであったり、文学やアニメやブランドであったりと、実に色んな分野が対象になります。
そう考えると、例え自覚がなくとも、ほとんどの人は何かしらのファンなのでしょうね。


そして、そのファン度合いも実に様々ですよね。
映画ファンのように「映画が結構好きで、月一本は観に行くの」とか
「あそこの店のパスタが一番美味しいよね」みたいなお店のファンなど、趣味嗜好の域なら健全なファンと言えるでしょう。


でも中には、全財産だけではなく借金をしてまでお金を注ぎ込んで何かを集めたり、時間の全てをそれに費やし他には一切興味が無いという人も居ます。
そこまで行くと、生きている意味や人生の価値はそれが全てで、それ以外は逆に何の意味や価値も無いのでしょうね。


また、可能性がほとんど無い非現実的な妄想を追いかけるようになってしまう人も居ます。
でも、その当人にとっては「妄想」ではなく、あくまでも「夢」であり、そうなると手が付けられません。


映画でもあるように、小説家ファンを描いた「ミザリー」や、ロバートデニーロが主役の「ザ・ファン」など、完全に病的で、犯罪にまで至るケースまであります。


今回のご相談で改めて「なぜ人は何かのファンになってしまうのだろう」と考えました。
そして個人的に出したその答えは、こうです。
「それが生きている上で必要なスパイスだから」


好きな選手やチームが活躍すると自分のことのように喜びます。
逆に負けてしまうと悔しい思いをします。
好きな曲を聴くと、歌詞に共鳴したり、曲調にテンションが上がったり、癒されたりします。
好きな作家の小説にドキドキしたり、映画に感動したり。
鉄道ファンが色んな写真を撮って集めることで満足したり。


そんな、毎日の喜怒哀楽や、いろんな欲求に対する感情が生きる上では必要なんだと考えさせられました。
前書きが長くなってしまいましたが、今回のご相談です。


【お名前】 白拍子
【年齢】 40〜44
【独身/既婚】 既婚(離婚歴あり)
【恋愛経験】 不倫経験 1人


星野 純様、はじめまして。
ネットで色々検索していて、こちらのサイトにたどり着きました。
私は41歳の主婦です。


昨年知り合った、あるバンドの方と親しくなり、メンバーのやっているブログなどにも遊びに行くようになりました。
そのメンバーさんとコメントのやり取りをしたり、私の住んでる街にツアーで来るたびにお話したりしている内に好きになってしまいました。


詳しい年齢は事務所から止められているからと教えてもらえませんでしたが、20代後半と言っていました。
私は小さい子も居るし、10歳以上も年上だし、相手はファンとしてしか見ていないだろうなと思うのです。


ですが、LIVEの終了後に他のファンと話す彼が私に気づくと「ちょっと待ってて」と合図してくれたり、会場の出口まで送ってくれたりされると嬉しいし、変な期待をしてしまいます。


先月メールアドレスを交換して、彼からも連絡があり、頻繁ではないですがやり取りをするようになりました。
内容はいたって平凡ですが・・・。


好きな気持ちに何度もブレーキをかけて想うのをやめようと何度も思いました。
ですが、忘れようとすると苦しくて仕方ありません。
辛いです。


好きな気持ちを伝えたい気持ちもあります。
ですが、家庭の事や伝えた後に避けられたらと思うとそれも出来ません。
毎日悩んでいます。
気持ちを伝えるべきでしょうか?


なんだかまとまらなくてすみません。
よろしくお願いします。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

残念ながら、その男性にとって白拍子さんはファンの一人であることは事実です。
ライブに来てくれる人は、いやらしく言えばチケットを買ってくれるお客様。
アルバムを買ってくれる人も、ブログを見てくれている人も、大事なファンであるのと同時にお客様です。


ただ、白拍子さんのように、本人と直接知り合ってから好きになっていったのなら、前書きのようなファンとはちょっと違いますし、一般的なファン以上のものを求めたくなる気持ちも分かります。
会話を交わせるくらいの関係だと思えば、それ以上の関係になれる可能性は完全なゼロではありませんからね。


ここは悩むくらいなら、気持ちを伝えるのが一番です。
色々と考えていたら、キリが無いですし。
伝えてもし避けられたら悲しいし…
ファンとしてしか思われてなかったら切ないし…
マイナス部分ばかり考えると本当にキリが無いですよ。


気持ちを伝えることで悩むなら、伝えてから悩むほうがよっぽどマシです。
今のままなら、相手の気持ちは何も分からないのに、マイナス側の「想像」でいつまでも悩んでしまうのですからね。


それよりも、例えどんな答えでも、相手の気持ちや言葉を受け「現実」として悩んだほうが良いと思いませんか?


恋愛には相反するリスクが付き物です。
告白して振られるかも知れないですが、告白しなければ気持ちは伝わりません。
しかも、その男性だって、自らファンにアプローチするのに躊躇してしまうことも考えられますし。


ここは単純な二択です。
振られて傷つきたくない、悲しみたくないという、
「自分を守る気持ち」の方が強いのか。
「想いを伝えたいという気持ち」の方が強いのか。
この二択で考えるのが気持ちを決めるのにはベストでしょうね。


ただし、一つだけ忠告があります。
「今の時点で一番守るべきなのは家庭である」ということです。


相手の気持ちも分からない今の状態で、家庭を壊すようなことだけはするべきではありません。
ある意味、白拍子さん自身を守るよりも、家庭を守ることの方を優先するべきだと心に刻んだ上で考えて欲しいと思います。


このサイトのカテゴリ↓↓↓


「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」


posted by 星野 純(はじめ) at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 片想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

27歳年上男性への想い

今回のご相談からは、6月にいただいたご相談となっています。
ご相談いただいている方はお待たせしていて本当にすいません。
もし5月以前のご相談で、まだ返答が無い方がいらっしゃいましたらお知らせください。
ではさっそく今回のご相談です。


【お名前】 こころ
【年齢】 30〜34
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし


とてもとても好きになってしまった方がいます。
仕事上で大変お世話になっている心から尊敬する方です。


仕事の相談、ご指導を頂き、いつの間にかどんどん魅かれてしまっておりました。
私は30代前半で彼は27歳年上ですが、2人でいる時はとても笑顔がチャーミングで素敵です。
もちろん彼は結婚しており、お子さんも居ます。


私は、年上の男性を好きになった事はこれまで無く、既婚者である人はもちろん、恋愛の対象外です。
同じ年で、背が高くて、スマートで、かっこいい人 学生時代に好きになる人は、向井理さんのようなタイプばかりだったのですが、彼は年がほぼ父と同じ、背は私より低いですし、ちょっとお腹が出ている感じ、どうしてこんなに好きになってしまったのか理解できません。


でも、胸が苦しい程に彼の事が好きで、朝も昼も夜も、常に彼の事ばかり想ってしまいます。
それは、彼に恥ずかしくないように!と仕事のモチベーションにもつながっている事も事実ですが。


私は実家がとても厳しく、結婚するまで貞操を守るのが当然と育ちましたので、この年まできちんと異性とお付き合いした事がありません。
ファーストキスは29の時で、プロポーズまでして頂いた方もいましたが、私は仕事を選んでしまいました。
これまで仕事一筋に生きてきて、キャリアには誇りとやりがいを持っております。


女を売って出世してきたわけではありませんが、仕事は男性社会で、仕事一筋で彼氏がいないと知られているので、既婚男性によく口説かれてしまいます。
現在、好きだと言って迫ってくる方も仕事関係で12人程いて、どなたもお仕事上で大変お世話になっている方で、これからもお仕事上、縁を切る訳にはいかないので、はぐらかしている一方で困っています。


ほとんど笑ってはぐらかすのですが、自宅までついて来てしまう方もいて、友人を呼んで助けてもらった事もあります。
一人暮らしは怖いので、今は友人と住んでいる事にしてあります。


彼は常に暖かく見守ってくれ、あからさまではなく特別扱いをして下さいます。
大きなプロジェクトを前に、彼に指導してもらうようになり、忙しい仕事の後でも、お食事に連れて行って頂くようになりました。


いつも個室の割烹やホテルの夜景のきれいな高級レストランで、お仕事のご相談なのでもっと気を使わない所でよろしいのですがと申し上げましたが、「だって この夜景 良いと思わない?」と手を握って下さったときから、恋に落ちてしまったようです。


逢ってもほとんどがお仕事のお話なので、私の方が一方的な片思いの様に思い、彼を慕う気持ちは胸に秘めておりました。
彼に逢えるるのは、10日に1度くらいか、忙しい時は1カ月逢えない事もあります。


彼とお仕事で逢うようになって4年程になりますが、お仕事上で会うやり手の偉い方という認識で、全く恋をするとは思ってもいませんでした。
昨年の秋頃から、プロジェクトの関係で頻繁に連絡を下さる事になり、彼の方から私に新規事業のご提案を頂くようになりました。


お仕事のメール以外、たわいの無いメールをお送りしてもお返事は頂けません。
電話も仕事の電話のみです。
業界のお偉い方なので、想いは決して公には出来ません。
「ホテルで2人の食事も誰かに見られたらスキャンダルだな」って笑っていらっしゃいますが、私もそれなりに社会的な立場にありますので、これ以上好きになってはいけないと思っています。


彼のお誕生日はネットで調べて知っていたのですが、一緒に過ごして下さいました。
そして、先日は私のお誕生日を覚えていて下さって、当日にお祝いをして下さいました。
嬉しくて、彼の腕を組んでしまいました。
仕事一筋に生きて参りましたので、生まれて初めて好きな方と一緒のお誕生日♪
彼の事が好きで好きで、常に彼の事ばかり考えてしまいます。


彼とは手をつないだだけですので、一切やましい事は無いのですが、先日、車で送って下さる際に、見つめあって初めてキスをしてしまいました。
初めての大人な感じで、これ以上好きになってはいけないという想いが溶けてしまうほど、彼が好きです。


「こんなおじさん好きになっちゃだめだよ」とおっしゃいます。
「もっとお逢いしたい」と申し上げても「毎日会ったらオヤジに飽きるよ」とおっしゃいます。
お祝いをして頂いた感謝メールをお送りしましたが、やはり、彼からはお仕事のメール以外はありません。好きと言って頂いた事もありません。


でも、自分でも理解が出来ない気持ちなのに、好きで好きでたまりません。
どんなに好きと言われても恋を出来ない私。
好きと言って下さる方に恋をした事が無い私。
恋をしている暇があったら仕事をしていたいと恋に興味の無かった私。
そんな私なのに、彼を好きになってしまいました。


とりとめもない、長文をお許しください。
彼が好きすぎて、彼にも、誰にも言えなくて苦しいのです。
姉妹で近くに男性心理を相談できる異性もいないので、ご指導アドバイスを賜れればと思います。
よろしくお願い致します。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

彼への想いが伝わってきますよ。
そんな初めての気持ちに戸惑っていることでしょうね。


それにしても、こころさんはモテモテですね。
12人もの男性に言い寄られて。
それでも心なびく男性が居ないことが、こころさんの恋愛で特筆するところなのでしょうか。


こころさんの言葉の言い回し、使い方からもしっかりと家庭で育てられたことは想像に容易いですが、その環境こそが、こころさんの恋愛感や男性の理想像に大きく影響しているのでしょうね。


学生のときはこころさんだけではなく、恋愛経験の少なさや、理想の男性像が自分でもよく分からないのも含め、外見優先で男性を捉えがちです。
それこそ、こころさんのように、「背が高くて、スマートで、かっこいい人」みたいに。
芸能人などへの憧れと同じ感じでしょうか。


そこから色々な経験も経て、自分の恋愛感や理想像は出来上がってゆきます。
ただこころさんの場合は、恋愛経験のタイミングも無かったこともあり、育った環境がそのまま性格や恋愛感になっているように思えます。


厳しい家庭で育てられると、人は二通りに分かれます。
その教えを守り、堅く生きようとする人。
逆に、厳しかった反動もあり、自由気ままに生きようとする人。
こころさんは「基本的には」前者なのでしょうね。


何か、こころさんのプロファイリングみたいになってすいません。
ただこれは、恋愛は自分を知っていないと出来ないですし、特にこころさんの場合は、恋愛経験が無いことも含めて大切なところなのでご容赦ください。


こころさんが仕事一筋に頑張ってしまうのは、責任感の強さも当然でしょうが、育った環境から人に認められたいという承認欲求が知らず知らず強くなってしまったのかも知れません。
その承認欲求が満たされる達成感が、仕事ではプライドとなりやりがいになります。


そして重要なのは、承認欲求を満たすためには、必ず承認する側の対象者が必要な事です。
厳しい家庭での子供の対象者は親です。
親の言うことや考えは絶対として育ち、親に褒められようと一生懸命頑張るわけですよ。


でも大人になると、会社に認められたい、上司に認められたい、同僚に認められたい、部下に認められたい、友達に認められたい、自分で認められるようになりたい、というように対象者が多岐にわたります。


ただそこでこころさんは、承認欲求として人に認められたいと考えるのと同時に、自然と絶対的で別格な承認する側の存在を求めてしまうのでしょうね。
絶対的な存在であった親に変わるくらいの人を、と無意識に。
それがこころさんの場合、「尊敬する彼」です。


尊敬できる部分があり、相応の立場でもあるからこそ絶対的な存在と認める。
だからこそ、認められたいと思い一生懸命に仕事をする。
それが「彼に褒められたい」となり、そして対外的な一面とのギャップにも触れ、男性として意識するようになってしまった。


こう考えると、こころさんも不思議に思う彼を好きになった理由も、必然のような気もします。
少し長くなりましたが、こころさんがご自分を知る上でのヒントになればと思います。
自分を知れば、恋愛を考える上でも気持ちの整理もしやすいでしょうからね。


そしてあとは、彼がどう思っているのか、これからどうしたら良いのか、です。
彼がどんな仕事か、どんな立場か、というのは想像でしか分かりませんが、ここは男性の心理としてというより、そんな立場の社会人として、を考えなければいけないでしょうね。


こころさんをどう思っているのかより、少なくとも彼からは踏み込むのを躊躇せざるを得ない、ということを理解した上でなければいけないと思います。
となると当然、こころさんが積極的になるしか無いということになります。


ただここが、こころさんの一番大事なところです。
教えを守り堅く生きようとするのか、厳しかった反動で自由気ままに生きようとするのか、で、こころさんは前者、と前述しましたが、あえて「基本的には」と言いました。
それは、反面である部分も同時に持ち合わせている人が多いからです。


個人的には厳しく育てられた人を多く知っていますが、「一般的には」「世間的には」「普通は」と大部分の人達が考えたり選択するのとは、別の価値観を持っている人が非常に多いのです。
ごく少数派の生き方や、考え方や興味でも、自分なりに納得が出来れば、もともと信じて疑わないように育てられているからでしょうか。


この話しをするのも、今回の話しの中では「不倫」という関係であるということも含めてだからです。
こころさんのような方の場合、流れで不倫関係になったり、流されて不倫関係のままであるというより、自分の中でハッキリとした割り切りがあっての人が非常に多く、そうなると、ちょっとやそっとじゃ別れの選択肢には至らないことが多いのです。


こころさんにとってみると、初めて好きになる男性で、強く好きな気持ちに自分でも驚き、戸惑い、とにかく想いを伝えたい、叶えたいと考えていると思います。
ただ、その関係はあくまでも不倫であり、成就せず、リスクやデメリットもある関係であることを軽く考えてはいけないと思うのです。


結婚という形を求めない恋愛を否定しているのではありませんよ。
恋愛は、どんな幸せをどれだけ感じることが出来るのか、その幸せが一番求めるべき幸せであるかを、リスクやデメリットも鑑みて考えるのが大切ですよ、ということです。


不倫関係でも、こころさんにとっては初めて好きになった男性ですから、恋愛経験として経験してみるのも一案だと個人的には考えたりもします。
ただ、終わりを迎えたときに、「もう恋愛なんてしたくない」「男なんて信用できない」と、ボロボロになるような恋愛はお勧めしたくはないのです。


特にこころさんにとって初めての恋愛だからこそ、その後の恋愛にマイナスになるようならお勧めしません。
逆に言えば、辛い想いをしてでも、双方のデメリットやリスクを犯してでも、後からもプラスになるような恋愛なら後悔は無いとも言えます。


そこを判断基準とし考える上では、ご自分を客観的に理解する必要があります。
だからこそ今回は、こころさんの環境や分析めいた話しが中心となってしまったことをご理解ください。
どんな男性を好きになる傾向なのか。
そして一番は、一度不倫関係に陥るとなかなか抜け出せない、正確には抜け出そうとしない性格であろうということと、そこで失う見えないものの大きさをお伝えしたかったのです。


最後に一つ念を押させていただきます。
例え後悔の無い恋愛だと思っても、その恋愛の間に失うものは見えないものがあるのを忘れないでくださいね。


それは、恋愛をしている間、他の男性と知り合うきっかけが極端に減り、仮に知り合ったとしてもほとんどは発展しないことです。
一年間付き合っていれば、その一年間はそうなってしまい、その間はもっと素敵な男性と知り合う可能性や、もっと幸せになれる可能性、結婚の可能性などまでも失ってしまうのです。


ここは見えない部分なので、恋愛をする上では多くの方が後回しに考えがちです。
ただ個人的には、そこは重要視するべきところだと考えています。
3年5年10年と長くなれば長くなるほど、想像もつかないくらいに失っているものが多く大きいと、私は信じて疑いません。


今回はこころさんの聞きたかったことと違うかもしれませんが、彼がどうこうで考えるのではなく、こころさん自身を中心にして考えるべきですよ。
相手のデメリットやリスクは相手が抱えるべきもので、相手が判断、決断し、自分で責任を負うべきですからね。


初めての恋愛で苦しいでしょうが、客観的に自分を見つめ、冷静に気持ちを整理して欲しいと思います。


このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」



posted by 星野 純(はじめ) at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 片想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ