2017年06月20日

「負った傷の代償?」

東北と北陸を除く各地ではもうとっくに梅雨入りしており、今年は雨も少なく過ごしやすいと思っていましたが、今週水曜からは天気が不安定になるようです。
やっぱり来たか、といった感じですが、30度前後にまでなったり雨が降ったりと梅雨の時期は鬱陶しいですよね。
傘を忘れず、雨に濡れて風邪など引きませんよう皆さん注意しましょうね。

では今回のご相談です。

【お名前】 さおり
【年齢】 20〜24
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 なし

初めまして。お忙しい所失礼します。
復縁の相談に乗って頂きたい24歳女です。


Twitterの趣味仲間で、ネット恋愛をしていた彼(29)と半年間、毎日LINEをする仲でしたが、彼への失言が重なり、元日から無視をされ、音信不通状態でした。
悲しくて彼との繋りを自ら消しました。


3月末、Twitterでその事に触れるような事を載せたら、彼から長文の謝罪が来ました。
それから日が空きながらも、無視した理由(この返事もTwitterで私が悪態つくまで貰えませんでしたが)や、今後も話を出来たらいいなという旨を伝え、向こうからも二回返事を貰えました。(よそよそしく敬語でしたが…。)
「いつかお話出来る機会があればそれだけでも恐縮です。」と言われ、受け入れました。


しかしすぐ仲直りするつもりもないのかな?また他の子達との遊びに甘んじるのかな?と怒りもあり、Twitterで彼にやられた事を告訴する形で以前より酷く愚痴りました。(名前は伏せましたが)
彼も仲間曰く、その時反省したように沈黙したり、最近は共有していた趣味の話もあまりしなくなった…そうです。
相変わらず界隈のリーダー活動とやらに華を咲かせているようですが。


私を無視した翌週には別の女性達と嬉々と食事の約束をしたり、謝罪の翌三日間には上京してオフ会なりを楽しんでいました。
オフ会の幹事をやるくらいオフ会に積極的で、ほぼ女性だらけの界隈でちやほやされるのが生き甲斐で、色々グレーな事をやってますが人気者の彼です。
現状がどうしようもないし情けないし、リア充ならこんな事で悩まなかったろうなぁと思います。


謝罪もして手切れ文を渡された感じですが、彼の本心が見えず苦しんでいます。
寂しそうにも見え、最近体調も崩してるようです。(ざまあみろの気持ちが強いですが)


進展はこのままあるのでしょうか。
Twitterで明るいアピールぐらいしか効果ないのでしょうか?
理不尽な事されてすっごく悲しんだのは私なのに、無理くり楽しそうに振る舞うのも、それはそれでつらいです。
どうしたらいいんでしょうか。
よろしくお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

ご相談内容を拝読して一番最初に感じたこと。
それは、彼との復縁のご相談とのことですが、はたしてさおりさんは復縁を心から望んでいるのだろうか、ということです。


発端がどんな事でどんな感じで今に至ったのかは詳しく分かりません。
ただ、その時の感情が、未ださおりさんにあまりにも強く残っているように感じます。
謝罪を受け入れたと言いながらも、彼にやられたことをTwitterに綴ったり、彼の本心が見えず苦しんでいると言いながらも、ざまあみろの気持ちのほうが強かったり。


ハッキリ言ってしまうと、さおりさんは、本当に彼と復縁したいのではなく、ただ単に、改めて彼に目を向けさせたいだけなのではないでしょうか。
彼との繋がりが失われた悲しみより彼の気持ちが離れていったその悔しさが大きく、その気持ちを収めたい、傷付いた自分の"傷"の代償として自分に目を向かせたい、といった心理。


それだけ傷付いたという裏返しでもあるのでしょうから、さおりさんの気持ちも分からなくはありません。
でももしそうなら、さおりさんが今のお悩みから解放されるのに必要なのは、自分に問いかけてみることです。
「私は彼との復縁を本当に望んでいるのだろうか?」と。


そこで心の底から復縁を望んでいるのなら、彼への攻撃的な気持ちは自分で収めなければいけません。
その時は許せないことだったとしても、その時の気持ちのまま、収まらないままの復縁ならどのみち長続きはしません。
結果、復縁は意味が無いものとなってしまいます。


もし、傷の代償として自分に目を向かせたい、だったのなら、それはそれで考え方を改めたほうが良いと言えます。
前述の通り、気持ちが収まらないままならどのみち長続きはしないのですし、もっと最悪なのは、いつまでも彼が目を向けてくれないことも考えられるからです。


いつまでも彼が目を向けてくれないとなれば、さおりさんは更に彼を責めたくなってしまうでしょう。
そこにあるのはより一層の怒り、憤り、苛立ち。そしてジレンマによる苦悩。
更には、もしその先に復縁があったとしても、復縁と共に収まらないほどに今以上の憤りが積み重なってしまっていて、長続きはしないのは同じです。


であれば、その時間はさおりさんにとって全く不要な時間です。
本来ならある素敵な出逢いを逃し、無駄、無意味な時間どころか、損をするだけの時間です。


改めて言います。
しっかりと自分に問いかけてみましょう。


「私は彼との復縁を本当に望んでいるのだろうか?」
「私の彼氏は彼じゃなければいけないのだろうか?」
「彼を許せずにただ単に執着しているだけではないだろうか?」


そこでの答えが今のお悩みを解決してくれるのではないでしょうか。
今のお悩みから解放されるためにも、しっかりと自分の気持ちに向き合ってみることをお勧めしたいと思います。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 別れた彼が忘れられない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ