2013年06月07日

不倫はバレなければいいのか?

「同棲」
言葉としては個人的にはなんだか古臭い感じがします。
「彼氏と一緒に住んでる」
このほうが同じ意味でもイメージ的に良く感じるのは気のせいでしょうか。


ちなみに私個人的には同棲賛成派です。
以前、3人に1人は同棲経験があるという統計を見た覚えがありますが、同棲経験者からすると、同棲の結果がどうであれ「相手のすべてを知ることが出来た」ということを最大のメリットとして挙げる人が多いようです。


一緒に住んで改めて知る相手の良いところ。
逆に、日常生活から見えてくる相手の嫌なところ。


やはり男と女は、相手の良いところばかりではなく、嫌なところも含めても好きでいられるか、一緒に居られるかが大事で、それがその後の関係を大きく左右するのではないでしょうか。
その点では同棲は、長く付き合っていけるのかの判断もつけやすく、また、結婚を考えるなら結婚生活の疑似体験にもなると思うのです。
一緒に住むと反対になかなか別れられなくなることも考えられますが、貴女は「同棲」をどう思われますか?


では今回のご相談です。


【お名前】 みつき
【年齢】 20〜24
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 1人

初めまして、みつきと申します。
社会人2年目で彼氏いない歴3〜4年です。
一人暮らししてます。
1カ月ほど前に不倫相手になりました。
相手は会社の上司で、私と同い年の既婚男性で幼い子供が2人います。


きっかけは、2人で飲みに行ったあとカラオケに行ったのですが、そこでおさわり・キスをその上司から初めてされました。
上司も私もかなり飲んでいて酔っぱらっていました。
酔っていたせいで私も自分からはしないものの、拒みもせず。


そのあと家まで送ってもらったのですが「トイレを貸してほしい」と言われ、何を思ったのか上司を部屋に入れてしまったのです。
そこで犯されそうになったのですが、酔っていても「既婚者とそんな関係になってはいけない」と思って拒否し続け、その場はなんとかそういう関係にならずに済みました。
今思えば、部屋に入れた地点で私も期待していたのだと思います。


次の日上司は「カラオケまでしか記憶がないが、ごめんなさい。拒否してくれて正解だ。」と言っていました。
入社当初からこの上司にはとてもお世話になっていました。
入社してすぐは「この人のこと好きかも?」と思ったこともありましたが、すぐに勘違いだとわかりました。


当時上司は奥さんをとても愛していたし、子供のこともすごく大切にしていました。
奥さんと子供の自慢やのろけもしょっちゅうで「あなたと噂にならないようにしないと」と釘を刺されたこともありました。
そんなことがあり、私のなかではずーっと「この上司とは恋愛関係にはならないだろうなぁ」と思いこんでいました。
でも、それは無理矢理自分に言い聞かせていた訳でもなんでもなく、ただ本当に心からそう思っていました。
だから恋愛関係にならないことは全く苦ではなかったのです。
当たり前のようにそう思っていたから。


でも、事件が起きてからは、絶対に起こらないと思っていたことが起こりうることであると知ってしまったのです。
彼は私を受け入れてくれるということを知ってしまったのです。
そこから私の心は揺らぎ始めました。


後日、私の仕事の相談という名目で彼は私の部屋に来ました。
完全に私は期待していたのだと思います。
お恥ずかしい話ではありますが、欲求不満だったのです。
その日、初めて体の関係を持ちました。
上司との不倫関係が始まったのです。


その日を境に会社で人目を盗んでほぼ毎日いちゃいちゃするようになりました。
主にキスやおさわりです。
セックスも数回会社でしましたが、私が「会社は嫌だ」と言ったらやめてくれました。


たまに彼の都合のつく日にうちに来ては一緒にご飯を食べたりセックスをしたりします。
頻度は週に1回あるかないかです。
彼は私のことを好きだと言います。
その言葉は本当かわからないし、私は都合のいい女かなぁとも思います。
でも私も本気じゃないからそれでもいいかと思っています。


でも私は、彼のことは好きだけど全身全霊で好きになれないのです。
私なりになぜ完全にどっぷりハマるほど好きになれないのか考えましたがまだ答えは出ていません。
考えられる理由として子供がいるから彼は私のために離婚などしないというのがわかっているからかなぁ?という感じです。


私たちは私たちの未来の話を全くしません。
彼のことは嫌いではないし、好きだという意識はあるが離婚して奥さんと子供を悲しませてまで彼と一緒になりたいとは到底思えません。
彼もそう思っているのかなぁと思います。


私はいつか素敵な人を見つけて幸せな結婚をしたいと思っています。
彼との未来など想像できないし、望んでもいません。
だからこの関係は、私に彼氏ができるか、会社を辞めるか、彼がこの関係をやめたがったらなくなると思っています。
それでいいと思っています。


なのになんでこの関係が自分からやめられないかというと、セックスがしたいのと人の温もりが欲しいから、つまり淋しいんです。
次の彼ができるまでの淋しさを埋めるための関係のようなものです。
子供がいなかったら好きになっていたんだろうなぁと思うことはよくあります。


不倫関係が始まった当初は、「こんな関係良くない。やめなきゃ」と思っていました。
悩みました。
でもどうしても自分から「この関係をやめましょう」とは言いたくなかったのです。
とにかく淋しかった。
ずっと私を愛してくれる男性が欲しかった。
つまり恋愛したかった。


普通に彼氏が欲しいと思い続けてきました。
でもなかなかいい出会いはなくて…3〜4年ほど淋しい思いをしてきました。
恋愛はなかなかできないし、上司は私の欲しいものの偽物をくれる。
疑似恋愛ができる。本物が手に入るまでこのままでいいか、と思ってしまっています。


ある日、この事を友達に話しました。
友達は私のために「やめた方がいい」と言ってくれました。
そう言ってくれる友達がいてとても私は幸せだと思いました。
でも同時に、そんな大切な友達を裏切ってまで自分の欲望と淋しさに負けてしまう自分がすっごく嫌いになりました。


友達への罪悪感でいっぱいになりながらも、私はこの関係を続けます。
不倫についてぐるぐるいろんなことを考えました。
不倫の映画を見たり、小説を読んだりして不倫の心理について理解しようとしました。
考えすぎて何が正しいのかわからなくなりました。


「不倫は社会的には悪いことだけど、男女がただ求めあってるだけ。たまたまそれが片方既婚者だっただけ。それがそんなに悪いことなのか?」
という意見を友達にぶつけてしまったのです。
呆れられ、「あなたは加害者」とまで言われました。
私は「確かに加害者だ。でも浮気される妻にも問題があるとすれば、夫婦間の不仲に巻き込まれたと考えれば私は被害者だ。」と言ってしまったのです。


言ったあとにハッとしました。
自分のために言ってくれたのになんでこんなこと言ってしまったのか。
どんどん嫌なやつになっていった。何が正しいのかわからなくなっていた。
このままでは大切な友達をなくす。


私は未来を望まない、相手の家庭を壊さない不倫ならバレなければ悪いことではないと思い始めています。
もうなにが正しいのか本当にわかりません。
前は気持ちの半分は「やめなきゃ」と思っていて、もう半分は「このままでいいや」と思っていました。
今は、「やめなきゃ」と思っている気持ちはほとんどありません。
バレなければいいと思っています。


どうするべきなのでしょうか?
できれば彼氏が欲しい。
そして上司との関係を絶ちたい。
それができなければしばらくこのままでいいと思っています。


星野さんは、私のような考えをどう思いますか?
どうするのが私にとって一番良い道なのでしょうか?
やめた方がいいというのであれば、淋しさや欲望に負けない説得をお願いします。
私を説き負かしてください。
このままこの関係を続ければいずれ本気で彼のことを好きになって彼を独占したくなるのでしょうか?
長々と申し訳ありませんが、よろしくお願いします。




[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

最初に一つ、みつきさんにお伝えしますね。
私はみつきさんを説得するつもりはないですし、説き負かすつもりもありません。
友達と話してみつきさんが後悔したことでも分かるように、今のみつきさんは周りの言葉を抵抗なく受け止めることが難しいだろう思うからです。


これから記す言葉は私個人の考え方でしかありません。
私の言葉に、みつきさんがどう思うかは分かりませんが、まずは「どんな考えか聞くだけ聞いてみる」くらいの気持ちで良いですから、聞く耳だけは持って欲しいと思います。


さて、ご相談内容を拝読し、個人的には正直なところ「今の関係は終わらせた方が良い」と思っています。
それはなぜか。
そのほうがみつきさんにとって幸せだと思うからです。
ただ、当然それは100%ではありません。
正確に言うと「そのほうが幸せになる確率が高いから」ということです。


ここでもし「別れなくても幸せだ」とみつきさんが思うなら、「それ以上に幸せになる確率が高いから」です。
「別に今以上の幸せなんか求めてない」と思うなら、話しはここまでです。
みつきさんにお伝えすることが無くなってしまいます。


恋愛をする以上、人生を歩む以上、人は少しでも幸せになりたいと根本的には考えるものだと私自身は思っています。
では、幸せになるためにはどんな道を選ぶと良いのでしょうか。
理想論で言ってしまえば「幸せに向かうための道で、尚且つ、後悔しない道」です。


その道の先が望んでいなかった結果となっても、その"結果"を受け入れることが出来て"信じて進んだ自分"に幸せを感じるならそれでも良いのですよ。
ただ、ほとんどの場合が、その結果に傷付き、信じた自分を後悔してしまいます。
だからこそ聞かれてお答えするときは、望む結果への可能性での答えになるのです。
それはみつきさんの友達も同じで、尚且つ、みつきさんのことを本当に心配して考えてくれたのだと思いますよ。


では、みつきさんの質問にお答えしますね。
>私は未来を望まない
望まないことがみつきさんにとって本当に幸せであり、それこそその先の結果がどうであれ後悔しないならそれでも良いと思います。


>家庭を壊さない不倫ならバレなければ悪いことではない
これは絶対に間違いです。
まず、100%バレないとは言い切れないでしょうし、仮にバレなくても「バレなければ問題無い」ということにはなりません。
例えば、バレなければ犯罪を犯しても良いのでしょうか。
バレなければ人を騙しても良いのでしょうか。
個人的には不倫という形の恋愛を否定するつもりはありません。
でもだからといって「バレなければ問題無い」に直結させられるものではないのですよ。


新しい彼氏が出来れば不倫は終わらせてもいい。
でも、しばらく彼氏が出来なかったのだから、この先もいつ出来るか分からない。
それなら目の前の彼を失わずにいたほうがいい。
その気持ちを"正当化"するためにご自身で言い聞かせようとしているだけなのではないでしょうか。


>不倫は社会的には悪いことだけど、男女がただ求めあってるだけ。たまたまそれが片方既婚者だっただけ。それがそんなに悪いことなのか?
現実的な話しをすると、現時点ではみつきさんは奥さんに慰謝料を請求される側です。
請求されれば払わざるを得ない立場と状況です。
それを理不尽と思うのか、不倫が悪い事なのか良い事なのかの前に、それが現実です。


みつきさんはそこまでのリスクを抱えますか?
そこまでの覚悟をするほど彼に執着しますか?ということです。
妥協でしかない今の関係を保つことが、そしてそう考えるみつきさんであることが、本当にご自身で満足できる自分であると思えるでしょうか?


寂しさや欲望を一時的に紛らわせる今の関係で満足するより、"本当に望むもの"のために進むみつきさんであって欲しいと個人的には思います。
今回のお答えがほんの少しでも参考になれば幸いです。


〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




posted by 星野 純(はじめ) at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼氏が欲しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」のか?

どんなに仲の良い夫婦やカップルでも、長く一緒に居ると"マンネリ"を感じる瞬間があると思います。
「うちらはマンネリなんてないわ」という大変お幸せな方はさて置き、この"マンネリ"という言葉。
食べ物のメニューや仕事、テレビ番組やセックスなど、実にいろんな場面で使う言葉ですが、mannerism(マンネリズム)という英語の略なのをご存知でしたでしょうか?
個人的には、てっきり日本特有の造語かと、それを知るまで思っていました。

mannerismは美術や芸術、文学や演技などで、型にはまっていることを意味するそうです。
日本で言う"マンネリ"は、「飽き」「新鮮味が無い」「ワンパターン」「単調」など、否定的に使う言葉で、mannerismとはニュアンスも大きく違うようです。

そう考えると、男女間の"マンネリ"も気の持ちようでは、mannerismみたいに"安定"や"安心"の意味合いも含まれるような気がしませんか?
プラス思考過ぎですかね。

では今回のご相談です。


【お名前】 さまよえる乙女
【年齢】 35〜39
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 5人以上

はじめまして。私は30代後半で、中学生を先頭に3人の子供を持つ母親です。
結婚して10数年なりますが、1年前から家庭内別居の状態です。
ご相談内容は、夫婦関係の修復ではなく、人には大変相談しにくい内容です。


私は今、とてつもなく寂しく、男性のぬくもりに飢えています。
どうしても彼氏がほしいのです。
真剣に私のことを思ってくれる素敵な方と出会いたいと毎日願っていますが、まるで夢物語のようにむなしい現実と日々向き合っています。。


そもそも不和の原因は私でした。
結婚当初から彼を尊敬はしていましたが特別な感情は抱いていませんでした。
それでもなぜ結婚したかといえば、両親が大変厳しく、一緒に暮らしていることが苦痛でとにかく早く家を出たかったからです。
それでも夫は父親としてはよくやってくれていたのでここまではなんとかやってきました。


でも夫とのセックスに関してずっと違和感があり、そのストレスが蓄積してセックス自体が苦痛になり、ネットで不倫相手を探すようになってしまいました。
何人かの方と知り合いましたが体だけを欲する男性ばかりで、「離婚して僕の所に来ないか」と言ってくださった方も居ましたが、私の方が彼に対して全く魅力を感じず、別れさせていただきました。


そんな不倫が夫の知るところとなりましたが、子供たちには両親が必要だということと、私に一人で暮らせるだけの資金がないことが理由で、離婚はしないことになりました。
現在は夫婦の会話は無いですが、子供達にはなるべく違和感を抱かせないように努力をしながら一緒に親業をこなしています。


夫に対しては私のせいで人生を狂わせてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でももう後戻りはできません。


現在はサイトで知り合った年下の独身の男性に、たまに誘われれば会いますが、「君は魅力的だ。部屋の中では完全に僕のものだ、ただそれ以上の関係を始めから望んでいない」ときっぱり言われてしまいました。
私としては彼を好きになりかけていて、心まで愛して欲しかったのに、ただ遊ばれているような関係です。


私も彼が好きなのかどうかわかりません。
セックスの相性もあまりよくないと思います。


私が既婚者だということ、子供がいること、もう若くないこと、堂々とデートができず、ホテルでしか会えないこと(つまりお金がかかる)・・など様々なハンディがあることも彼を真剣にさせない原因だと思っています。
そしてその要素すべてが私にとっての悩みです。
このような様々なマイナス要素があっても私のことを彼女として独り占めしようとしてくれる男性にめぐり会うことはいつの日かできるのでしょうか。


もはや結婚は私にとっては夢です。
まず、離婚をすることができそうにありませんので。
そのため私の望みは彼を作ることです。
いつの日かどなたかに見染めていただけるように若さを保つ努力はしているつもりです。
たとえ結婚ができなくても、今の私のままを受け入れてくれるどなたかの彼女になりたいのです。


今、昼間はファストフード店で、夜は週2日ほど派遣講師として働いていますが、大した月給ではありません。
好きな人はいます。
他店舗のアルバイト仲間の高校生で、一緒に仕事をしたのはたったの1日ですが、一瞬で好きになってしまいました。
若さと男らしさがみなぎっていました。
彼のことで頭がいっぱいです。
店舗が違うと会う機会がほとんどないので、何とか理由をつけ偶然を装ってまた会えたらと思っています。


でも分かっています。この年の差。
そして十代の男の子なら彼女がいても当然です。
でもいけませんか?高校生を好きになってはいけませんか?


私の、女としての人生はもう後がありません。
無いのなら、可能性は一つでも見逃したくありません。
今まで何度も傷つきました。
それでもいちいち沈んではいられないのです。だから前だけを向いてきました。
傷つくことからに逃げていても向こうから幸運が舞い込んでくる、そんな時はもう過ぎてしまったと思うからです。


また失敗するのは怖いです。
だからと言ってなにもせずに妄想で一生自慰するだけのむなしさを思えば自分から努力をしなければいけないと思います。


男性から見て真剣に交際したくなるような相手ではないのも十分分かっています。
それでも出会いたいです。
結婚などあまり考えず、私を思ってくれる男性に。


会える時間も少なく限られた交際になることは間違いありませんが、こんな私を受け入れてくれる男性は世の中に存在するのでしょうか。 
女性として人間として私を愛し、独り占めしようとしてくれる方に出会いたい。


ただ、私の性向としてどうしても年下ばかりに目が行ってしまいます。
どうしても年下の男性にばかり魅力を感じてしまうのです。
どうしようもなく彼らの肉体に惹かれてしまいます。


星野先生、こんな私にどうか良い助言をお願いします。
母より女でいたいのです。
好きな人にずっとずっと抱かれたい。
こんなことばかり考えて、まるで十代の少女のようですよね。。。でもこれが私です。
こんな私にアドバイスをお願いします。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

さまよえる乙女さんの、恋愛に対する積極さは良いと思いますよ。
傷付くことも恐れない、その貪欲なまでの積極さは、運命の出逢いや幸せを引き寄せる上で大事なことですからね。


ただ、さまよえる乙女さんが言う「可能性は一つでも見逃したくはない」は、一歩間違えると幸せが遠のくことにもなりかねません。
そこを知って欲しいと思います。


「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」
確かに当たる確率は上がると思います。
ただ、男目線で言うなら「男だってバカじゃありません」
男が鈍感とはいえ"数打ってる感"は伝わってしまいますよ。
それは好みのストライクゾーンを広げていることにもなり、男性側も、好かれたとしても違和感を覚えるのではないでしょうか。


実際には誰でも良いという訳じゃないでしょうが、
「結局彼氏が欲しかっただけでしょ?」ということです。
「好みのど真ん中ストライクだから俺を好きになった」と
「ストライクゾーンには入っているから好きになった」の違いであり、
言い換えれば、「嫌いなタイプ以外はすべてストライクゾーン」みたいなものです。
恋愛に焦りは禁物ですよ。


さまえる乙女さんも、「とにかく彼氏が欲しい」と言いながらも、結局は"ど真ん中ストライク"じゃなきゃイヤなのでしょうから、"とりあえずはバットを振ってみる"にならないようにして下さい。
「ストライクゾーンは決して広げず、でも、良い球が来たら積極的に打つ!」これです。


それと、さまよえる乙女さんにもう一つ知って欲しいことがあります。
ご自身がなぜ年下男性に惹かれるかです。
そもそもは、好みのタイプに理由なんて必要ありませんが、それを知ることは自分を知ることになります。
自分を知れば改めて好みのタイプがハッキリし、恋愛がしやすくなるというものですよ。


では、なぜ年下男性に惹かれるのでしょうか?
それは、さまよえる乙女さんの"不安"からくるのではないでしょうか。


さまよえる乙女さんは男性に甘えたいのですよ。
ベタベタしたいし、すべてが自分の物であって欲しいのです。
更には同時に、甘えて欲しいし、ベタベタして欲しい。
すべてが自分の物と思われたい。
そんな恋愛が理想なのでしょう。


「求めたい・必要としたい・愛したい」
でも、同年代や年上の男性だと、大人の対応で受け入れてくれないかも知れない。
「求められたい・必要とされたい・愛されたい」
でも、「求められている・必要とされている・愛されている」と、うまく思わされるだけかも知れない。


それが年下の男の子なら、受け入れてくれるだろうし、疑いようの無いくらい真っ直ぐに、純粋なまでに向かって来てくれる。
そんな年下男性に対する安心感が"年下男性に惹かれる"になってしまうのではないでしょうか。


もしそうなら、「年下男性なら本当にそうなのか」です。
初心(うぶ)で純真なくらいの年下なら、多分、その可能性は高いでしょう。
ただそれは、何も知らないからです。
恋愛や女性というものを知るにつれ、飽きられたり捨てられたりする可能性も高いのと引き替えです。


逆にある程度の年代や経験がある男性なら、色々と知った上でのことですから、お互いが好み同士であった時点で、より本来の理想とする恋愛が出来る可能性が高いとも言えます。
これは「年下男性はダメですよ」と言いたいわけではありませんよ。
「ストライクゾーンを広げて同年代や年上も対象に」というわけでもありません。


積極的になることは良い事ですが、ご自身の本来のストライクゾーンがどこまでか、どこがど真ん中か、をしっかりと知った上で恋愛しましょうね、ということです。
自分を見つめて、客観的視点を持つことが、理想の恋愛への近道ですよ。
素敵な恋愛が出来ますようにと応援しています。


P.S
不倫であることは、ご自身にとっても相手の男性にとっても、"現実"であり"障害"であることを忘れないでくださいね。

このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」



posted by 星野 純(はじめ) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼氏が欲しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

「周りが見えなくなるほどの恋愛」をするためには

芸能人やタレントさんの出身地を都道府県別で分けた場合、どこの都道府県出身が多いと思いますか?

タレントデータバンクで統計(人口当たりでの割合)をとると、一位は東京で、以下、神奈川、京都、大阪と続くそうです。

ただ、感覚的には福岡や広島なども多いように感じませんでしょうか?
それはそれで、ある意味正解のようです。

wikipediaで取り上げられている人のデータをベースに統計をとると、一位は広島で、以下、福岡、熊本、京都と続き、東京、神奈川、大阪は逆にベスト10にも入らないそうです。
首都圏では芸能人やタレントさんが多いけど、著名ではない人が大部分という結果です。

首都圏ではメディア等が集中しているのにあわせ、芸能プロダクション等も同じく集中しており、門戸が開かれています。
反対に門戸が開かれていない都道府県で芸能人やタレントさんになれるような人は、そもそも著名になるだけの要素を兼ね揃えている人が多い、ということなのでしょうね。

一度、wikipediaでも取り上げられるくらいの著名人になってみたいものですよね。
では、今回のご相談です。


【お名前】 こなつ
【年齢】 20〜24
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

はじめまして。20歳の大学生(♀)です。
私にはここ何年かずっと彼氏がいません。


男の人に遊びに誘ってもらったりご飯に行ったりすることもあるんですが、そのときは奢ってもらえることが前提というような考えがあっての話だったりします。


そんな私にも気になる人はできるんですが、気になっても何もできません。
自分に自信がある訳もなく、昔から少しでも可能性がないと好きだと自信をもって言えません。


いいと思ってくれる人には悪く言うと利用する形になってしまい、気になる人には自信がなく何もできない。
私はどのようにしたら恋愛ができるようになると考えられますか?


本当は、私の理想は周りも見えなくなってしまう程、片思いでも両思いでも人を好きになることなんです。


こんな私ですがアドバイス頂けたら嬉しいです。
お願いします。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

「周りが見えなくなるほどの恋愛」
そうですよね、そんな情熱的な恋愛がしたいですよね。
素敵な男性と出逢い、盲目なまでに好きになって。。。


そのためにこなつさんに必要なのは、「信じること」と「曝け出すこと」です。
まず「信じること」とは、運命的な出逢いがあり、そして理想の恋愛が出来ることを「信じること」です。


こなつさんが「片想いでも」と言うのなら、そして「信じる」ことが出来るなら、そこにはご自身に自信が有る無いは関係ありませんよ。
よく「自分に自信を持ちましょう」みたいなアドバイスもありますが、まずは「理想の恋愛が出来るのを信じること」のほうが先です。


「周りが見えなくなるほど人を好きになる」
それは、どんなに可能性が低そうな男性でも、どんなに周りが止めるような男性でも、一心不乱に好きになるという意味です。


そのためには、無理して自分を変える必要もありません。
逆に今は、こなつさんはそのままのほうが良いのですよ。


下手に、男性にモテる女性はどうだとかを気にして、そもそもの自分とは違う自分で男性に好かれても、相手だって、本来のこなつさんを好きになったわけじゃないのですから続かないでしょう。
そして、こなつさんだって周りが見えなくなるほど好きにはならないはずです。


こなつさんの理想のタイプもこれから変わってゆくかもしれません。
それはそれで良いですから、その時点での好きなタイプの男性が居たら、迷わず好きになることです。


更にその先、相手からも周りが見えなくなるくらいに好かれるにはどうしたら良いか、はその時に考えることです。


ハッキリ言ってしまうと、恋愛には「妥協」が必要です。
「妥協」という言葉にするとニュアンスが悪いので「バランス」とでも言いましょうか。


そもそも他人である男女が、全く同じ価値観で、しかもお互いが100%理想のタイプだなんて、有り得ることではありません。


もうちょっとスタイルが良ければ、、、
もうちょっと明るかったら、、、
もうちょっと安定した職業だったら、、、
もうちょっと背が高かったら、、、
もうちょっと若かったら、、、


男も女も、性格や外見、そして変えようのない事まで、理想をあげたらキリがありません。
でも実際には、理想とは違う部分も気にならないくらいに好きになるのが恋愛です。
更に、自分を変えてまで相手の理想像に近づこうと努力するのも恋愛です。


それらは恋愛では自然な姿で、二人が無理なく「バランス」がとれた、その最たる形が「周りが見えなくなるほどの恋愛」なのですよ。


そして、「周りが見えなくなるほど」好きあうために必要なのが、前述の「曝け出すこと」です。


片想いでも、好きだという気持ちを「曝け出すこと」で、相手はこなつさんを意識しだすでしょうし、好きになってくれやすいでしょう。
両想いなら、好きだという気持ちをいつも「曝け出すこと」で、相手はより、こなつさんを強く好きになってくれるでしょう。


これが恋愛心理学で言うところの「好意の返報性」です。
好意を寄せてくれる人には好意をもって返したくなる心理です。


そして、付き合うようになっても、正直な気持ちや考えを「曝け出すこと」で、相手も正直な気持ちや考えを曝け出してくれるでしょう。
これが心理学的に言う「自己開示の返報性」です。
自分を曝け出す人には、自らも曝け出そうとする心理です。


お互いが曝け出し、お互いが深く好き合う。
それが「周りが見えなくなるほどの恋愛」になってゆくのではないでしょうか。


そのためにもこなつさんは、自分を「曝け出すこと」が大事なのですよ。
どうせなら、「片想いでも両想いでも」なんて言わないで、お互いが盲目になるくらいの恋愛を信じて目指しましょうよ。


理想の恋愛のためには自信が無いだ、恥ずかしいだと言っていられません。
自信なんか、あとから付いてくるものですし、ちょっと位の抵抗感や恥ずかしさも、理想の恋愛のためと考えれば、気にしてなんかいられないのですよ。


「自分の恋愛は自分で引き寄せる」
そんな思いで頑張って欲しいと思います。
応援していますよ!

このサイトのカテゴリ↓↓↓


「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」



posted by 星野 純(はじめ) at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼氏が欲しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

「女を捨ててるタイプ」と「女らしいタイプ」

「何でこんなことで?と思う恋人とのけんかの原因」
という統計が出ていました。(gooランキング)
以下、1位〜5位の原因です。


1.返事がない・きこえない
2.言葉尻がきつい
3.電話連絡をした・しない
4.メールの返信が遅い
5.有名人の好き・嫌い


言われてみると、なんとなく想像がつきますよね。
でもやはり、機嫌が良いときには喧嘩にまではならない、本当に「何でこんなことで?」ってことですよね。


喧嘩したくないなら、機嫌悪くしない、っていうのが一番なんでしょうか。
では今回のご相談です。



【お名前】 あたし
【年齢】 45〜49
【独身/既婚】 独身(離婚歴あり)
【恋愛経験】 不倫経験 なし


子どもが幼い頃に離婚して、母と子で頑張ってきました。
当初は「1年もすれば良い人と出会って、再婚するだろう…」と思っていましたが、恋愛の“れ”の字もかすることなく、気づけば40代後半になってしまいました。


子もすっかり成長し、部活・塾・バイト・友達と遊ぶなどで、元気に毎日を楽しんでいます。
少し前までは、“女オンナ”した母を見たくないようで、恋愛反対していた子ですが、最近は「ガンバレ!」と言ってくれるようになりました。


…とはいっても、恋愛にご縁がないのです。
このまま、おひとりさまで歳を重ねていくのかなぁ…と思うと(それも悪くはないですが)、一抹の寂しさを感じます。


自覚としては…
・笑顔が少ない (⇒これは直さなくては!)
・オシャレに無頓着 (⇒良くいえばナチュラル(笑))


他人評としては…
・色っぽい、セクシー (⇒ これらは全く自覚がありません!)
・オジサンだかオバサンだか判らない
・オンナ捨ててる


自分語りで申し訳ないのですが、こんな私に恋愛感情を抱いてくれる男性と出会えるように、アドバイスをいただけたら幸甚です。
宜しくお願い申し上げます。




[星野 純(はじめ)のアドバイス]

母子家庭で大変でしたでしょうね。
お子さんを一生懸命育てる中では、恋愛への意識や女性としての意識など、どうしても自分のことは後回しにせざるを得なかったこととも思えます。


ただ、いざお子さんも大きくなり落ち着いた今、やっと自分のことも考えられるようになって、気が付けば40代後半。
恋愛も無く寂しさはあるでしょうね。


でも大丈夫ですよ。
これまで自分のことを後回しにしてきたのですから、これからはそんなあたしさんへのご褒美の番です。
今まで頑張ってきた分、必ず良い事がありますよ。


ただし、あたしさんにアドバイスです。
恋愛は待ってばかりではダメですよ。


放っておいても異性にモテる人はごく一部です。
例えば、派手な服が嫌いでも、流行にとらわれなくても、シンプルな服にこだわるのと気を使わないのとでは大きく異なります。
その違いくらいは、男でも敏感に感じ取れるのですよ。


男目線で言うと、着飾って欲しいとか、しっかり化粧して欲しい、痩せてて欲しいとか、それはその男性の好みの問題です。
それより前に大事なことは、女だから色っぽくあれとか、可愛くあれ、ということでもなく、自分はどんな女性でありたいか、それを意識をしているか、が大事なのですよ。


自分に気を使い、自分らしくあろうとしている女性。
そんな女性はモテるのですよ。


あたしさんは「女を捨ててる」と言われたことがあるようですが、気が付いたら女の要素がほとんど無いというのと、俗に言う「女らしいタイプ」ではありたくないと自分で考えてのこと、というのは雲泥の差があります。


ここであたしさんに質問です。
あたしさんはご自分の事が好きですか?
ここがあたしさんにとって一番考えて欲しい事です。


「こんな私に恋愛感情を抱いてくれる男性と出会いたい」
ここで言う、「こんな私」とは「どんな私」ですか?


それが「自分が好きな私」なら何も考えることはありません。
ただ、そうでないのなら、「好きな私」になれるよう、意識して欲しいと思います。


あたしさんが「好きな私」であろうとしていれば、後の出逢いは「縁」だけです。
「縁」はどこに転がっているか分かりません。
このように、見ず知らずの私にご相談いただいているのだって「縁」です。
そんな「縁」を信じましょう。


でもやはり「縁」を信じても、待ってばかりではいけません。
ここはハッキリ言います。
10代や20代でも彼氏が出来ずに悩んでいる女性が大変多くいる中、本当に恋愛をしたいのならもっと積極的にならなきゃ。


趣味なり、遊びに行くなり。
その行動パターンを変え、どんどん行動範囲を広げると良いでしょうね。


「好きな私」であろうとすること。
行動パターンを変えること。
この二つが今のあたしさんへのアドバイスです。
素敵な恋愛が出来るよう、陰ながら応援してますよ。

このサイトのカテゴリ↓↓↓


「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」


posted by 星野 純(はじめ) at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼氏が欲しい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ