2014年01月25日

どうしても考えてしまう…もし彼と一緒になっていたら…

今日は、天気は別にしても各地で3月中旬から4月上旬の気温とのことで全国的に暖かくなりましたよね。
少しずつ春に近づく陽気に、個人的にもワクワクしてしまいます。
陽気は、まさしく気分も陽気にさせるのでしょうね。

ではさっそく今回のご相談です。

【お名前】 メープル
【年齢】 35〜39
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人

こんにちは。
1人でずっと悩んでいたのですが、こちらのサイトを見つけ、相談させていただくことにしました。


私も彼も既婚で、私は2人、彼は3人子どもがいます。
元々高校の同級生で、一年ほどお付き合いしていましたが、大学で遠距離になり、私の方から別れを告げました。


彼は私の事をすごく好きでいてくれて、別れた後も何度もアプローチされましたが、私は大学で今の主人と出会い、そのまま結婚しました。
その頃は、彼にアプローチされても、全然その気にならなかったんです。
主人の事も大好きでしたし。


今年の夏に高校時代の同窓会があり、その中に彼もいました。
大企業に勤めて出世もしていて、超エリート!と、皆の中でも話題になっていて、彼にも『俺と別れた事後悔してるでしょ』と言われたりして。


それで、同窓会をキッカケに繋がったSNSのメッセージで、やりとりするようになりました。
(最初は私がお疲れ様でした、みたいに送って、そこから返信がありました)
メッセージのやりとりの中でも、相変わらず綺麗だね、とか、私の事を“高嶺の花”とか、すごく褒めてくれて。


主人は、いい旦那様なんですが、気が短くてすぐに怒鳴ったりする所があって、今までもそんな性格が嫌で、結婚間違ったかも…などと思う事もありました。
お給料も少ないわけではないと思いますが、家のローンなども抱えて、結構大変な生活というのもあり、最近モヤモヤしていたのは事実です。


そんな中、元彼に優しくされて、クラっときてしまったのかもしれません。
同窓会の後、ランチしようという事になり、私が彼の職場近くまで行ってランチしました。
久しぶりに近況を報告しあって、短い時間でしたが楽しいひと時でした。
そこでやめておけば良かったんだと思います。


でも、その後、たまたま主人の飲み会と子ども達がいない日が重なり…
私から元彼に声をかけて、お酒を飲みに行く事になりました。
そこでも、俺はお前と結婚する気でいた、とか言われて、お酒も入り気分良くなり…
そのままホテルへ行ってしまいました。


私も、好奇心みたいなのはあったんだと思います。
お互いに、初体験の相手というのもあるのかも。
その後も、一度飲みに行き、ホテルへ行きました。
お互いに、元彼元カノというのもあるのか、罪悪感があまり無いねって言ったりしてたんですが…。


なんだか、その辺りから、私の気持ちが変化してきてしまい…
すごく会いたいって思うようになってしまいました。
女性は体を重ねると気持ちが入るって、こういう事なのかな、と思いながら、モヤモヤした日々を過ごして居て。


同窓会以来、SNSでのメッセージのやりとりは毎日続いて居ます。
彼は、メールは苦手で仕事でしかした事ないって言いながらも、短いメールをくれます。
でもその回数も、最近は少なくなりました。
また最近は、自宅にいる時間には返信してくれなくなりました。
いつも返信がないかなって一日中気にしてるのも疲れちゃいました。


あまりにも私の気持ちが大きくなっちゃって、彼に『私は会いたいんだけど、あなたはどうなの?そういう気はないの?もう飽きた?』ってメッセージを送ってしまいました。
そしたら、数回はぐらかされた後に、『急に重い展開だね。ほどよい距離感が楽しいと思ってた』って返事がきました。


これを見て、自己嫌悪に陥りました。
最初にお茶した時、『今の家庭を壊す気はない』って言われてました。
私もその時はそういう関係になるとは思ってなかったし、そうなんだ、ぐらいにしか思ってなかったんです。
でも、今は私の気持ちが大きくなってきて、私のことほんのちょっとでも好きとか会いたいとか思ってくれないのかなあ、と思う自分がいます。


自分がどうしたいのか分からないんですけど、もっと彼から誘って欲しいと思ってしまいます。
私ばかりが会いたがっている感じです。
あそばれてはないのかな?とも思うんですが、彼の気持ちが分かりません。


最近、罪悪感からか、主人に優しく接していたら、主人の態度も変わってきました。
時々怒鳴ったりするけれど、だいぶ優しくなったと思います。
子ども達も可愛いし、家族は大事です。
私の事を愛してくれていて、私は幸せなはずなのに、何やってるんだろうって思って泣けてきます。


私は多分、元彼からもずっと愛されていたかったんだと思います。
でも、その距離を私が壊してしまいました。
自信家で、けっこう亭主関白で、性格的には多分、あのまま付き合っていても結婚まではいかなかったんじゃないかとも思います。
でも、もしあのまま付き合っていたら…と考えてしまう自分もいるんです。


もう連絡を取らなければいいんだとは思いますが、元彼の今の私に対する気持ちを知りたいとも思います。
やっぱり、彼は私の事を好きなわけではないのでしょうか?
遊ばれているだけなんでしょうか?


ダラダラ脈絡のない文章を書き連ねてしまいましたが、純さんはどう思われますか?
率直な意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

もし彼と一緒になっていたら、、、
想像はいろんな事を可能にし、楽しいものでもありますから想像すること自体は構わないと思います。
でも、良いのは想像をするところまでで、そのイメージをしながら悩むのはいけません。


なぜなら、当たり前ですが、過去は変えることが出来ず、想像はあくまでも想像でしかなく現実的ではないからです。
また、今のメープルさんの思考回路からすると、その想像自体がより魅惑的なものとなってしまいがちです。


そんな都合が良い想像と、現実の今の生活を比べては、現実が平凡にしか感じなくなってしまいます。
だからこそ、今感じるべき幸せも陳腐に思えて、勝手な想像が浮かんで消えない。
そしてその主人公の彼に、より愛されたいと思う。


想像の中での彼はご主人より優しくしてくれますか?
ご主人より愛してくれますか?


その答えがNOなら、今感じている幸せをもっと噛み締めましょう。
もしその答えがYESならば、都合の良い想像であることを知りましょう。
そして、今の幸せにもっと気が付きましょう。


彼の気持ちが気になるとのことですが、本当はメープルさんも彼の気持ちは分かっているはずです。
分かっているのに、無意識に「分からない」にしてしまっているだけです。
そうなってしまうのは、自分の理想と現実が相反していて信じたくないからです。


もっとメールをして欲しい。
もっと会いたがって欲しい。
もっと愛して欲しい。
そんな理想に対して、真逆とも言える現実を受け入れようとしないだけなのですよ。


現実的な彼の気持ちは、既に彼の口から隠すことなく出ています。
最初のランチでの『今の家庭を壊す気はない』
二度目でホテルに行った時の『罪悪感があまり無い』
メープルさんの理想を彼にぶつけた時の『ほどよい距離感が楽しいと思ってた』


彼の気持ちはそれ以上でもそれ以下でもなく、例え信じたくなくとも、その言葉のままなのですよ。
彼がメープルさんを好きかどうかは、好き・嫌いで言えば「好き」ですし、聞けば彼もそう答えるでしょう。
ただ、"どの程度好きなのか"ということになれば、「家庭を壊さない程度」であり、「ほどよい距離感を楽しむ程度」です。


また、酷なまでにも明確に言うなら、「メープルさんの理想に近づこうとしない程度」です。
それが残念ながら、メープルさんが目を背ける"想いの温度差"と"着地点の相違"です。


仮に、メープルさんが望む以上に彼が想いを募らせて「一緒になりたい」と言ったらどうしますか?


メープルさんに離婚の意思があるなら、彼からもっと愛されるように望むのも全否定はしません。
もしメープルさんに離婚の意思が無く、「そこまで求められると困ってしまう」というのであれば、それがそれこそ"想いの温度差"であり"着地点の相違"です。


そこで彼に聞かれたとします。「俺のこと、好きか?」
メープルさんは「好き」と答えるでしょう。
ただ、メープルさんはきっとこう続けるでしょう。
「好きだけど、家庭は壊さない程度で、ほどよい距離感で居たい」と。
そこでのメープルさんの困惑が、まさしく今の彼です。


ちょっと例えが乱暴かも知れませんが、"想いの温度差"はぶつけられてもどうしようもなく、"着地点の相違"は既婚者同士では致命傷です。
前述の通り、彼からもっと愛されるように望むのは全否定はしませんが、毎日思い悩むほどのものを求めてはいけないのですよ。


不倫のデメリットとリスクを十分にメープルさんが理解しているのなら、あとは二人の許容範囲の問題で、それぞれがどこまで相手に合わせられるのかです。
今のままではお互いが許容範囲外です。


お互いがどこまで許容範囲を広げられるのか。
その上でメープルさんの許容範囲に彼が入ってくるのか。
彼の許容範囲でメープルさんが良しとするのか。


既婚者同士に限らない話しですが、一方の想いと理想だけでは成り立たないのが恋愛であることを、十分に踏まえて考えることをお勧めします。



〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | W不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

「ダメ出しに聞こえないように」

自民党の圧勝で終わった今回の参院選。
個人的に選挙のたびに思うのですが、選挙期間中の候補者の弁は、まるで「付き合って欲しい」「結婚して欲しい」と必死に口説き落とそうとしている一方的な告白のように思えるのです。

「僕(私)と付き合うとこんなデートが出来ますよ」
「結婚するとこんな結婚生活が送れますよ」と。

そんな良い事ばかりの言葉の羅列。
悪いことは言わないから後でボロが出る。

選挙も恋愛も、必死に口説いてくる間は、"言葉半分"で聞いているほうが無難かも知れませんね。
哀しいことですが。

では今回のご相談です。

【お名前】 あみ
【年齢】 35〜39
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 2人

私、39歳。彼、37歳。お互い既婚者です。
私は現在、離婚協議中ですが、それは彼の有無は関係ありません。
出会いはSNSで、メールでのやりとりを一ヶ月ほどして、会いました。


私は見た目で好きになる傾向が強いのですが、彼は私の好みにピッタリだったというのもあり、調子にのって深酒してしまい、その日のうちにキスしました。
独身のころから、迫られることが多く、私自身押せ押せに弱いです。


今回も彼が、積極的で会った次の日もいついつ会えるか的なメールがきました。
やりたいだけかなと思いましたがそういう感じは見せつつも話したり、出かけることも楽しいって感じで、私は普通の恋人感覚に落ちてしまいました。


そんな浮かれた気分でしたが(苦笑)奥さんとうまくいっていないやら言っておきながら土日は連絡してこない。家についたらメールも受け付けないなど私的に我慢するというか寂しいと思うようになりました。
ただ、これが不倫というものなんだと思って、彼にはその気持ちを言ったことはありません。


ある日から連絡が途絶えがちになり、(毎日チャットでやりとりをしてました)3日後、「仕事が忙しくて連絡ができない。二ヶ月後ぐらいになったら、また会えると思う。」といったメールを最後に音信不通になりました。
取り敢えず、彼の提示した二ヶ月を待ち、連絡がこなければ、簡単なメールを私から打ってそれで来なければ、諦めようと決めました。


そして二ヶ月後…彼からはメールが来ませんでした。
2日ぐらいしてから、私からメールをしました。
そのメールから一週間後、「少しは落ち着いた。また会いたい。」といった内容がきました。


嬉しいのですが、正直複雑な心境でした。
でも、好きだという気持ちに負け、そのメールから一週間後ぐらいに私から返信。
「元気そうで、良かった。」みたな当たり障りのない内容です。


私自身まだ好きなので執着してしまいますが、また再開することでこのようなことがまた起こって辛い思いをしたくないというのも本音です。
ダメ出しに聞こえないようにうまく相手に伝えられる技みたいなものあればお教えください。
また、彼が私に対して、最初のころのようなテンションに戻す方法などあったら(笑)知りたいです。
自分勝手な話しですが、よろしくお願い申し上げます。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

彼とあみさんは同じ既婚者同士ですが、あみさんの場合は離婚協議中とのことで、離婚が前提になっている側とそうでない彼とは状況が全く違うことも含めて念頭に置かなければいけないでしょうね。
そもそも、離婚協議中なら、恋愛も慎重に考えないと、新たな面倒に発展しかねないのでそこは注意して欲しいと思います。


それは今回はさて置き、あみさんにとってみれば、自由に恋愛が出来るような気持ちに既になっているかも知れませんが、彼はそうではありません。
「家庭はうまくいっていない」という既婚男性からの言葉の信憑性も、実際には思った以上に低いものです。
好きかどうか、信じたいかどうかではなく、ほどんどが嘘だと思うほうが間違いありません。


家に帰ればメールはしない
土日は連絡も出来ない
この時点で、なんだかんだ調子よく言っても、うまくやっているというものなのですよ。
まずはそれが大前提での不倫だと思わなければいけませんね。


週末に連絡が取れなくて、そこがどうしてもあみさんが辛くて我慢できないなら、それをハッキリ伝え、そこでの答えで改めて考えるしかないでしょう。
土日に連絡をするようにして、家庭を壊すリスクを抱えてまで失いたくないくらいの想いが彼にあるのかどうか。


彼が無理をするのか、今のまま、あみさんが我慢し続けるのかのどちらかしかないのですよ。
どちらも無理なら、この関係は終わらせるしかありません。
「ダメ出しに聞こえないように」なんて考えていると、結局は都合の良い女に思われるようになってしまいますよ。


「土日でもたまには連絡取れるくらいじゃないと続けられない」
これくらいの強い気持ちをぶつけなければ、彼の真意は引き出せないのではないでしょうか。


あみさんが離れていってしまうことに、どれだけ彼は繋ぎ止めようとするか。
その結果、どう変わるのか。
言葉ではなく、彼の行動でしか本当の気持ちは確かめられないものだと思ったほうが良いですよ。


「最初のころのようなテンションに戻したい」
そのためには、温度差が無く、お互いが同じ着地点に向かって行くことを確認し合わなければ無理です。


恋愛というものは、当初は「恋愛したい」という直近での方向性が同じなだけで盛り上がります。
しかしながら、その関係が進むとそれが「どんな恋愛が良いのか」になり、「その先はどんな関係になりたいのか」になってゆきます。


一方的な想いや執着からは、我慢や辛さ、苦悩が付いて回ります。
そうならないよう、今の時点から彼がどんな恋愛、どんな関係を求めているのかをしっかりと確かめることを強くお勧めします。
くれぐれも、嫌われないように、離れていかないようにと考え過ぎて、後々の苦悩に繋がらないようにして欲しいと思います。


〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | W不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

半分の幻想

ちょっと気になるニュースがありました。
中国人男性が妻に対して起こした離婚訴訟。
「妻が結婚前に整形していて、それを隠していた」

裁判所はその主張を認めて、離婚の成立と、妻へ慰謝料の支払いを命じる判決を出したそうです。
ちなみにこれは、生まれた子供の容貌が似ていなかったことが発端で起きた中国での訴訟です。

日本ではたぶん認められないでしょうが、国によって社会的背景や思想、文化の違いなどもあり、容姿の重要性までも違うのでしょうね。

では今回のご相談です。

【お名前】 まひろ
【年齢】 35〜39
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 2人

W不倫の彼と出会ったのは、某出会い系サイトでした。
彼とは遠距離で、私が住んでる町に出張の時に来てくれてデートしていました。


最初は凄くメールも電話もしてくれていましたが、1月に入ってから、メールの回数も電話も減り不安な日々が続きました。
彼は経営者なので、忙しいんだろうなーとも思いつつ、でも毎日彼からのメールが待ち遠しかった私。


彼はメールがなくても、いつも大切に思ってるからね!って言ってくれてたけど、今月4日に来た彼からのメールが最後で、次のデートもなかなか決まらず、待ちきれなかった。
私は、自分から別れのメールを送ってしまいました(>_<)
電話番号も消しました。


でもやっぱり凄く後悔して、謝りのメールを何度か送ったのですが、一度も返事がありません。
1週間ぐらい返事がないのは今までにもあったし、諦めてはいますが、まだ少しだけ期待してる自分がいます。
やっぱり彼は私から離れていっちゃったんでしょうか・・・


最初は凄く苦しかったのですが、これで連絡来ないなら別れる、運命だったんだ・・・って思うようになってきました(笑)
でもやっぱり復縁したいです。
私はどうすればいいでしょうか?



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]
残念ながら、彼はもう冷めてしまったようですね。
メールや電話の頻度が減ること自体は、"ある程度"までは仕方のないことです。
恋愛初期は盛り上がって当然ですから。


ただ、まひろさんの別れのメールに、彼は繋ぎ止めようともしない。
そもそもその返信すらしいない。
その後の謝りメールにも返信しない。
完全に冷めてしまったと言わざるを得ないようです。


もし、その後時間がたってメールがあったとしても、そこで何と言われたとしても、繋ぎ止めようとしないばかりか返信もしなかった、この事実こそがまひろさんに対する想いの表れだと思うのです。


そこまでになってしまった気持ちは元通りにはならず、少なくとも、まひろさんが求めるほどまでにはならないでしょう。
復縁したい気持ちもよく分かりますが、仮に復縁できても気持ちの薄くなった彼では幸せは感じられず、結局は辛い思いをするだけということです。


心理学では"転嫁"という言葉を、本来の意味の「罪や責任を他人に転嫁する」みたいな使い方や意味ではなく、ある対象に対する感情がほかの対象に対する感情に及んでしまうという意味で使います。
まひろさんの彼への想い自体も、とても失礼ながら、もしかすると半分は転嫁された幻影みたいなものかも知れませんよ。


既婚者でありながらの恋愛の刺激。
出会った当初の甘い時間の記憶。
それらで味わった忘れられない昂揚感や幸福感。
遠距離という物理的な障壁。
電話やメールをいつも心待ちにして、たまにしか会えない。
その不安と安堵の繰り返しから、また安堵が訪れるという期待感。
その期待感を拭い去れない未練。
捨て去ることへの寂しさ。


それらがすべて彼への想いとして転嫁しまっているのではないでしょうか。
そうなると、彼はより一層理想化され、断ち切ろうとする気持ちのブレーキともなってしまいます。


でも結局は、W不倫の場合、お互いに同じものを求め、同じように想い合わなければ続かないものです。
独身同士に比べて、より一層にその温度差は致命的というものなのですよ。


まひろさんには、彼との時間を想い出に変える事をお勧めします。
相性や好みは、一方のそれだけでは成り立ちません。
そこで受け入れ、そして寂しさを消化しましょう。
勇気をもってその一歩を踏み出して欲しいと思います。


このサイトのカテゴリ

↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」





posted by 星野 純(はじめ) at 23:16| Comment(1) | TrackBack(0) | W不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

心のブレーキを解かないと…

ごくごく個人的な話しですが、先日、お気に入りのショップで財布を買いました。
そのお店はメンズフロアーにあるのですが、いつもよりカップルが多く見受けられました。
もうすぐホワイトデーだからなのでしょうね。

買い物をして、映画でも観て、食事して、そんな普通のデートをしているようなカップルを、この二人はうまくいっているのかな?なんて考えながら見てしまうことがたまにあります。
ちょっと厭らしい性格でもありますよね。

【お名前】 ねね
【年齢】 40〜44
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人

はじめまして。
純さまの、厳しくも優しく的確なアドバイスを読み、勉強させて頂いております。


彼は4歳年下で、職場で知り合いました。
私は既婚・子供なし、彼は既婚・子供ありです。
彼も私も家庭を壊す気持ちは皆無です。


初めて二人で出かけてからは1年半程ですが、知り合ってからは3年程になります。
彼からは、出会ってすぐの飲み会の席で、「ネネさんの事タイプです。」と言われ、面食らいましたが、冗談の一つと受け止め、私への特別な感情があるとは思っていませんでした。


出会ってから、1年程たった頃、彼から飲みに誘われました。
てっきりみんなで行くものかと思ったのですが、二人でどうですかという事で、その時期、彼は激務でしたから、ストレス解消でもしたいのかな。。。と軽い気持ちで出かけました。
雰囲気のいい場所を何件か回り、その中で1度キスされそうになりましたが、そういうつもりは無かったので、お断りしました。


キスをお断りした後もその日は楽しい時間を過ごしました。
その日はずっと、「ネネさん、本当に綺麗ですね。こんな綺麗な人と飲めて夢みたいです。」とか、私の仕事に対する態度を褒めてくれて、すっかり舞い上がってしまいました。
また、仕事に対する思いを色々話してくれるのですが、尊敬できる内容で、とても楽しい時間を過ごしました。


この日があまりにも楽しくて、彼の事は、「良い人」から「相当に気になる人」になってしまい、次のお誘いを心待ちにしてしまう自分でした。
でも、この時点では体の関係を持つつもりはなく、最初は気持が盛り上がってしまうものだし、相手の事をもっと知りたいと思ってしまうものだし、何より不倫はいけない事。と冷静になろうとしておりました。


初めての食事の後、仕事上のやりとりはあり、相変わらず親切な態度で接してくれるものの、それから2ヶ月程、何のお誘いもありませんでした。
断られたりしてみじめな気持ちを持ちたくないので、自分から誘う事はありませんでした。
また半年程して楽しく飲めたらいいな。。。という様な気持ちを持ちつつ、これで終わりがいいんだ。と仕事に打ち込み、気持ちを平静に保つ様努めておりました。


そんな中、また誘われて、出かけました。
その後 彼とは1ヶ月に1度くらいの頻度で会っています。
会えばいつもとても楽しい時間を過ごします。
けんかや口論等は一度もありません。
ただ、最近では、彼の情熱が少し冷めてきた様な気がします。


嫌な言い方かもしれませんが、元々、彼の事を特別な目で見た事はありませんでした。
でも二人で会う様になってからは、私の方が彼に惹かれている様に思います。
こちらからお誘いした事は1,2度しかありませんが、いつも誘いのメール心待ちにしてしまっています。
そういうのって、相手に伝わりますよね。


メールの頻度は、1週間〜10日に一度、会う頻度は1ヶ月に一度くらいです。
こちらから仕事関連等の相談メールを出すと、親切に対応してくれます。
会いたい、とか、私の事好き? とか、もっとメール欲しいという様な事は言わずにいるので、面倒な女とは思ってはいないと思いますが、そろそろ情熱も冷めて飽きてくる頃でしょうか?


細かい事ですが、以前は出張の際、おみやげを買ってきてくれました。
近日中に彼はまた出張に出るのですが、先日会った際、何かリクエストがあれば言って、と言われました。
そのままリクエストをしないでいると、以前は再度メールで聞いてきてくれましたが、今回はその様なメールがありません。


好きになってしまうと、こんな些細なことも気になります。
やはり、男性は、女性を一度振り向かせてしまうと、情熱が冷めてきてしまうものなのでしょうか?
不倫で一年以上経った関係で、男性は女性にどういった気持ちを持って、何を求めるのでしょうか?


事情があり、後1年くらいしたら、別れる状況です。
これから1年くらい付き合って、彼にとって忘れられない女性になることは可能でしょうか?
そうであれば、どの様な態度で彼と接していけばいいでしょうか?


矛盾してますが、一方で、彼が、決定的に私が彼を嫌いになれる、意地悪な事をしてくれて、きっぱり気持を冷ましてしまいたいと本気で思ったりもしてます。
まとまりの無い文章で申し訳ございませんが、ご助言頂けると嬉しいです。




[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

ねねさんの場合、お悩みの根本は、ねねさん自身の恋愛スタンスかも知れませんね。
確かに、既婚者であれば、気持ちが入り込まないようにというブレーキを掛けてしまうと思います。


好かれれば好かれるほど好きになってしまう。
好きになれば好きになるほどのめり込んでしまう。
恋愛心理というのはそういうものですからね。


ただ、ブレーキを掛ける側は、ブレーキを掛ければ掛けるほど、気になってしまうのも心理です。
それとは反対に、相手は、ブレーキを感じれば感じるほど気持ちは冷めていってしまうものです。


>みじめな気持ちを持ちたくないので、自分から誘う事はありませんでした。
>もっとメール欲しいという様な事は言わずに…
>そのままリクエストをしないでいると…


これは、既婚者であるが故のブレーキというより、ねねさんの恋愛のスタンスなのではないでしょうか。
もっとメールが欲しい、これが欲しい、こうして欲しい、こうしたい、好き、会いたい、、、
思ってはいても言葉にはしない。


これをもし「私は自分からは積極的にならないタイプ」と思っているなら、少し違うかもしれませんよ。
ハッキリした言い方をすると、積極的に"ならない"ではなく、"なれない"ということです。
自分の気持ちを素直に伝えることに抵抗があるのかも知れませんね。


そこを一段ずつ掘り下げてゆくと、更に見えてくるものがあります。
照れくさい気持ち。
プライド。
そして、傷つくことへの恐怖。


ねねさんはご自身で思っている以上に、繊細でありナイーブで、自尊心もあり、傷つくことを恐れているのかも知れませんよ。
「素直に表現して、受け止めてくれなかったらどうしよう。」


彼を好きでもブレーキを掛けてしまう。
その歯がゆさから「決定的に気持ちが冷めるような事をしてくれたら楽なのに」と思ってしまうのです。


そんなところも含めて、彼に対しての温度として伝わってしまっているのかも知れませんね。
男というのは、一度女を振り向かせると満足してしまうのも事実ですが、相手が冷めてきているかもと感じると、より一層気持ちが冷めてしまいがちです。


今の状況から脱したい、もっと彼に愛して欲しい、忘れられないくらいに愛して欲しい、ねねさんが本当にそう思うなら、"心のブレーキ"を解くことです。


別れざるを得ない一年後のためにお互いの気持ちを冷ましてゆくのなら、今のままで十分です。
自然と彼の気持ちもフェードアウトに向かってゆくでしょうから。
ただし、それでも尚且つ、"忘れられない女性"を望むのは虫が良すぎます。


もし"忘れられない女性"を一番に考えるなら、もっとストレートに気持ちを伝える事からです。
メールが欲しいなら、そう言う。
そして、メールを待っているのではなく、彼以上にメールをする。
もっと会いたがって欲しいなら、会いたいと言う。
もっと好きになって欲しいなら、好きと言う。
急に変わることは難しいでしょうし、抵抗もあるでしょうが、それが一番だと思います。


最後に一つ。
それで彼が忘れられないくらい好きになってくれたとしても、それは別れる時の辛さと引き換えであることを覚悟しておかなければいけませんよ。


このサイトのカテゴリ

↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」


posted by 星野 純(はじめ) at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | W不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

「ホテル代」

先日、よく行く居酒屋さんで「良い鰊(ニシン)が入荷してるよ」と言われ、塩焼きにしてもらいました。
ニシンは別名で春告魚(はるつげうお)とも言うらしいです。
2月になったばっかりでまだまだ朝晩は寒いですが、確実に春は近づいていますよね。
では今回のご相談です。


【お名前】 かよ
【年齢】 25〜29
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人

はじめまして。
自分と同じ悩みを相談している人がいないか…私の悩みを解決してくれる様な内容のことを書いてくれている人がいないか……探しながら、ネット上の沢山の書き込みを見て来ました。
その結果…「不倫相手とセフレは同じ」・「所詮、都合のいい女」等々…どの質問サイトを見ても、W不倫・不倫の相談への返答に書いてある内容は、そんな感じのことばかり。


そんな内容のものばかりを読んでいると、自分も実はセフレなのでは!?都合のいい女なのでは!?と考える様になり、何とも言えないモヤモヤ感を感じながら、日々生活しています。
前置きが長くなってしまいましたが、私と彼の付き合い方を書かせてもらいますので、それはセフレでしょ!!・完全に都合のいい女でしょ!!等、率直な感想・アドバイスを頂けると嬉しいです。


彼とはW不倫の関係で、お付き合いは4年近く続いています。お互い家庭を壊す気は一切なく、完全に割り切ったお付き合いです。
完全に割り切って付き合っているのなら、セフレであろうが、都合のいい女であろうが別に良いのでは!?…と、思われる方もいるかもしれませんが、私は嫌なんです。
W不倫…許されない事をしてしまっている自覚はありますが、彼の事が好きで、彼も私のことを思ってくれているから、別れ話も出ずにココまで続いてきたのだと、私は信じているので。


付き合い始めからこれまで、彼とは月に1〜2回のペースで会っていて、年に数回ですがお泊まりすることもあります。
彼の奥様が大変お金の収支に厳しい方の様で、お財布チェックされる…とのことなので、毎回のホテル代だけは私が払っています。


月に1〜2回会う時のことを言うと、前の日など、事前に約束して会うという形ではなく、私が会いたいと思った日(当日)に連絡を入れ、彼に予定がなければ会う。といった形です。
彼は、私の誕生日には必ずプレゼントをくれますし、旅行 に行ったから…と、お土産を買ってきてくれた事もありました。


どんなもんでしょうか。
理由があっての事とは言え、ホテル代を出しているのは私。彼にとって「都合のいい女」的存在なのでしょうか…。
男性の中には、セフレ・都合のいい女として繋ぎ止めておくために、プレゼントをあげる…という方もいるそうです。
沢山の書き込みを見すぎて、もうわかりません。
助けて下さい



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

セフレ…
都合のいい女…
確かに、かよさんにとっては、人に言われると抵抗がある言葉でしょうね。
「お互いに想い合っているのに」と。


でも、それはそれで仕方のないことかも知れませんよ。
人に対する想いというのは、他人が推し量れるものではないからです。


自分で自分が分からなくなることもあるくらいの中、相手の想いを自分の願望で捉えてしまうことも少なくありません。
愛している相手には、同じように愛して欲しいと願う。
その愛して欲しいという気持ちは、愛されていると信じたくなる。
盲目になりがちであることも事実ですからね。


当事者同士でも温度差に気が付かないことが多いのなら、尚のこと他人には分からなくて当然です。
セフレと思われたり、都合のいい女と思われることも仕方ないのですよ。
そこで大事なのは、「他人がどう思うか」「どう言っているのか」より、"盲目"ではなく、現実を知ることです。


セフレということに関しては、先月のご相談(セックスフレンド?友達?恋人?)にもある通り、線引きが人によって様々です。
「不倫=セフレ」だと言えばそう。
違うと言えばそれもそう。
それなら、セフレというキーワードで考え込まなくても良いのではないでしょうか。


"都合のいい女"ということに関しても少しお話しさせていただこうと思います。
かよさんは都合のいい女なのか、違うのか。


個人的に言わせてもらえるなら、かよさんは都合のいい女です。
いつもホテル代を払ってくれるかよさんは、彼にとって"都合のいい女"の何物でもありません。


ただ、ここでの"都合のいい"は、彼にとってかよさんが"都合のいい女"というだけではなく、同時に、かよさんにとっても彼が"都合のいい男"なのではないでしょうか。
それぞれが既婚という立場の中、家庭を壊さないことを前提としています。
既婚者だけど恋愛はしたい。
恋愛はしたいけど家庭は壊したくない。
その時点で、お互いの都合が合致しているのですよ。


ホテル代のこともそうです。
かよさんは自分も行きたいからこそホテル代を払うのですよね。
しかも、かよさんが会いたいと思った当日に連絡をして。
端的に言ってしまえば、ホテル代を払えば好きな彼と一緒に居られる、彼に触れられる。


それを含め、それぞれが互いの都合を満たし合う関係で、そこでは二人の関係だけではなく、お互いの家庭は守るという都合も含まれています。
それこそお互いが"都合いい者同士"なのですよ。


かよさんは"都合のいい"というキーワードに、想いを否定されたくない、利用されていると思われたくない、と思い過ぎなのではないでしょうか?
ここは、かよさんが一方的に「都合のいい女と思われているかも」と悩むのではなく、「自分にとっても彼は都合のいい男」「お互いが都合いい者同士」と考えてみるのも良いのではないでしょうか。


それを前提と出来た上で次に考えること。
本当に彼はホテル代が払えないのだろうか?
ホテル代を払うから関係を続けているのだろうか?
たまにのプレゼントで誤魔化そうとしていないか?


これはそれこそ、真意はわかりません。
本当に確かめたいなら、「もうホテル代払えないかも」みたいに言ってみるもの一つの手です。
たぶん彼は、かよさんの気持ちが離れかけているかもと感じるでしょう。
その時の彼の反応は?
その後のメールの内容や頻度は?


次第に彼の愛情を感じられなくなってきたらそれまでです。
逆に、本当に好きなら、何かしら一生懸命になるはずです。


ただここで一つ間違いないことは、これは不倫だからどうこうというのではなく、独身同士の恋愛でも同じだということです。
相手の想いは人が簡単に推し量れるものではなく、だからこそ恋愛が素敵なものなのかも知れませんよ。


今回は不倫という関係が良いのか悪いのかはさて置きの話しになりましたが、かよさんには"セフレ"や"都合のいい"という部分だけではなく、不倫のリスクとデメリットもしっかりと理解した上で、これからを考えてほしいと思います。

このサイトのカテゴリ

↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」



posted by 星野 純(はじめ) at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | W不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ