2017年05月14日

何も無かったように帰ってくる

先週、韓国で新大統領が決まりました。
反日派とも取れる言動や行動も今までにあり、日韓関係が今まで以上に気になるところです。

そんな韓国ですが、本日5/14はイエローデーという記念日なんだそうです。
男性が黄色い服を着てカレーライスを食べると恋人が出来るという記念日。

なんとも微妙な記念日ですが、それもそのはず。
2/14のバレンタインデーの習慣から、食品会社などが毎月14日をなんらかの記念日にしようとした結果の記念日なんだそうです。

毎月恋人にちなんだ記念日のようですが、毎月となると、どれだけの人が記念日として捉えているのでしょうね。
では今回のご相談です。

【お名前】 みなちゃん
【年齢】 50〜
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

お久しぶりです。
ここに相談してから7年が過ぎようとしています。
4歳下の主人は、あれからも現在までダブル不倫継続しています。
主人は絶対に認めません。


連絡を取っていない時もありましたが、ふと私が目を離すとまた、連絡を。
だんだん隠すのも当たり前に嘘をつきますね。


彼女とは朝晩連絡を取って、時間が合うと会う。車内デートです。
主人の飲み会外泊の時にホテルに行くようです。
朝晩連絡は1時間から1時間半ぐらいかなと…
帰りは帰宅するとLINEあります。


7年の間、仕事がなかったり、パチンコ三昧で荒れてた時も、軍資金は彼女が。
仕事が始まりしばらくはその仕事に集中できるのですが、自分の思うようにならなくなると、スイッチが切れて、また、連絡が。
その繰り返しでここまで来てしまいました。


11年目に入る今、もう終わらないのではと感じます。
50歳になって、子育てもみな独り立ちになるので、私と2人生活に未来が見えない。


普段の主人は、やはり、私と会話をしようとしません。
が、私の行動、話しには意識しています。機嫌良いと話しもあり、気遣いもあります。
最近では、夜の生活は減りましたが週に一度はある時はあります。


この不倫を伺うことや聞きすると、イライラしだし、最後はいつも、逆切れして、ひどい時は出て行きます。
そんな時は、私を困らせるかのように、車の鍵や携帯を持って行かれ身動きが取れなくなります。
数日して、何もなかったように帰ってきます。無視はしばらくあります。


彼女も変わらず、アピールしてきます。
私の通勤に姿を見せたり、時にうまく行かない時に着信してきたり。
最近ではLINEに私のも登録していたのがびっくりします。


ステータスメッセージにハートマークたくさん、そのマークが真っ赤やピンクに変化すること最近知りました。
最初の頃のような感情も薄いと、彼女は二年前に直接私に話してたんですが、家庭は壊さないと言っておきながら、しばらくするとまた、アピールが激しくなってきます。


私も感情に浮き沈みが、したく無い喧嘩をしてしまう悪循環に。
主人は離婚は考えてない。
地域でのスポーツ交流のリーダーだからでしょか?
世間体かなと…


変わらず、夕飯は家です。
朝もおにぎり、コーヒーを持って行きます。
飲み会の送迎も私です。
会話は、少ないですが、話しかけには応えてくれる。


外泊は年に数回。
未だに小遣いをもらい、朝晩彼女からの連絡を待っています。
応え続けてる主人は、気持ちはもう、私には無いのでは。
だけど…私も諦め切れず。


まとまらない文章にすみません。
こんな私ですがアドバイスお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

最初のご相談から7年経ち、改めてその当時のご相談とアドバイスを読み直してみました。
残念ながら、以前と状況は変わっていないご様子ですね。


金銭的に余裕がある家庭で離婚は望まず、しかしながら思った以上にご主人を好きで、可愛いLINEや電話をマメにする彼女。
自分は好き勝手しながらもそれを責めることは許さず、自分の身の回りの世話をやって当たり前と思っているご主人。
不満ながらも離婚はしたくないみなちゃんさん。
本当に驚くほど何も変わっていませんね。


それでもご主人との関係を取り戻そうと思い続けているみなちゃんさんに、ある意味、感心すらしてしまいます。
そんな中で、「ご主人に離婚の意思はない」という点においては、ご相談当初からお伝えしていた通りで今回も改めてそう思いました。


ただ、離婚の意思がないことに安堵してはいけませんよ。
なぜなら、そもそもはそこが問題の根底だからです。
これは前回もお伝えしましたが、7年経った今回で更に確信しました。


関係修復に一縷の望みをかけるみなちゃんさん。
それを分かっているから、離婚までには発展しないと安心しているご主人。
ご主人は、浮気を続けても離婚には至らないのならこのままが楽で一番いいと思うからこその、離婚の意思がない、なのです。


これではいつまでも変わりません。
浮気している10年間、実際に何も変わっていないのが何よりの証拠です。
みなちゃんさんのお悩みの根本は、安心しきっているご主人でありながらも、安心させてしまっているみなちゃんさん側にも大きくあると言わざるを得ません。


都合が悪くなれば出て行って、何も無かったように帰ってくる。
「何も無かったように帰ってくる」というのは、そこでみなちゃんさんが怒らないから、受け入れるから、です。
何も無かったように受け入れるみなちゃんさんだから、何も無かったように帰ってくるのですよ。
これが、"みなちゃんさん側"という意味です。


だからと言って、ご主人を擁護するわけではありませんよ。
みなちゃんさんの関係修復を思う気持ちを尊重してのことです。


どうしたら関係を修復できるのか。。。
本当に関係を修復したいのなら、本当に現状から脱したいのなら、ここでのアドバイスは、前回のアドバイスと同様、別居という手段です。


冷たいようですが、今みなちゃんさんが、浮気を続けてても最低でも帰ってくるからまだマシ、と思うなら現状に我慢して彼女と別れるのを待ちましょう。


ただし、別れる可能性が低いのは10年という年月が物語っています。
また、仮に別れたとしても、みなちゃんさんが思うほど、今とは変わりません。


お子さんが独り立ちして二人っきりの生活は、今の彼女とは別れたというだけで、みなちゃんさんとの関係、距離感は大きくは変わらないと思うのです。
また浮気相手が出来れば今を繰り返すでしょうし、浮気したい気持ち自体は無くならないでしょう。
なんせみなちゃんさんはそれを許してきたのですから。


ここで大事なのは、今の彼女と別れる別れないではなく、ご主人が浮気を辞め、尚且つ、これからも浮気をしない、ということです。
これがみなちゃんさんが本来望むべき関係修復の基本なのではないでしょうか。


そのためにも、不機嫌になろうが怒ろうが、別居という手段、強い意志、を、ぶつけることをお勧めします。
「浮気するような人の世話はしません。一緒に住むのも嫌です。」という強い意志。
浮気を認めないなら、「信用できない人とは一緒に住みたくありません。」


それでご主人がその場を逃げて出ていくなら、その間にみなちゃんさんも出ていくくらいの気持ちであって欲しいものです。
そこまでの気持ちが無ければ、ご主人は危機感を持ちません。
安心、慢心、の下、身勝手に振る舞っても大丈夫と思っている間はご主人は変わりません。
結果、現状は何も変わりません。


今は、みなちゃんさんがどれだけ現状を変えたいと思っているのか、という気持ちの大きさの問題です。
ご主人の性格や今までを思うと、かなりの覚悟と勇気が必要ですが、是非とも今までとは違うみなちゃんさんをご主人に見せ、関係修復の一歩として欲しいと強く思います。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

「生活破綻」

今週末の土曜日はホワイトデーですね。
ちなみに先月のバレンタインも土曜日で、「義理チョコが少なくて済む人も居るでしょう」みたいな話しをしたと覚えていますが、同じ土曜日とはまったくの偶然ですね。

このホワイトデーは日本の文化で、発祥・元祖は諸説あるようですが、商業的なことでの始まりであることは言うまでもありません。
ただ、"全国飴菓子工業協同組合"が3月14日をホワイトデーとしたのは、「兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとしたある男女が改めて永遠の愛を誓い合った日」だからだそうです。

遥か大昔、1世紀の話しで、ホワイトデーは後付けと言えば後付けですが、ロマンチックな日であることには違いないようです。
今も昔も"男女の愛"は変わらないものですね。

では今回のご相談です。

【お名前】 桔梗
【年齢】 45〜49
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 3人

こんにちは、よろしくお願いします。
結婚から25年、もう10年以上も前から結婚生活は破綻しています。
特にここ数年は会話もほとんどなく、また、去年からは公共料金以外の生活費をもらえなくなり、自分のわずかなパート代で生活をしています。


元々夫は、自分の稼いだお金で家族を養ってる感が強くあり、今では夫ひとりだけ好き放題してます。
ブランド物の洋服、下着、ゴルフクラブ、週一回はゴルフに行き、快適に生活をおくってます。


私は、そんな夫を見ながら、銀行の通帳を見ながら、ため息をついてる毎日です…。
こんな日々から開放されたくて、すぐにでも離婚をしたいのですが、夫は応じてくれません。


離婚が無理なら、せめて別居でも良いのです。
とにかく、目の前から消えてほしいです。
でなければ、私自身壊れそうです。
私のわがままでしょうか?
アドバイスお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

夫婦愛や夫婦関係の破綻どころか、生活自体もままならないご様子。
しかもご主人はお金が無いわけではないのに。


「公共料金以外の生活費はもらえない」
ここでの「公共料金」とは、純粋に光熱費とかだけということなのでしょうか。
何れにしても、ほんの数万ということなのでしょうね。


それでも離婚をしないと言うご主人にとっての桔梗さんは、俗に言う"家政婦さん扱い"。
ご主人が離婚に応じないからといって、このままで良いはずがありません。
桔梗さんのわがままでも何でもありませんよ。
ここまでの状況であれば、法的にも立派に離婚が成立します。


もし別居だとすれば、気持ち的には今よりよっぽどマシだと考えるでしょうが、生活が大変なのは変わりません。
公的機関に頼ってでも方向性は離婚一本で考えたほうが良いのではないでしょうか。


またその際の、「毎月いくら」みたいな金銭的な話しは、自分本位なご主人を思えば、履行される保証がありません。
あくまでも、まとまった慰謝料請求を前提としながらお考えになった方が良いと思いますよ。


個人的に思うには、人は幸せを求め、その幸せを感じるために生きるのだと思っています。
桔梗さんも本気でご自身の幸せを求めるべきですよ。


そのためにも、"離婚"という新たな道を選ぶことをお勧めします。
我慢と苦労をした分、それが報われるだけの幸せが待っていると信じましょう。
これからも色々と大変でしょうが、桔梗さんの今後の幸せを心から願っています。



〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

子供のために離婚しない

今回のご相談者様は、2回目のご相談です。(1回目のご相談はこちら
ご相談内容は全く違うものでしたが、こうしてアドバイスをさせていただくまでに時間を要している間、ご自身なりの答えを見つけられたようです。
この先の方向性、考え、気持ちが固まっているのなら、既にアドバイスは不要なものとはなりますが、お伝えしたいこともありサイトUPしました。

では、さっそく今回のご相談です。

【お名前】 まもり
【年齢】 40〜44
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 2人

再度相談させていただき恐縮です。
前回はお応え下さりありがとうございました。
こちらで文章にすることで気持ちを整理でき、また星野様に真剣に話を聴いてもらえるということで安堵感を得ることができ、相談して良かったと思いました。


戴いたアドバイスは、しっかりと心に刻んでおります。
今ある家庭を大事にすること、それが最良だと思います。
けれどそれは、残念ながら私にとっての幸せではないという事が今回の相談につながります。


実は、ある男性と恋に落ちたのです。
ひょんな事から出会い、初対面でお互いがひかれあっていました。
彼も既婚者ですが、お付き合いを申し込まれ、受け入れました。
こんな風にお互いの気持ちが一致してちゃんと付き合ったのは、実は人生初です。
いつも、どちらかの気持ちに片寄りがある曖昧な付き合いしかした事がなかったのです。


お付き合いが始まってしばらくすると自然に、彼との暮らしを夢みるようになりました。
彼のお世話がしたい。
ただ一緒に居るだけで幸せ。


そんな風に誰かを想うのも初めての事です。
その次に頭に浮かぶのはやはり離婚です。
こんなにも真剣に、離婚するにはどうしたらいいか考えるなんてありませんでした。


彼の方は家庭内別居の状態で、とても奥様を嫌っているようでした。
離婚は、奥様が応じないとの事。
一方うちは、誰が見ても彼から見ても円満家庭です。
その事が、二人の別れにつながりました。


私が夫とセックスしている事が、彼にとっては理解できない。
そんな女は信用できないと言い出したのです。
でも、私の事は好きだから別れたい訳じゃない。
私は彼が一番大事なので、じゃあ旦那とはもうしない。離婚も考えると言ったら、できない事は言わなくていい。離婚もしなくていい。と言うし、じゃあどうしたら信用してくれるのと訊いても何もしなくていいと言うのです。


私は信用を失ったまま付き合いを続けたくなかったので、それなら別れるかと訊かれ、そうすると答えました。
すると彼は、だから女は信用できない。
口では良い事を言ってもみんな俺から離れていくんだから。と言いました。


私は不倫に慣れていませんので、彼への配慮が足りなかったのだと反省しました。
さよならを告げてから数日後、私は変わらず好きだと彼にメールを送ってみたところ、数日たって、彼から返信がありました。
離婚するから金が要る。バイトを始めたら時間がないし、付き合うにも金がかかるから会えない。との事でした。


一方私は、夫と別れ話をしていました。
夫の方から、お前は俺のことを嫌いになったんじゃないのか。もう愛してないなら別れよう。と切り出したのです。
思わず顔がほころび、ほんとに?!と喜んでしまいました。
これが私の本心なんだと気づき、離婚できたら彼と復縁したいと思っていたので彼に連絡してみたのです。


でもやはり彼は、離婚しなくていいと言います。
過去に何度か不倫を経験しているらしい彼にはトラウマがあるようです。
相手の家庭が自分のせいで壊れるのを見たくないとのことでした。


確かに、私が離婚したいと思ったきっかけは彼ですが、彼が原因なわけではありません。
とっくに主人のことは愛していないからです。
今までは子供と、私がいないと生きていけないと言う主人を捨ててまで別れる勇気がなかっただけです。


夫は日々葛藤していますが、やっぱり私と一緒にいたいと言うようになりました。
そして私も葛藤しています。
夫は、私でなくちゃ嫌だ、他の人じゃダメだと言います。
そして自分と同じように私にも想ってもらわないと嫌だと言うのです。


でも私が夫と一緒にいるのは単に家族だから。
夫と同じ気持ちには一生ならないと思います。
そこがつらいのです。


常に愛情を確かめるような事を訊いてくるので答えに苦しみます。
今は拒否していますが、もちろんセックスもせがまれます。
このまま自分の気持ちを偽って結婚生活を続けるのか。
それとも心を鬼にして離婚を決断するのか。


離婚した場合、主人が子供を連れて実家に帰る事になると思います。
独りになる事は私にとって自由を得る事。
後悔はありません。
本音は離婚して彼と一緒になりたい。
でも例え彼と一緒になれなかったとしても、それは縁がなかったと思ってあきらめます。


ただ、心配なのです。私がいなくなったら自殺すると言う夫が。
また、お姑さんに大変な苦労をかけてしまうという事が。
どうしたら良いのかわからず日々悶々としております。
長々とすみません。
今後状況が変わるかも知れませんが、どうぞまたお知恵をお貸し下さい。

----------------

星野様
最初の相談よりお世話になっております。
アドバイス頂いた後も状況が変わった事で再度相談させて頂いておりましたが、また心情の変化もありましたのでお知らせ致します。


二回目の相談は、離婚すべきかどうか悩んでいた最中だったと思いますが、その後、私自身の気持ちとして離婚はしないと定まりました。
夫の方も、一緒にいてくれるだけでいいと言うようになりましたので。


やはり、星野様の最初のアドバイスが心に残り、離婚して本当に後悔しないのだろうかと自分に問いかけておりました。
そこで、結婚生活が嫌になったからと言って親としての責任を放棄することはやっぱりできないと感じたので、踏みとどまる事が出来たのです。


その決断は間違っていないと、今は思えます。
夫婦関係は、壊れれば解消すればいいと思いますが、親子関係は解消できないからです。
うちは形としては円満家庭ですから、離婚は子供達にとって突然すぎて、受け入れ難いものだと想像できます。
それで、子供に罪はないのだからと少なくとも成長するまでは夫婦二人で見守って行こうと決意できたのです。


星野様には、二度に渡り相談させて頂き本当に感謝しております。
お陰様で、早まった行動に出る事なく、落ち着いた心情で今を過ごしております。
また、二度目の内容に対して既にアドバイスをお考え頂いていた場合には大変申し訳ありません。
今後も色々と悩み事は尽きないでしょうが、独断で行動するのではなく、他の人の意見に耳を傾ける事を心掛けていきたいと思います。
ありがとうございました。


[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

まもりさんが言うように、お悩みはこうして自分で文章にするだけで、気持ちを整理するには役立つと言えます。
人に伝えるためには客観的になる必要もあって、そのことで、見えなかったものが見えるようになるというものですからね。
しかもそれは、相手の事や周りだけではなく、自分自身の事までも。


そんな中で、ご自身で納得できる答えを見つけることが出来て本当に良かったと思います。
最後はお悩みどころか、今後ブレない強さすら感じられます。
「子供が成長するまでは離婚はしない」
"子は鎹(かすがい)"とはよく言ったものですね。


ただ、まもりさんに一つだけ。
これから先、「子供のために離婚しない」とばかり思い過ぎないことをお勧めしたいと思います。
なぜなら、いつもそう思っていると、まもりさんはこの先の人生、幸せではなくつまらなく感じてしまうからです。


確かに、男と女としての愛情で言えば、夫婦間のそれより新たな恋愛のほうが、新鮮でしょうし、刺激的で幸せだと感じることでしょう。
でも、子を持つ夫婦は、同時にそれぞれが親でもあります。
そこでは、我が子が元気に育つのを夫婦で見守るという共有できる幸せもあり、子供に対する愛情さえも夫婦間の愛情の一部みたいなものです。
単に男と女としての愛情・幸せだけではないということなのですよ。
それが結婚して家庭を持ち家族となったこと、家族で居続けることの意義でもあるのでしょうね。


結婚生活の中では、男と女としての恋愛で感じ得る幸せは薄れてしまいがちですが、その代り、結婚生活で得る幸せもある。
ご主人への愛情が薄れたのに離婚しない、子供のために離婚しない、それを自分の幸せを犠牲にしているかのごとく思わないことですね。


そこをしっかりと知ることで、まもりさんのこの先の毎日もより充実したものとなるでしょう。
ご自身で決めた道、同じ進むならその中での幸せをしっかりと感じながら進んで欲しいと思います。



〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

条件付きでのエッチ

「星のように急がず、しかし休まず」
これはドイツの詩人、ゲーテの言葉です。
(厳密にはゲーテ崇拝者がゲーテに送った言葉とのことですが)
心にゆとり、そして純朴までに堅実に、ということろなのでしょうか。
恋愛に、仕事に、人生に、すべてに繋がる素敵な言葉だと思いませんか?

では今回のご相談です。

【お名前】 さやか
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

こんにちは!
宜しくお願いします



少し前は「盆正月と法事に義実家に来ないとエッチしない。仲良くもないのに。」と、条件つきでないとエッチしないとか、何かにつけて離婚離婚と言っていた旦那。
今日「明日休みだからエッチしようね」と誘ってきました。


「仲良くもないし、盆正月と法事に行かなきゃしないような関係なら無理にしなくて良いよ」と言うと
「無理してないよ。俺らは仲良いじゃないか!」
「盆正月と法事に来るかは関係ないよ!お前が勝手に仲悪いと思ってるんだろ」
と暫く言ってました。


私が「仲悪いって言ってたじゃん!そういうこと言うから感じないんだよ。」
「義実家には姑が私に同居話とか嫌みとか言わなかったら、別に行っても構わないよ。」
「子供たちも月1程度なら、父さん(旦那)にニコニコしてほしいし夫婦喧嘩してほしくないから、姑に会うと言ってたしね」と言ったら
「俺にニコニコしてほしいからって…わかった。もういいよ」


旦那は何を考えていると思いますか?



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]
正直なところ、ご相談内容のやり取りだけでは多くを知るには至りません。
そんな中で、感じたままにお答えしたいと思います。


ご主人は何を考えているのか?
ご主人は単純に、さやかさんともっと仲良くしたいだけなのではないでしょうか。
それがご夫婦のやり取りでうまくゆかないのは、"お互いの性格"がネックなのかも知れませんよ。


そもそもご主人は、もっとさやかさんに自分の言う事を聞いて欲しいのでしょう。
絶対服従とまでの意味ではなく、男目線で言うなら「少しくらいは言う事聞こうとしても良いのに」みたいな感じでしょうか。


さやかさんは、ことあるごとに何かしら言い返してないですか?
さやかさんの言い分が正しいとか正しくないとかではなく、悪い言い方で申し訳ないのですが、ご主人の言葉に必ずどこか突っ込む、何か言わないと気が済まない、みたいな。


ご主人は、それを無理やり言う事を聞かせようとするから、エッチしないとか離婚だとか極端な話しになってしまいがちなのでしょう。
勢いや流れで言ってしまうのもあるのでしょうね。


もしそうなら、ご主人も言い過ぎてしまったことは自分で分かっています。
ただ、修復しようとしてもさやかさんに、「○○って言ったじゃない」「○○っておかしくない?」みたいに言われるから、今度はなかなか距離を縮められなくなってしまう。


何か、さやかさんばかりを責めているように聞こえたらすいません。
それでもこう言うのは、さやかさんもご主人と仲良くやってゆきたい気持ちがあると思うからこそです。
さやかさんもご主人と仲良くしたいですよね?
もっと実家での事も話し合ってなんとかしたいですよね?


そのためには、さやかさんも少しだけ歩み寄る気持ちと、言葉や接し方を意識したほうが良いと思いますよ。
そうしてご主人も悪いところは直してもらう。


どっちが良い悪い、どっちが先に言った。そこに拘るのではなく。
どっちが折れた、どっちが歩み寄った。そこに拘るのでもなく。


夫婦仲良く。
家族仲良く。
親ともそれぞれ仲良く。
さやかさんもご主人も、その思いは同じはずです。
そこを改めて認識すると良い方向に向かうのではないでしょうか。


このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」



posted by 星野 純(はじめ) at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

言いたいことを言えない夫婦

「一日三食、食事は規則正しくとる」
食生活が乱れがちの現代人において、昔から言われていることですよね。
でも、そもそも昔から一日三食だったのでしょうか?

ご存知の方も多いかも知れませんが、その答えは「NO」です。
しかも、一日三食が浸透しだしたのは江戸時代以降で、ほんの200年程度のことなのです。

浸透していった要因としては、ロウソクや照明のおかげで夜が長くなり、労働時間も長くなったから昼食をとるようになった、というのが大きいようです。
当然それ以外にも学校教育の浸透だったり、いろいろなことが重なっての結果が「一日三食」ですが、こうやって人の生活や文化、社会なども変わってゆくのですね。

そんな中、今も昔も変わらないものは
「男が居て、女が居て、好きな人との食事は何を食べても美味しい」というところでしょうか。

では今回のご相談です。


【お名前】 black-angel
【年齢】 35〜39
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人

はじまして。
皆様の相談に真剣にそしておだやかにお答えしてくださっているので、私もご相談したくなりました。
誰にも言えずにいる心のなかを聞いていただきたくて。


いま離婚を前提に別居をしています。
その原因、理由は、これまでの結婚生活に疑問をもったからです。
よくある妻の妊娠中の夫の浮気。そこからはじまり、また浮気。
女性に借金もしていて、子どもが小さかったことと病気だったこともあり、夫に誓約書を書いてもらうことで、ゆるしたつもりになって。
慰謝料どころかこちらがお金を払っての浮気の清算。


そんなことがあったのに、些細な夫婦喧嘩のたび、離婚だ!そんな女とは暮らせない。
といわれ、悪くないときでも謝るまで許してくれない夫。
家事育児にストレスが、たまるなんてあり得ない!と言われて疲れたといえない毎日。
私が出掛けるのを、嫌がる夫。
実家の手伝いに行くだけでも罪悪感を覚え、携帯にかかってくる最初のことばは、「おまえどこにいるんだ?」
疲れていてセックスを拒否すれば「男がいるんだろう!」


支配されてる気がして抜け出したかった。私の結婚生活はおかしい。
もうちょっと自由にしたい。そう思っていました。
でも、我慢して自分を抑えてれば幸せは維持できる。
目をつぶろう…そう思っていました。彼に出会うまでは。


夫がバイクに乗りだし「家族で出掛けたいからおまえも免許をとれ!」といわれ通い出した教習所で、最後の検定の日に彼がいました。
無事合格し、その日一緒だったみんなでツーリング行こう!とアドレスを交換しあいました。
夫には男性に連絡先を教えると怒られると分かっていたけど楽しみたかったんです。
ワイワイみんなで出掛ける。そんな日もあっていいじゃない?と。


その日のうちに彼からメールがありました。
なんて律儀な人なんだろうと、返信しました。
次の日他のメンバーから、一斉送信がありました。皆さんあらためての挨拶です。
?昨日の彼からのメールは?私にだけ?年甲斐もなくトキメキました。
2人だけのメールがはじまりました。


びっくりするくらい趣味、好みが合い、夫とはそんな話ができなかったので、楽しくて嬉しくて。
ある日、メールすると彼は偶然仕事が休みで会えることに。
ちょっと話すだけでバイバイの短い時間でしたが、バイクの試乗イベントに誘ってくれました。
もう一人、検定のメンバーも一緒です。
でも、夫に行っていい?とはとても言えないので行けないと断りました。


彼は、当たり前に予定があって行けないならわかるけど、旦那さんに行きたいって言えないから行けないって…それって夫婦?と言われて、気づきました。
確かに。言いたいこといえない夫婦って??
結局言いました。行きたい。と。
夫はイヤな顔をしましたが、行きました。


彼とたくさん話をしてやっぱり好きかも、と思うようになりました。
私も夫にバイクを購入してもらい、もうこの頃には、バイクに乗ることが楽しくてしょうがなかったので、つきあってきて20年で一番うれしいプレゼントよ!と心の全部で夫に感謝していました。


夫が出張のとき、自分のバイクをみせたくて彼とふたりツーリングに行きました。
ほんとに一時間くらいの近場に。
彼が納車祝い!と彼とおそろいのkeyホルダーをプレゼントしてくれました。
ほんとにびっくりしました。
この歳になるまで、おそろいのプレゼントなどもらったことがなく、(結婚指輪すらもらっていません。)
困惑しているところにkiss。


好きだったので、嬉しかったのですが私は既婚者。
彼はこちらに転勤が決まったとき離婚してきた単身者。
いま考えると、彼は淋しかったんでしょうね。
バイバイするまで何度もkissをくれる彼。夫のそれとは違い、優しさがつたわる。


好きがとまらなくなりました。
一晩考えて、夫の土日の出張なんてもうないだろう。一回きりのチャンス。
彼を誘いました。
家族に隠れてこっそりなんて私には無理。
じゃ好きという気持ちをぶつけてもう逢わないようにしなきゃ。


びっくりしたのは彼のほう。
ベッドでもう逢わないことを伝えると…そんなこと考えてたんだ。と。奇跡の一日だったんだね。と。
彼は、これは一回きりでツーリングは行こうよ。といってくれました。
その場は、うん。と答えてバイバイしましたがもう逢わないつもりでした。


それなのに、もらったkeyホルダーを落としてしまいました。
あんなに好きになった人との想い出。
悲しすぎて、泣きながら思わずはじめて電話しました。
無くしちやった。ごめんなさいって。


そんなに大事に思ってくれてたんだ。
つぎ逢うときにちゃんと出てくるから!そう言ってくれて。
またプレゼントしてくれる気でいる。
もうダメでした。ブレーキこわれました。


そんなとき、自分のバイクのこと夫とも話したくて、シートかえて可愛くしたいと何気なく伝えました。カスタムの話は最初からしてたことです。
それなのに、怒られました。買ってもらったものに文句をつけるのか!と。
そんなつもりはありません。話がしたかっただけ。
いつものように離婚だ!と言われました。
私のなかでなにかがふぅっと切れてしまって、もうそれでいいよ。と言い離婚を考え出しました。


離婚したいと決心してからは、夫にしっかり自分の気持ちを伝えなくてはいけないと一生懸命自分の気持ちを話そうとしますが、素直に自分の気持ちをだせなくなって五年。機嫌を損ねないような話ばかりしていたので、いざ本当の自分を伝えると何て言われるかわからない。という訳のわからない恐怖にとらわれてうまく話せず泣く毎日。


彼への気持ちは止まりませんでした。
が、彼との先を考えてるわけではなくただ隠れてしか会えない関係というところから脱出したかったんです。
彼の誕生日の次の日。逢いました。
やっぱりkeyホルダーを準備しててくれました。


別居することにしました。
が、子どもの学校もありますので、車で5分の距離です。
パートですが仕事もはじめました。
彼のマンションは、私の通勤途中にありました。
「たまには寄りなよ」と言ってくれ、一回だけ行ってしまいました。
しかし、いつも2時間くらいの短い時間しか会えません。
別居しているのに夫のことばにいちいち恐怖を覚える日々に疲れていて。
言い訳になりますが、ゆっくり逢いたかった。
彼のまえで深呼吸してリラックスしたかった。
会社の飲み会とウソをついて逢うことにしました。


食事してショッピングしてお茶して…。
夫とは付き合ってる時にもできなかったデート。やっぱり好きと。
彼のマンションにいき、好きを伝えました。
彼は「好きだよ。最初からかわってないよ。」
そう言ってくれたのに、それが最後になりました。
その日のことを夫は全部知っていたのです。


夫の友人が私をみつけ、ずっと尾行されていて、写メや動画を撮影していたようです。
男になにするかわからないぞ!と脅され、夫の前でもう会わないとメールさせられました。
その後、もうダメだと思いながら気持ちを切り替えられず、思い出してはメールしてしまいます。
返信はありません。


どう考えてるのかわからないまま2ヶ月たちました。
終わったと思えるまでもう少しかかりそうです。
出合って会えなくなるまで、たった3ヶ月。急ぎすぎて、会えなくなってしまった。
彼とは関係なく離婚したい私…。


長女は一緒に居てくれますが、でも長男は、ママがウソをついて出かけたことを知り、心が離れてしまったようです。
夫は全てを私の浮気ということで整理し、もう私の話を聞きません。
長男を思うと、遠くに行けずにいましたが離れなければちゃんと離婚できないとも考え、私は長男をおいて実家に帰るつもりです。五年生の長男のことをみてあげれません。


彼と気兼ねなく会いたかった。
夫の機嫌を損ねないよう気をつかう生活から抜け出したかった。
同時に興った気持ち。関わりがないと言えばウソになります。
子どもをおいていく私は、年甲斐もなく恋に狂った女なんでしょうか?
心がどうにかなりそうです。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

「"母親"である前に"女"である。」
頭では分かっていても、子供のことを考えるとそう簡単には割り切れないものですよね。
それは「"女"でありながらも"母親"でもある。」だからです。
お子さんと離れて暮らすのは本当に辛いでしょうね。
しかも、black-angelさんの想いとは逆に気持ちが離れてしまったまま。


私も子供を持つ親として、少しはその気持ちが分かるつもりです。
でも仕方ないかもしれませんね。
少なくとも今はそう思うしかないでしょう。
いつかは分かってくれると信じて。
というより、そう信じないと、いつまでもblack-angelさんは前に進めません。


お子さんもいつかきっと、幸せになったblack-angelさんを知り、「仕方なかったんだな。」と思ってくれますよ。
本当にいつかは分かってくれますから大丈夫ですよ。
そう信じましょうよ。
そのためにもblack-angelさんは幸せにならなければいけません。


そんな中、彼のことは、とりあえずは"離婚へ進む上でのきっかけと後押しになった"と考えるのが良いのではないでしょうか。
これはなにも「好きになってはいけない」と言いたい訳ではありませんよ。
別居をしたことでの開放感や安堵感、恋をすることの幸福感、満足感、充実感、高揚感、、、
そのすべてが一気に押し寄せると、とても地に足が付いた状態にはならないと思うのからです。


まずは…
幸せになるためには離婚は避けて通れず、別居もそれに向け必然だった。
もし彼が居なくてもそうしていた。
そこまでだからこそ、子供と離れ離れになることもやむを得なかった。
それらを消化し、また確信にし、地に足を付けて進むことが今は大事なのではないでしょうか。
そうじゃないと、このまま彼と会えなかったり、うまくいかなかったとき、子供と離れてまで選んだ"離婚"という道を悔やむでしょうし、その道を選んだ自分を責めてしまうと思うのです。


とにかく今は、ご主人との生活で我慢していたことや足りなかったものを、"一気"に彼に向けないことです。
それが度が過ぎると、完全に彼に依存してしまうことになりかねません。


離婚すると、これからは自分の意思で自由に人生を歩めるようになります。
その自由の中では彼との道もありますが、それは数ある道の中の一つです。
これから先のことは、今、ご主人と離婚したい一心の中で考えるのではなく、本当の意味で自由になった時に改めて考えるくらいのほうが良いのではないでしょうか。


彼とのことは、"縁"があればまた繋がりをもてるようになるでしょう。
その時が来るまでは、決して、彼をすべての"拠り所"にしないように考えるくらいが良いと思いますよ。

このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」


posted by 星野 純(はじめ) at 12:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 夫婦間・離婚の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ