2011年01月20日

入籍したばかりで浮気

皆さんは彼氏やご主人の携帯をこっそり見たことはありますか?
当サイトでの統計では、4人に1人が「見る派」のようです。
実際には見なくとも見たいと思っている人や、以前見たことのある人を含めると、もっともっと多いのでしょうね。


詳しくは当サイトの左サイドのアンケート結果をご覧下さい。
尚、パソコンのみ閲覧可能です。
携帯からご覧の方はフルブラウザとして見ていただくか、ホームページアドレスをパソコンメールへ転送してご覧下さい。
▽パソコンで見る

では今回のご相談です。


[えぃさんのご相談]
【お名前】 えぃ
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

初めまして。
7年位付合い10月に入籍して一緒に暮らし始めました。
専業主婦です。
彼が浮気してるのか不安で相談させて頂きたくメールしました。


結婚するまでは月一回会えればいいほうで、その時はあまり浮気については気にしていませんでした。
不安になったきっかけは一緒に住むようになってから。


部屋の掃除をしてたら今はアラームとして使ってる前の携帯を何気なく見てしまったのです。
リダイヤルを押したらメールの送信履歴があったので見たら、今まで聞いた事のない名前が出てきました。


気になって受信BOXを見たらメール自体はありませんでした。
送信BOXにもです。
履歴はあるのに何で?と思った事からです。


名前が偶然姉と同じAだったので何気なく姉と同じ名前の人っている?って聞いたら「いるようないないような」
「どっち?」と聞き直したら「いるといえばいる」という返答。


以前、私たちがまだ付き合っている頃、話す事があると彼から電話がありました。
内容は女性と二人でご飯に行った、ごめんという内容。
それを聞いていたのでその人かと思い聞いてみたら、その話自体を覚えてませんでした。


なので「その人がAと思った、こないだ聞いた時に微妙な反応だったし」と言ったら「そう?」と言われ「Aと行った事ない?」と聞くと「ないね」と言われました。


電話での話を詳しくしたら、その時の人は別の女性で、その人からはたまにメール来るよという事でした。
「何だAじゃなかったの?何か怪しいと思ったのに」と軽い感じで言うと、前二回位送って行ったことはあるけど多分もうないと思うよとの事。


その何日か後彼が今使ってる携帯を家に忘れて行きました。
我慢できず見てしまいました。


すると、Aは少し遠くにいるらしく彼からAに「帰ってくるなら逢おう」というメールが…。
それに対する受信メールは削除されてました。


泊まりはなかった様ですが、会った後のメールでは「指がAのにおいする」その翌朝は「腰痛です」との送信メールが…。
これに対する受信メールも削除されてました。


その半月後、彼から「元気?」という送信メール。
その時のやりとりは挨拶のようなメールで受信メールもありました。


セックスしたのか分かりませんが、送っただけと言っていたのに会ってる…
しかも自分から。
余り女性に積極的な感じがなかったのと、嘘だった事が分かりショックです。


何かスッキリしないので携帯を見た事を謝って併せてAについて聞いた方がいいでしょうか。
読みにくい文章ですみません。
宜しくお願いします。




[星野 純(はじめ)のアドバイス]

新婚早々、問題が発覚してしまい、えぃさんも、かなりショックでしょうね。
でも残念ながら、内容からするとご主人の浮気は確定と思って良いでしょう。


そんなご主人を問い詰めたとすると、えぃさんはどうするつもりなのでしょうか。
えぃさんは、ご主人が最後までしらを切ってくれることを望んでいるのでしょうね。


ご主人も最初はしらを切るはずです。
ただ、あとはえぃさんがどこまで問い詰めるかによりけりです。


指の匂い、そして腰痛と続けるのなら、言い逃れは出来ません。
えぃさんがそこまで出すのなら、ご主人も認めざるを得なくなります。


ご主人が認めたらどうしますか?
入籍したばかりで離婚しますか?
許してしまいますか?


えぃさんの言い回しからすると、きっと許してしまうのでしょうね。
または、浮気を決定付けるところまでは問い詰めないかも知れませんね。
ご主人が認めるかどうかより、えぃさんが認めたくはないのですよ。
「疑わしい」というところで留めておきたいと考えるのではないでしょうか。


ただ、ここは大事ですよ。
えぃさんの年齢からすると、これから結婚生活は50年以上続く計算です。
その中で今回のことは、その後の浮気に対する概念だけではなく、夫婦としての関係性や結婚生活としての価値など、すべてのベースが決まってしまうくらい大事なことなのですよ。


ここで許したり曖昧にすると、ご主人はこう思うでしょう。
浮気をしても認めなければ大丈夫。
何があってもシラは突き通せる。
しつこく問い詰めることはしない。
浮気がばれても離婚を迫られることは無い。


そうご主人に思われることに、デメリットは有っても、メリットはありません。
今後の結婚生活のためにも、ここは、えぃさんの強い姿勢が必要です。


「何でも許されると思ったら大間違い」ということを、強くご主人に刻む必要がありますよ。
それはこれからのためのけん制であり、はっきり言うと、「脅し」です。


そのためには、ハッタリでも構いませんから、「離婚」や「別居」の言葉を出すのです。
「離婚や別居を考えるくらいに、してはいけないことをしたんだよ。」
「浮気すると離婚に繋がるんだよ」ということを知らしめるのです。


ご主人にはこれくらいのお灸が必要ですよ。
そこでご主人が開き直ったり、反省する様子もないようであれば、その後の50年はもっとそれが酷くなると考えていいと思います。


別居や離婚がえぃさんの本意ではないのなら、せめて、ギリギリまでは別居を主張し、ご主人の反省に免じて「渋々」許してあげる、みたいな形が良いのではないでしょうか。


入籍したばかりで、ご主人を信じたい、波風を立てたくない、という気持ちも分かります。
ただ、これからずっとご主人の携帯や女性の影を気にしていては、幸せなんか感じるヒマもありませんよ。


今回の件は、今後永く一緒に居る上で、有耶無耶にしてはいけない事だと思って欲しいと思います。


このサイトのカテゴリ→
 「男の本音・男心」


posted by 星野 純(はじめ) at 04:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

「女」であるためには「男」として見る

12月から一ヶ月ほど無料相談の受付を中断させていただいてますが、まだ11月のご相談にすべてお答えしきれておりません。
無料相談をご希望の方は、1月中には受付を再開をしますので、もうしばらくお待ち下さい。
尚、お急ぎの方やサイトUPを避けたい方は有料相談をご利用下さい。

11月に無料相談をいただき既にお待ちいただいている方は、今月中に順次UPさせていただきます。
本当に申し訳ありません。

では今回のご相談です。

[トトロ4さんのご相談]
【お名前】 トトロ4
【年齢】 35〜39
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

はじめまして。私は、結婚14年目になる主婦です。子どもも二人います。
つい2ヶ月ほど前に主人から離婚話を告げられました。


ここ2年ぐらいセックスレスといった状態で、私のほうから時々誘い、主人が渋々する感じが続いていました。
そのたびに、どうしてだろう?と思っていましたが、主人が疲れてるからといっていた言葉を信じ、私からは、返信メールの中に気持ちをいたわりつつ、さりげなくしたい気持ちも伝えるといったようになっていました。


で、とうとう離婚話が持ち上がった時、主人からは手紙を渡され、その中には、こう書いていました。 
『おまえを母親としてはみれるが、女としては見れなくなった。』
『ここ最近、メールをする度にしたいことを書かれていて家に帰るのもこわくなってきた。』
『ペットボトルの飲み物を一緒に飲めなくなった。』
『私に対して感謝の気持ちや、すまないという気持ちはあるが、愛せないから誰か他の人と幸せになったほうがいいんじゃないか?』
他にもいろいろと、結構辛いことをたくさんかかれていました。


その時は、辛すぎて頭の中も真っ白になり、主人を問い詰めてしまいそうになりました。
しかし、主人も上司の人の一言により、今は、離婚するはなしを休戦したいといってきました。


でも、帰りはいつも遅いし、私を避けているかのように、家にいてもすぐに違う部屋に行ったり、携帯ばかりさわって話もしようとしません。
『今は、まだ気持ちの整理がつかん。』と、メールが来たこともありますが、それにしてもそっけなく、口を開けば、『家におってもしんどい。』と暴言をはかれ・・・。


こんな相手でもまだ一緒にいようと思っているんですが、主人の気持ちが変わっていく方法とかあるのでしょうか?
よければ、教えてください。よろしくお願いします。




[星野 純(はじめ)のアドバイス]

ご相談内容からトトロ4さんの気持ちが伝わってきます。
切ないですよね。
今回は、トトロ4さんの「離婚はしたくない」という想いを大前提にお話しします。


ただし最初に一つです。
今回のお悩みは、劇的に好転するするようなことではなく、時間が掛かること。
その覚悟が必要だということです。


トトロ4さんが一生懸命になってもご主人の反応は薄く、心折れることなく頑張らなければいけないという覚悟です。
まずはそこを十二分に心してください。


その上でトトロ4さんがまず考えることは、なぜご主人はトトロ4さんを女として見られなくなり、離婚を考えるまでになったのかです。
そこは、ご主人側というか男の立場として考えなければいけません。
男は意外なことで妻を女性としてみれなくなったりするものです。


例えば、話した時や寝ている時に口臭がしたり、歯ブラシに食べかすが付いているのを見たりした時点で、口に対しての抵抗感や嫌悪感が生まれたりもするものです。
それがいつしか「同じペットボトルで飲めない」「キスをしたくなくなる」となる可能性は、皆無ではありません。


ただ、それぞれ日々生活していれば特別なことでもありません。
だからこそ、わざわざそこを指摘することもしません。
その代わり、知らず知らずに抵抗感や嫌悪感が積み上がってしまうことだってあるのです。


あとは、セックスのときも、パジャマをショーツを一緒に脱いだり、ムダ毛の手入れが甘かったり、終わってゴミ箱のゴミを片付けたり。


どうでしょうか?
すべて、文句を言われるほどの事ではなく、気にするほどでもないと言えば、それまでの事ばかりです。
でも、男からすると、意外と敏感に感じ取ってしまうことでもあるのです。
自分のことは棚に上げて、という部分もあるでしょうが、まずはここが大事なのですよ。


よくよく考えてみてください。
当初付き合っているときは、いろいろ気を使っていたのではないでしょうか。
口臭は気をつけたでしょうし、歯磨きも血が出たり食べかすが付いたりしてないか気になったはずです。
下着も恥らいながら脱いだはずですし、セックスが終わっても余韻を大事にしたはずです。


細かく言えばキリがないくらいですが、逆にキリがないくらい本来は気を使っていたはずです。
そこが無くなれば無くなるほど、「女ではなくなった」と男は感じるものなのですよ。


飲み屋の女性でも女優でも、常に女を意識しているしているからこそ、例え歳はとってたとしても、魅力的であったりするのです。
ちなみに「そういう女性は仕事だから当たり前でしょ」と思ってはいけませんよ。
出来る範囲の事なのに手抜きになってしまうようなら、言い訳にしかすぎないからです。


「女として見れなくなった」というご主人へは、そんな「女」としての意識を最大限持つことが必要です。
それはセックスに直結するようなことだけではなく、気遣いや優しさ、恥じらい、明るく「おかえり」と言う、などの本来は当たり前に気を付けていた部分でです。
「女」として居続けるには、ご主人を「男」として考えることからだと思いますよ。


最後に…
離婚を思い留まらせるには、ご主人に「やっぱり家族は捨てられない」と思ってもらうことに限ります。
ただ、子供を捨てられないという気持ちは言うまでも無いはずですから、あとはトトロ4さんへの気持ちです。


一番トトロ4さんに大事なことは、ご主人と幸せに暮らしてゆけることを信じることです。
そして、「他の人とではなく、貴方と幸せになりたいの」と改めてはっきり伝えることをお勧めします。


反応が無く辛いでしょうが、離婚したくないと思っている以上は、是非とも頑張って欲しいと思います。
陰ながら応援させていただきますから頑張ってください。


このサイトのカテゴリ→
「男の本音・男心」


posted by 星野 純(はじめ) at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

思わず首輪を付けたくなるようなくらいに

明けましておめでとうございます。
いつも、「恋愛相談室 〜貴女の悩みからの第一歩〜」にお越しいただきありがとうございます。

昨年も大変多くのご相談をいただきましたが、悩むということがあるからこそ、幸せという概念があるのだと思います。
悩みの分だけ幸せがある、そう考えると、悩みとも前向きに向き合えるのではないでしょうか。

今年も少しでも皆さんが多くの幸せを感じられるように、と願っています。
では、今年最初のご相談です。

[柚子さんのご相談]
【お名前】 柚子
【年齢】 30〜34
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

初めまして、結婚9年目になる柚子と申します。
よろしくお願いします。


結婚当初から主人の仕事が夜勤があったり、転職してからも仕事の帰りが遅かったりが当たり前になり、帰宅はいつも1時過ぎで、仕事終わりそのまま会社で寝てて帰って来ない日もありました。
子供もまだ居ないので一人で待つことには慣れてもいましたし特に浮気を疑うということもありませんでした。


しかし今年の8月頃から少しおかしいなと思う行動がありました。
主人に内緒で携帯を見てみると女の勘なのか何か不自然で、メールが消されてるような気がしてメールサーバーで確認してみました。


ある女の人Aさんとのメールのやり取りが消されていました。
私はメールを見たことは言わずに浮気を疑っている・不安に思っているという事を主人に話しました。


「浮気は絶対にしていない・信じてくれていい」と言われましたが、相変わらずメールは消されていて、それから何度も話し合いをしました。
そのAさんは飲み屋の人で同僚と飲みに行っていて仲良くなってメールのやり取りや遊びに行ったりしていたそうです。
2人きりで会うことはなくいつも同僚と3人で会っていたらしいです。


主人は私が携帯を見ていることは知っているみたいでした。
私も知っていることをわかっていました。
最初の話し合いから1ヶ月ほど経ってから「知っていると思うけど実はメールを見ていたから浮気を疑っていた。Aさんとのことを疑っている」とハッキリ言いました。
主人は「見ていることはわかっていた。Aさんとは本当になにもないし最近彼氏が出来たみたい」と。


私はなぜ同僚でもない、取引先の人でもない飲み屋の女の人と仲良くなって一緒に出かけたり遊んだりするのか?
なぜメールのやり取りを消すのか?
なぜAさんは既婚者のあなたを深夜や日曜など遊びに誘うのか?
遊びやドライブに誘うなら彼氏に連絡したらいいだけでは?
それは好意があるからではないか?
なぜ同僚は既婚者のあなたを遠慮なく深夜仕事終わりに誘ったりするのか?と問いました。
独身なら問題ないことだけどあなたは既婚者なのよと。


話し合って、遊びに行くなら行くできちんと連絡をよこす・遅くなりそうだったり帰れなさそうな時もちゃんと連絡すると決めました。
Aさんとは連絡は一切取らないと約束してアドレス帳から消し、メールも拒否設定しました。
1ヶ月ずっと不安で1人家にいると涙が自然と出てきたりしていた私はそれで安心できました。


先月深夜1時ぐらいに主人にメールが来たのを、寝ているから起こさないようにと音を止めようして来たメールを偶然見てしまったらもう1人気になっていたAさんの同僚Bさんからでした。
「まだ連絡や会ったりしたら駄目ですか?」という内容でした。


寝ている主人を起こしてどいうことなのかと聞き、Bさんもアドレス帳から消しメールも拒否設定しました。
これでもう大丈夫だろうと思っていたのですが、昨日結婚記念日で主人も休みだし出かけたり何かするということもないけれど一緒に過ごせたらと思っていたら主人に用事が出来てしまいました。


夕方ぐらいには帰ってくるだろうと思っていたのですが結局22時ごろ帰ってきて一緒に過ごすということは出来なくて。
携帯を見てみると上司や同僚から電話があったりかけたりしていたので用事が済んだ後に仕事場に行っていたのかその人たちと遊んでいたのかどっちかかなと思いました。


メールを見たら消されていましたが夕方に同僚1人にメールを送っていたみたいで。
なぜかその同僚の人だけ苗字だけの登録でメールの着信音も個別設定されていました。
他の同僚はフルネームで着信音は特に設定されていないのに。


疑ったらキリがないのはわかっているのですが、メールを消されたら逆に疑ってしまうと主人には言ってあるのにメールは相変わらず消されるし、休みの日には出かけるし。
AさんやBさんのことで不安は解消されましたが私が取った行動は良かったのかとか思っている中で今度は同僚まで。


信じたいのに信じれない。
一番不安に思っていたAさんのことが解決できたんだからもう考えないで気持ちを切り替えた方がいいのか、その同僚について聞いても良いのか悩んでいます。


私は主人が浮気をしていたとしても、離婚するつもりはありません。
以前星野さんが言われていた「本当に一生一緒に居たいという強い想いが最優先されるようであれば、浮気しようが極端な話し、犯罪を犯そうがその想いは絶対的にブレないものだと思う」との言葉通りです。


付き合っているときより、結婚したばっかりのときより、今のほうが主人のことを好きなのでずっと一緒に居たいと思っています。
わかりにくい文章だったかとは思いますがよろしくお願いします。




[星野 純(はじめ)のアドバイス]

「本当に一生一緒に居たいという強い想いが最優先されるようであれば、浮気しようが、極端な話し、犯罪を犯そうがその想いは絶対的にブレないものだと思う」
そうですね。確かに言いました。
綺麗事かもしれませんが、そう思いますし、そうであって欲しいと思います。


今回は柚子さんが、そこまでの想いがご主人に対してあるのを前提でお話しします。
まずは、大事なことを一つです。
前述のように、ご主人を深く想うことは素晴らしい事ですが、それが伝わり過ぎてご主人が安心し切っているのではないでしょうか?


それは単純な話しです。
例え方は悪いですが、犬を飼っていたとします。
その犬が100%逃げないという保障があれば、きっと首輪は繋がないでしょう。
逃げる心配が無いのですから。


「柚子さんは何があっても自分から離れない」ということは、ご主人にとって嬉しいことだと思いますが、同時に絶対的な安心感を生んでしまいます。
首輪をするのは、人に吠えたり噛み付いたりしないように、という理由と、逆に誰かから何かされないように、という理由もあります。
これは他の男性に想いを寄せたり、反対に想いを寄せられたり、という感じでしょうか。


何が言いたいかというと、絶対的な安心感は「放って置いても大丈夫」「構わなくても大丈夫」「誰も寄って来ないだろう」となって、ある意味、良くないことでもあるということです。


少し心配させるくらいのほうが、返って良かったりするものですよ。
男には「どんな男性より貴方が一番よ」ということばかりではなく、「隣の旦那さん、良い男よね」とか「あの人は不倫に向いてそうだよね」などの反応しそうな言葉も必要なのですよ。


付き合い当初などは、自分を気に入られるように、自分から離れないようにと、考えるから一生懸命になるのです。
それが恋愛の良い所でもありますし。
そんな感覚が自然と薄くなってしまうのは仕方ありませんが、完全に無くなると関心も無くなってゆきます。


例えが続いてしまいますが、男の場合は、塀の外に出られない長さの首輪で繋がられていても、塀の下を掘ってくぐれば何とかなると思って、一生懸命に掘ってみたりします。
あの手、この手を考えて、何とかならないかと実際にやってみるのが男だということですね。


であれば柚子さんは、塀の下を掘ることも、くぐって塀の外に出るのも黙ってやらせてあげれば良いのですよ。
肝心なとことで届かない首輪の長さであれば良いのですから。
直前で首輪を「クン」と引いてやるみたいな感じで。


そして柚子さんも、どんどん色々な所に行ったり、色々なことをしたほうが良いですよ。
思わずご主人も、柚子さんが離れてしまわないかと心配になるくらいに。


いつもいつもご主人を待っているばかりではなく、
「私も遊びに行くね」
「私もメールしたい男の子が居るんだけど」
くらいの言葉や勢いがあっても良いと思いますよ。
私を放し飼いにしちゃ駄目よ、ということです。


そしてご主人を、愛しているからって放し飼いはいけません。
かと言って、短すぎる首輪もいけません。


Aさんが終われば次はBさん。
Bさんが終われば次はCさん。
柚子さんもご主人も、今のままでは、この先、同じことの繰り返しになってしまいますよ。


お互い愛し合って生きてゆくということは、相手を愛するブレない想いだけではなく、当然ながら愛されることも必要です。
何でも受け入れたり、いつも心配していたり、だけではいけないと思いますよ。


このサイトのカテゴリ→
「男の本音・男心」


posted by 星野 純(はじめ) at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

関係修復は子供を叱る母親のように

皆さんは彼氏(旦那)と喧嘩したときに、つい「別れる!」と言ってしまうほうですか?


ほとんどの場合、喧嘩したときの「別れる」の言葉は、その気持ちの大小より、その人の性格から出てしまう言葉じゃないでしょうか。
でもそれを聞いた相手の反応はまちまちです。


「こんなことで別れるだなんて」
「いつも別れる別れるで疲れた」
「またいつもの別れるが始まった」
性格も違えば受け取り方も違います。


いずれにしても、軽はずみに「別れる」という言葉は吐かないほうが無難かもしれませんね。
とは言え、私も喧嘩となると盛り上がってしまうほうですが。。。


では今回のご相談です。


[みなちゃんさんのご相談]

【お名前】 みなちゃん
【年齢】 40〜44
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

いつも読ませて頂いてます。
私は、主人の不倫三年目ながらまだやり直したくて頑張ってます。


三年前、私が家計を助けるために、深夜のコンビニアルバイトを始めたころ、家庭を主人に手伝ってもらいました。
男の子三人の世話に夕食を食べさせるのを頼んでいましたが、淋しがり屋の亭主関白なために、疲れてしまったようです。


そんな時に、行きつけの飲み屋さんで主婦の傍らアルバイトしていた女性と意気投合し、お互いの日常の出来事や結婚生活の不満が見事にかみ合ったようです。
それから、朝晩携帯電話で長話に、それから関係が進みました。


私はすぐに異変に気づき、主人に言ったら、知らん顔でした。
それから責めてしまう日々を繰り返しです。
最初は倦怠期だとか、家に居場所が無いと言い、私を無視していました。


二年目頃には主人がリストラにあい、パチンコ三昧に…。
そのお金は相手からの援助ですごしてました。


家にいるときは、別人で借りてきた猫のように静かでした。
約一年そうでした。


そして、どうにか働き出してトレーラ運転手に。
年齢43歳、実は、以前もしていた仕事です。
でも夜中の仕事と子供達と過ごす時間が無いからと普通に会社員にと辞めてました。
それでも、仕事を探してもなかなか無いことから、仕方がなくまたトレーラ運転手になりました。


私に、たいしてはやりたくない仕事のため八つ当たりがすごいです。
相手には〜疲れたよ〜帰れ無いよーなど返事していますが、私には全然帰宅時間教えてくれません。


しかし、起きるのが苦手なため私が起こしてます。
が会話なく目覚ましセットで私が確認して起こしてあげています。
主人は私が世話役をしなかったり無視すると不機嫌になります。
私は、日頃無視されまくりなんですが…。


主人の相手も既婚者です。
何度も遭遇しました一度話しました。
相手は、主人を「とっても大切な人で大事です。子供達がいなかったらとっくにお互い家を飛び出しています。」とはっきり言われました。


しかし、主人は黙っているだけで認めませんでした。
未だに隠してます。


私が別れるとはなすと逆ギレされてしまいます。
警察をよぶような喧嘩もしました。
すると意地悪されます。
例えば、車の鍵を取り上げて身動き取れなくされたりします。


そんな喧嘩を繰り返しつつ普通に仲良しであったりするんです。
実は、毎日、どんなに遅くなっても、家でご飯食べる。
寝るのも一緒です。
夫婦生活も週一回〜二回はあります。
週末は、家族サービス、買い物も一緒に行きます。
でも会話が少ないです。


不倫相手とはたまに遭遇します。
相手は一人が多いです。
そして後をつけられます。


主人の気持ちがわかりません。
喧嘩になると離婚だと言い、その矢先、あれやこれやとやってと言い放つ?
毎日欠かさず連絡を取り合い、幸せだと思うのですが、私は、都合良い感じに…。


それでもやり直したくて、まだ間に合うでしょうか?
アドバイスよろしくお願いしますm(__)m




[星野 純(はじめ)のアドバイス]

みなちゃんさん、まずは端的に結果からお答えしますね。
ご主人との関係修復は、まだ可能です。
十分に可能性が残っていると思ってください。


さてそのご主人は、亭主関白との事ですが、同時に大きな子供みたいな感じじゃないですか?
俗に言うところの「マザコン」です。


この「マザコン(マザーコンプレックス)」は、実は心理学用語でもなく意外に定義も曖昧で、いろんなタイプが含まれます。


その中でご主人は、母親に固執したり子供のように甘えたり、というのとは違います。
単純に女性の好みとして、母親のような女性がタイプなだけではないでしょうか。


ここで言う「母親のような」というのは、母親に似ている女性が良いとか、母親離れしていないとかでもなく、世話を焼いてくれたり、とにかく構ってくれる女性ということです。


そのくせ甘えてくるわけではなく、しかも自分に甘いので、「亭主関白」みたいな感じになるのではないでしょうか。


そんなご主人は、なんだかんだ言ってもみなちゃんさんとは相性が良く、別れたくないのです。
だからこそ会話は少なくともそれ以外は普通なのですよ。


遅くなっても家で食事し、寝るのも一緒。
家族サービスや買い物も一緒に出掛ける。
しかも夫婦生活が週に一回〜二回というのは、年齢での平均より多いほうですよ。
当然、個人差がありますので統計上という意味ですが。


とにかく、ご主人の離婚の意思は薄いでしょう。
そうでなければ、お子さんは別にしても、みなちゃんさんに対してはもっと蔑(ないがし)ろになって当然ですからね。


たぶんご主人はみなちゃんさんにもっと構って欲しいのですよ。
そして本当は甘えたいのですよ。
でもそれを自分から言ったりしたりするかというと、そうもいきません。


男というのは、結婚して家庭を持つことで男としての責任も負います。
そして子供が出来、家族が増えることでますますの責任を負います。
その責任からそれを維持するために、仕事に打ち込み会社での責任も負う事になります。


そんな中で男は、少なからず自分を変えなければいけません。
いろんな責任や柵(しがらみ)から虚勢も張らなければならず、それが少しずつ積み重なって現状の自分になってきたのです。


そうなると男としては、自分から甘えることなんかほとんど出来ません。
少しずつ積み重なった現状の自分と最初から一緒に居る女性だからです。


付き合っていた頃や新婚当初にはイチャついたり、「愛してる」の言葉があったのが段々と無くなる理由の一つかも知れません。
でもだからこそ逆に、新しく知り合った女性には素直な一面を出せるのです。


そこで男はこう思うのです。
俺がここまでさらけ出せて安らげるのはこの女しか居ない。


そして女もこう思うのです。
この人が全てをさらけ出せるのは私にだけ。


それが合致するとその関係はなかなか断ち切れなくなってしまいます。


でもそこから先、離婚するかどうかは心の中で残っている、夫婦・家族・家庭に対しての想いです。
まさしくそこに、ご主人とみなちゃんさんとの関係修復の可能性を感じるのです。


そこでみなちゃんさんが、今後どうするべきかです。
本当にご主人とやり直したいと考えるのであれば、まずは男はどういうものかというのを分かってください。


男の私の言葉だと思えば、男の浮気を正当化しようと聞こえるかもしれませんね。
でも、男としての本音は男だからこそ分かりますので、大きく違いはしないと思ってください。


そして少しでも理解できるとしたら、ご主人に対する接し方も変わってくるのではないでしょうか。
というより、変えてください。


「浮気しているくせに」の気持ちは少しだけ抑えましょう。
なにも「浮気を許す」という訳じゃありませんよ。
「やり直す」ことが今は最優先なのですから、そのためにということです。


いきなりじゃなくても良いですから、少しずつ会話を増やし、ご主人の喜びそうなことを考えてみてください。
どうですか?
出来そうにないですか?


でも、何もしないで待っていても関係は良くなりませんよ。
逆にご主人が待っていると思ってみてください。


ここは、「いたずら好きな子供を優しく叱る母親のように」ですよ。


このサイトのカテゴリ→
「男の本音・男心」

posted by 星野 純(はじめ) at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

夫婦は愛が有っても無くても夫婦

いつも恋愛相談室をご利用いただきありがとうございます。
多くのご相談をいただき、お待たせしていてすいません。


そんな中で、有料相談も受け付けていますが、ご指定のメールアドレスにメールしても戻ってしまうケースがよくあります。


有料相談ご希望の方で、こちらからのメールが届かない方は、ご相談者様のメール受信設定の問題か、アドレスの入力ミスです。
再確認の上、遠慮なく催促ください。


では、今回のご相談です。

[こあきさんのご相談]

【お名前】 こあき
【年齢】 40〜44
【独身/既婚】 既婚(離婚歴あり)
【恋愛経験】 不倫経験 1人


以前相談したことがあり、その時この恋が終わる時は好きより嫌いの方が大きくなった時と言われそうだなぁって思ってたんですが、今はまだその時じゃないみたいです。


彼は私の我がままを最大限聞いてくれてると思いますが、もっと私を好きになってと自分中心で考えてしまいます。


ほぼ毎日ご飯を食べお風呂に入りエッチをして帰ります。
妻によく気がつかれないのが不思議です。


この状況で彼の夫婦関係って正直にどうと思いますか?
妻は7歳年上です。
夫婦って一体どうなるのですか?
愛ってあるんですかね?
教えて下さい。




[星野 純(はじめ)のアドバイス]

こあきさん、前にもご相談いただいたのですね。
別のお名前でのご相談だったのでしょうか?


とにかく、今回の内容では彼の家庭の様子がわからず、なんとも言えないですが、彼の行動に文句を言わない奥さんであることだけは確かなようですね。


毎日帰りが遅くなっても、仕事を理由にしておくことも違和感は無く、食事も済ませていたとしてもさほど不自然ではないかもしれません。
ただ、女性は不自然さを感じ取る一種のアンテナみたいなものが非常に敏感なのはご存知の通りだと思います。


そんな中での、毎日会って食事と風呂とエッチ。
こあきさんも不思議に思うように、これで奥さんが何も感じ取れていないはずがありません。
ではなぜ、奥さんは旦那を放っておくのでしょう。


一般的には、俗に言うところの「仮面夫婦」でしょうか。
仮面夫婦は、金銭的なことや何かしらのメリットから、または離婚できない事情があって夫婦という関係性を体裁上保っている夫婦です。


しかしながら、老婆心から言わせてもらえば、「仮面夫婦」でも必ずしも全てが冷め切っているとは限りません。


夫婦に限らず男と女の関係は、頭では別れたほうが良いのは分かっていても、別れられない男女が多いのは言うまでもありません。
「そんな状態なら別れれば良いのに」と、他人が言うほど単純ではないはずです。


夫婦だって同じです。
同じどころか、もっともっと色んなことが交差しているはずです。


「そんな状態なら離婚すれば良いのに」と他人が言うのは、それこそ仮面を纏(まと)った二人の姿を見てのことです。
仮面の下に隠された本心はというと、意外と愛情が隠されていたりもするものです。


旦那の浮気に気付いても、そこは触れない。
責めてしまうと離婚話しになってしまうから。
旦那を愛しているが故に、そこは触れずに気持ちが戻るのを待つ。
「浮気はいずれ終わるだろうから。」と。


こんなケースも実際には多く、逆に底知れぬ愛情を感じてしまいます。
夫婦で好き勝手やっているように見え、そして表面上は仮面夫婦に見えても、お互いの気持ちが無くなってしまっているとは言い切れないのです。


あと、「愛情」は「愛」が無くなっても「情」は残る、とよく言いますよね。
この「情」というのは厄介です。
なんせ「愛」が無いところにでも存在し得るのですから。
そして、「愛」みたいに簡単に冷めたりしないものですし。
だから夫婦は「愛」が有っても無くても、簡単にはその関係が無くならないのです。


法律の専門家ではないのでうろ覚えですが、そもそも夫婦とは民法上、特別な事情や正当な理由が無い限り、同居することと協力して扶助することを義務付けられた関係だったと思います。


それを逆に言えば、夫婦は気持ちがどうこうというのは一切関係ない関係だということです。(当然法律としてではありますが。)


これらも含めてが夫婦です。
結局は、傍(はた)から見たり、表面上の言葉だけでは計り知れないのが夫婦だと思います。


でも、一応、夫婦ということでお答えしていますが、こあきさんは夫婦を理解することで何かしらの気持ちの整理がつくのでしょうか。
本来のお悩みは別ではないですか?
大丈夫ですか?


もし何に悩んでいるのか自分でも分からない、という状態なら、悩みが何かを理解しているほうがまだましですよ。


彼や彼の家庭のことも大事ですが、こあきさん自身、自分の気持ちを一度冷静に見つめなおしてはどうでしょうか。


このサイトのカテゴリ→
「男の本音・男心」







posted by 星野 純(はじめ) at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ