2012年12月23日

「失う選択」

いつも大変心苦しいところではありますが、ご相談いただいている方々には受付順にお答えしており、現時点では2ヶ月弱程度、お待ちいただいております。申し訳ありません。

今回のご相談をもって、10月以前のご相談にはすべてお答えしたつもりですが、直近の有料相談の方も含めて、まだ返答をさせていただいていない方がいらっしゃいましたらお知らせください。
以前、サーバーの不具合でご相談メールが届かないことがありましたので確認まで。
では今回のご相談です。

【お名前】 Miu
【年齢】 45〜49
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 なし

はじめまして。私は既婚、子供はいません。
とっても幸せな結婚生活を送っていたある日、ひょんなことから同僚に恋心を抱くようになり、お互いに好きだと確認はしたのですが、その後からの展開で悩んでいます。


その彼とは一昨年の夏ごろから少しづつ会社で仲良くなりました。
彼は一回り年下。既婚、子供2人。
ジャニーズ系の容姿で会社でも密かに人気のある人です。


最初特に何も思ってなかったのですが、彼から私に対するアピールが結構あり、私もいつしか意識するようになりました。
昨年の震災の後くらいからドンドン仲良くなり、お互いに好きだと気持を確認しました。
(この段階では抱擁まではありましたが、キスもそれ以上もなしです)


しかし少し私が休暇で留守にして戻ってくると、話の流れで相手から「やっぱりこういうのはやめたほうがいいと思う」となり、私は悲しかったけど、泣く泣く受け入れました。
その後、海外本社の社員が出張で一週間程度来日し、一緒にご飯に行ったりしたのですがその1週間はチャットもたくさん飛んでくるし、まるで別れたとは思えませんでした。


そしてその1週間の最後の日に、二人になりたいと言われ、本社社員さんたちとのディナーが終わった後、カラオケに行ってキスをし、彼に触れられました。私は混乱しました。
そして2日後、彼が「ダメだとわかっていたけど忘れらなくて。。。」となり、私は受け入れました。
そしてその夜も同じようにカラオケへ。。。


まるで高校生のようですが2人とも次のステップに行くには戸惑いがあったのでしょう。
それから2週間、私の一人空回りだったと思うんですが、彼が仕事が忙しくなったのもあり、チャットもほとんどなく会話もなかった(と感じた)ので、私はつらくなり、彼をお茶に誘って、聞いてみたら「お小遣い制だし、そんなに頻繁に会えない。チャットとか忙しい中でも一生懸命しているつもりなんだけど」とのこと。

 
親友からやめるようにとさんざん言われていたのもあったのか、その場で私は「ああ、釣った魚にはエサはない人なのかな」ということと、「もっと一緒にいたいのにダメなんだ」という気持ちが重なって、その場の衝動で「もう終わりにしよう。今ならまだ友達に戻れる。あなたを失いたくない」と言いました。


彼はショックだったようですけど、受け入れ、早々にその場から立ち去りたいようでした。
そしてその後メールで、今までありがとう。
とっても楽しかった、と連絡がありました。それが去年の秋ごろです。


それから数か月は私はその会社から離れたのですがその間は本当につらく、心療内科にもいきました。
自分で決めたはずなのに、彼が恋しくて仕方なく、涙が出る日々。。。


そして今年になって私は会社に復帰。
今度はガチで彼と一緒にするプロジェクトで、私がマネジャーで彼が日本のサポートとなりました。
去年のように親しくは出来ないとわかっていても、毎日毎日密接に仕事をするのが楽しく、また仕事も忙しくてあまり色々考える時間もなく、まあまあ楽しくやっていました。


ですが2か月ほどした時に、彼が私に「俺に対する発言に腹がたつ、だから俺らの関係はもっとビジネスライクにすべきと思った」と言ったのです。
私は特にひどい事を言ったつもりもないし、全く意味がわからなかった。
そしてショックすぎて私が何を言ったのか尋ねることさえできず、そのまま距離が遠くなった感じで仕事は続きました。


少し経って、彼は結構男尊女卑な考え方で、女性の私が自分より仕事が出来ること、自分が私をサポートする立場であることが気に入らないんだというのが、彼の発言でわかってきました。
とは言うものの、ところどころで、私の事を熱いまなざしでみる瞬間があり、まだ彼もふっきれてないのだ、と思っていました。
でも2人は友達に戻ると決めたのだし、と私もふんばりました。


ただこの仕事の終わりが近付いてきた夏ころから彼への気持ちがまた再燃し、やっぱりヨリを戻したい、と思うように。。。
男女の一線を超えなかったから、中途半端で終わったから、余計ふんぎりがつけられてないような気がしています。
もう別れて1年3か月になるんですが、その大半はがっつり一緒に仕事をしていたからか、そんなに経った気がしません。


夏ころに「2人で話したい」といったら「いいよ」とのことだったのですが、そこから私が体調を崩すなどタイミングを逃し、今に至ります。
(その間彼からのアプローチはなし)
今の仕事は11月で終わり、私はまた会社から消えます。
辞める前に昔二人でよく行ったお店にでも行って、今の私の気持ちを伝え、彼がどう思っているのか知りたいと思うのです。

エゴだとは思うんですが「これが正しいことだから」と頭で考えて別れた、心は大好きだったのに、かまってもらえないと感じて一瞬の勢いで別れたから、未練があるんですね。
部の飲み会や日々でも私との連絡をできるだけ避けている(仕事が落ち着き、業務上で話すことがなくなってきているため)のがわかります。


これはもはや彼の私への気持ちを抑えるためなのか、もう私のことを今年の仕事を通してイヤになってそうしているのかも読めませんが、彼が私を意識しているのだという事はわかります。
どう転んでも彼との純粋な友情関係は難しいと思うので、それだったら余計ハッキリさせて楽になりたいと思ってしまいます。


私の夫は人格者で素晴らしい人で優しく、私の幸せを一番に思ってくれ、経済力もあるのですが夫婦生活が不妊治療をきっかけにうまくできなくなっています。
私のことを考えてくれるし、愛しているので別れる気はないのですが、(そしてそれは彼も同じだし、私は彼の家庭をこわす気も元々ありませんでした)、彼とのキスの相性があまりによく、夫と今でも比べてしまうという、お恥ずかしい事実があります。
そして、もし一線を超えたらどうなるかな。。。と、


今更ですが、逆にズルくなったのかもしれません。
こんなに優しい夫を裏切る行為をしてもいいの?と、この気持ちとも折り合いがつきません。
自分でもウジウジしているなぁと思うのですが、抜けだせないのです。
とにかく苦しいです。。。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

「どこからが浮気なのか」
その答えは体の関係からなのか、想いを寄せた時点なのか、あるいは、、、
いろいろ人によって考え方は違うでしょうが、Miuさんの場合、ハッキリしている事は一つです。
「今ならまだ引き返せる」ということです。


Miuさんの気持ちとしてそれが難しくても、これ以上先に進んでしまうと引き返せなくなり、結局は"今以上に"悩んでしまうでしょう。
歯止めが利くギリギリが今だと言って良いと思いますよ。


セックスレスであること以外、非の打ち所が無いご主人。
そのご主人との関係、今の家庭を壊したくないなら彼のことは諦めるべきです。
これは言われなくとも、Miuさんも分かっているでしょうね。


家庭は壊したくない。…でも彼への想いを断ち切れない。
諦めなければいけないのは分かっている。…でも彼への想いを断ち切れない。
彼への想いを断ち切れない。…でも家庭は壊したくない。
ぐるぐる回ってジレンマの中、出口が見つからない。そんな感じでしょうか。


でもMiuさん、勘違いしないで欲しいのは、それは出口が見つからないのではなく、出口が見えているのにそこから先に進む勇気が無いだけだということです。


恋愛において、しいては人生においても、何かしらを選択するタイミングは意外と多いものです。
日々の生活なんて選択だらけです。
そこでの選択は必ず何かを失います。


引越ししようと思えば、住み慣れた街や思い出の部屋を失います。
一人の男性と付き合えば、その男性とは元の関係には戻れないでしょうし、結婚しない限りいつかは別れます。


今のMiuさんで言うと、彼を諦めればズバリ彼を失いますし、彼との関係を進めればご主人との関係を失います。
それはご主人にバレなくてもです。
Miuさん自身、ご主人に対してまったく別の気持ちが生まれ、夫婦という"形"が変わらなくとも、今までお互いの"信頼感"で成り立っていた関係は失われてしまうのですよ。


彼を失いたくない。…でもご主人も失いたくない。
そのどちらかを失う勇気が無いから、出口から先に進めないのですよ。
でもMiuさん、それが当たり前なのですよ。
失う勇気が持てないこともですが、どちらかを失うこと自体がです。
いつまでも留まっているわけにもいかず、どちらかを"失う選択"をしないと前には進めないのですよ。


今のMiuさんは、彼との関係を進めて、 ご主人に足りない"セックス"を彼で補うには、彼に対する気持ちが入り過ぎです。
その分、ご主人への罪悪感や自責の念で、もっともっと深い苦悩を味わうのではないでしょうか。
いずれ来るであろう彼との別れのときもそうです。


もし気持ちの整理がなかなか付かないなら、頭で割り切るしかありません。
これから一生一緒に居るご主人。
また仕事をするようになったとしても、どれだけ好きだったとしても一生一緒に居るわけではない彼。


いささか乱暴ですが、どちらを優先するべきか、と考えるのも一案です。
そこで改めてセックスレス解消に向かってみてはどうでしょうか。


まだ引き返すことの出来る今、また、タイミング的にも新たな気持ちで新年を迎えられる今、しっかりと考えてみて欲しいと思います。

このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」



posted by 星野 純(はじめ) at 20:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 不倫への一歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ