2016年11月20日

一年後の別居、、、それはなぜ、、、

今回のご相談は、最初のご相談から数日後にも追記が寄せられ、その順番のまま掲載しています。
ご承知の上、読み進めていただきたいと思います。
ではさっそく今回のご相談です。

【お名前】 いよかん
【年齢】 50〜
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 3人

高校の同窓会がきっかけで2年ほど前からW婚外となっている彼とのことでご相談です。
彼と私は、このままの状態が続いていくのかな?と思っていた矢先、急展開がありました。


先日、同級生の彼が都心から帰省するのに合わせ私も一緒に帰省しました。
お互い実家に2泊し、私の住む街で1泊した夜、ホテルのフロントから「ご家族からお電話です」と連絡がありました。
その直後、彼の携帯に奥さんから電話がかかりました。
お互い家族には実家に泊まると伝えてあり、実家には、友達の家に泊まるから、もし家族から電話があったら遊びに出ていると伝えて連絡が欲しいと頼んでありましたので、このホテルに宿泊してることは誰も知りません。


彼はバスルームに入り電話したので話の内容は聞こえませんでしたが、2時間もの長い電話でした。
彼の話を要約すると、地方都市なので高級ホテルは限られている。奥さんは緊急連絡があると手当たり次第にホテルに電話をかけたらしいです。


1年ほど前から、彼の様子がおかしい事に勘づいており、幸せそうな顔をしていてバレバレだったと鼻で笑われたそうです。
相手も同級生数人に絞っていて、誰なのかを正直言わなければ今直ぐに興信所に電話して向かわせると言われ、彼は突然の事でパニックになっていたのでしょう、私の名前を口にし二人は真剣に付き合っていて一緒になりたいと答えたそうです。
彼女は、私の真意を聞きたいから電話口に出せと執拗に粘ったそうですが、彼はそれだけは出来ないと押し問答したとのことです。


私は、彼が私の名前を出した事に驚愕し、守ってくれなかった事がショックでしたが、自分のしている事は、そうゆうリスクのあることだと腹を決めました。
彼女も、結婚前に妻子ある40代の人と不倫をしており、結婚後も切れる事なく2年ほど続いてた事を彼も持ち出したらしいのですが、そんな前の事を今更持ち出す方がおかしい、感情論では無いでしょと言いくるめられたそうです。
前々から彼女はとても口達者で、普通の人が論破する事は不可能だと聞いていた上に、優しすぎる彼が太刀打ち出来るはずもなく、うまく誘導尋問に引っかかったと思いました。


翌日、電車の時間を待ってる間に、彼女から「今日はどうしても帰って来て欲しくないのでお願いします」とのラインが入り、彼はもう一泊し帰宅しました。
彼は今まで彼女の悪口を殆ど言わない人でしたが、この時は、私が尋ねると、ポツリポツリ話してくれました。
気に入らない事があれば、彼女が運転している時に車から降ろされたり、ずっと口を聞かなかったり、誰のお陰でここまで来れたと思ってるのと言ったり、彼の体調が悪くてご飯が食べられなかった翌日、ゴミ箱に炊飯器の形のままのご飯が捨てられていたりと、常に上から目線の感情の起伏が激しい人だとの事です。


しかし、外面はとてもよく、皆んなに出来すぎた奥さんと言われているそうです。
彼女はモラハラ体質だよ、と認識してもらおうと思いますが、渦中にいる人は、意外と気づかないのでしょうね。
同棲していた二人の結婚式の1週間前に、彼は彼女と暮らすのは無理だと思いアパートを出たそうですが、親が悲しむから戻ってきて欲しいと泣きつかれ、結局結婚したそうです。
私が、「言いにくいけれど、彼女との結婚は、最初から間違っていたんじゃないの?」と言ったら、「僕もそれは、何千回も思った」そうです。


彼の新婚生活は、毎日戦場のようだったと言います。
それだから、男性を立てる家庭に育った私に癒しを求めたのでしょう。
彼が帰宅してから、深夜にラインがあり、昨日の取り返しの付かない失態を取り戻すべく、頑張ってくれたようで、「僕はいよかんを取る」と宣言し、私と私の家族には、子供(成人)がいるときに乗り込んで来られたら困るからという事で、連絡させないように約束させてくれていました。
いきなり離婚になるか、別居になるかは流動的だけど、別居も離婚前提ということで奥さんも納得したとの事です。


なので、私には、好きな人が出来たことは言わずに家を出たらいいと言います。
ただ、奥さんに財産分与した半分のお金で、私の住む地方都市では暮らせても、都心に住むのは難しいとの事で、私にも財産分与してもらったお金を持ってきて欲しいと言います。
私の主人は、三流のサラリーマンでしたので、預貯金も彼ほどありません。
私が親の遺産で買ってもらった中古物件を数年前に建て替えたばかりです。
逆にこちらが慰謝料を払う立場だと思いますし、持ち出せる金額は彼が想定している金額より一桁少ない金額です。


私は、就職している子供二人と同居しており、主人とも価値観は合わないまでも、今の暮らしは私の心変わり以外は何の変化も無いいわゆる平凡で幸せな家庭だと思います。
それらを全てを捨てて家を出るべき決心をするかどうか正直迷っています。
不思議なもので、彼が離婚に積極的になってくれない事に苛立ち不安になっていたのに、実際に彼が離婚する方向に進んでいる今、ふと、立ち止まる自分がいます。
それも、彼女の気が変わり、家族に知らされたら、こんな悠長な事は言っていられないのですが。


主人には、離婚して欲しいと懇願すれば、自分から去っていくような女は、勝手にしろと言うような人なので、協議離婚に応じてくれそうな気がします。
迷っている間は、結論を出さない方がいいのか?
それとも、この2年間ずっと望んでいた彼との暮らしに向かって前進するべきか、星野さんのアドバイスをいただければ幸いです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

星野さま、私自身も混乱しており、一度にまとめて送信できなくて申し訳ありません。
奥さんの一番のこだわりは、やはり娘さんのことです。
都内の高級住宅地に住んでおり、離婚するとなると家を売却しないと財産分与が出来ません。
娘さんが育った家でもあり、せっかくここまで大きく育てて来たのだから、高級住宅地に住むお嬢様としてお嫁に出したかったようです。
彼も、娘さんのことを言われるのが、一番胸が痛むと言っています。
親としたら当然の気持ちだと、本当に申し訳なく思います。


帰宅後、奥さんが別室で寝るようになり、家庭内別居状態が始まったようです。
今まで彼が我慢してきて穏便に済ませて暮らしていただけに、彼が自分の意志を曲げない発言をすることで、ケンカになることもあるそうですが、奥さんの機嫌が悪く険悪な雰囲気になることには慣れているから心配いらない、大丈夫だからね、いよかんが家に居づらくならなくて本当によかったと言ってくれます。


彼に、「奥さんに謝って許してもらえるなら、私のことは気にせずに、そうしたらいいんだよ」と言いました。
もし彼がそうする事を選択したのなら、辛いけれど受け止めなければいけないと思っていました。
しかし、彼は、「私を手放すことは出来ない、奥さんにバレて、逆に良いきっかけになった。私を取ると宣言した事で一歩前に進んだ」と言ってくれています。
実際に離婚するまで、紆余曲折はあると思うけど、少しずつ前進しているから、決して焦れずに待っていて欲しいとの言葉をもらいました。
そして、彼が別居、離婚をしてから、私が好きな人が出来たことは伏せて家を出るための行動を起こせばいいと言ってくれています。
そんなに私にだけ都合よく事が進むとは思えませんが、彼の気持ちはとても嬉しく感謝しています。


先日、仕事を終え、突然の雨に降られて帰宅した彼が家に入ろうとしたら、内鍵がかけられており、インターホンを押すと電源を切られ、電話をしても無視され、彼は1時間あまり何処からか家に入れないか模索した挙句、セキュリティの解除でようやく家に入れたらしいです。
翌日、昨夜は帰宅してから1時間以上経ってから着替えてたみたいだけど、なんかあった?と聞いたら、言い淀んだ挙句に話してくれました。
私は胸がしめつけられるようでしたが、彼は初めての事じゃないから、これぐらい平気だよと笑っていました。
「今日は家の鍵が開いてますってライン入ってたよ」という彼に、「当たり前じゃない!」と、私の方が腹が立ってしまいました。


セックスがあった10年ほど前も、早くして!と急かされてのセックスだったそうです。
彼が、事あるごとに、私といると癒されると言う意味がわかった気がしました。
今まで辛い思いをしてきた彼を幸せにしてあげたいと心から思います。


彼は、奥さんと1年後を目処に別居をするつもりだと言います。
なぜ、1年後?と腑に落ちない私に、自営で奥さんが経理をしている仕事のこと、就職したばかりの娘さんが研修で地方都市に行っており、年末に帰ってくること、娘さんが結婚する時に片親で送り出したくない気持ちがあること、などを話してくれました。
私は、親心としてその気持ちは分かりますが、娘さんは結婚の予定は全くない状態ですので、このままの状態でずっと待つ自信はないと言いました。


彼は、焦れないで待つんだよ。今まで出来ないことを口に出したことは無いから、口に出すという事は、1年後には別居する、そう決めているからなんだよと言います。
結婚しなければ、しないんだから、そこで、離婚しても大丈夫になるんだよ!
いよかんとのことは、ちゃんと考えている。
口先だけうまいこと言って安心させる男とどっちがいい?
毎日、何十通もラインしてるでしょう?連絡無くて待つんじゃないよ。
待ってても、いつも繋がってるんだよ。ずっと支えてあげるから。
そう言ってくれます。


確かに彼は、今まで約束を破った事はありません。
本当に彼と一緒になりたいのなら、1年くらい待てなくてどうするの?と自分に言い聞かせますが、もう直ぐ還暦を迎えるふたりですので、人生の残り時間が少ないと思うと、早く結論を出して欲しいという気持ちになります。
そういう私自身の方は、何も知らない家族と、平和な暮らしをしています。
価値観の違う主人よりは、彼といる時間は本当に心から癒され、ただただ幸せです。
人間として、心から尊敬しています。


でも、彼が決心したら私も今の生活を全てを捨てる覚悟をしなければなりませんが、今ひとつ実感が湧きません。なんだか、現実味が湧かないのです。
本当に、何もかも捨てて彼のところへ行けるのかどうか?
お互い離婚をするけれど、彼は再婚はしない事実婚を望んでいます。
そのことも、私にとっては不安材料でもあります。


正直、私自身の決心がつきかねているようにも思います。
彼の家庭を壊してしまった責任を取らなければ、と思う反面、成人しているとはいえ、結婚していない私の子供ふたりの親としての責任を放棄してしまうことに罪悪感を感じずにはいられません。
その時が来たら、そうせざるを得なくなり、決心がつくのか?
私自身の本当の気持ちが分からなくなるのです。
この先、どのような心の持ちようで、1年後を迎えたらいいのか、星野さんにアドバイスをいただきたいと思っています。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

ご相談内容を読み進めてゆく中で、ここが全ての根底だと感じたところがありました。
まず一つは、"1年後に別居"です。
いよかんさんも腑に落ちていないところでもあるでしょう。
「なんで1年後なんだろう」「なんで別居なんだろう」と。
そしてもう一つあります。
それは、"事実婚"です。


この二つは彼の根底となっているところからくるもので、根本は同じです。
彼の出した現時点での二つの方向性と拘りは、いよかんさんが望むものとは違うでしょうが、これが彼の価値観と思いの表れです。
これはズバリ、今後いよかんさんにとっては障壁となる部分です。
それは、いよかんさんが1年待てるか、その先も待てるか、事実婚を受け入れるか、という形上の障壁だけではありません。
彼の価値観と思いを、しいては彼を、更には、後に触れますが奥さんの思いを、いよかんさんが消化できるのかどうか、という障壁です。


不倫が露見し、それがお互いを知る同級生であることまで露見し、離婚の意思まで言葉となった。
全てが明らかになってしまったのに、その上で出された方向性は別居。
しかも1年後から。
更にはその先は事実婚。
これが彼の紛れもない思いの表れです。


まず、娘を片親で嫁がせたくない、というのは親であれば当然ながら、それが一番の思いではありません。
一番は、家族という"繋がり"を壊したくない、という思いでしょう。
離婚によって今までの家族という括りとは変わっても、離婚しても気持ちの中では家族という繋がりとその距離感は今のままであって欲しい、という思い。


彼は、いよかんさんが想像する以上に今の家族への家族愛が強く、家族という繋がりと距離感は壊したくないと思っているでしょう。
だからこその、"事実婚"です。
言葉にすると酷ですが、家族という括りは今の家族、というのが彼の思いなのではないでしょうか。


とりわけ娘さんには嫌われたくない気持ちもあり、だからこその"1年後の別居"です。
1年間は猶予期間のようなものです。
娘さんが拒否反応を示して繋がりと距離感が壊れないよう、全てをいきなり理解してもらおうとするのではなく、少しずつゆっくりと分かるようにしたい。
その上でも、離婚への秒読みではなく、離婚よりはいくらか受け入れられやすいであろう別居というところからなのですよ。


しかもこれは、彼の思いだけではなく、奥さんと出した答えです。
不倫を知り、相手は知っているいよかんさん、離婚したいとまで言われた奥さん。
気に食わないと車から降ろすくらいに気が強く、セックスで急かしたり、内鍵を掛けたり、ホテルに電話を掛けまくるくらいの奥さん。
そんな奥さんなら、「今すぐ離婚でしょ」と言い張りそうなもので、そう言ったら譲らないでしょう。


奥さんも親や親族に対する目などもあるかも知れませんが、「イヤはイヤ」で通してきたであろう奥さんです。
そうなれば、彼にどれだけの思いや考えがあったとしても、奥さんの言葉を跳ねのけるのは非常に困難であることは想像に容易いとも言えます。
仕事上云々も決定的な理由にはならないように思います。
となれば、奥さんも彼と同じ思いということでもあり、彼も奥さんも、「本来は離婚は望まないが、今となってはまずはその方向性だよね。」というのが、現時点での話しといったところでしょう。


いよかんさんに対しての彼の想いを否定するつもりはありません。
子供を含め家族という括りを大事に思うことを否定するつもりもありません。
また、先の話しでもあり、確かとは言い切れないながら、彼に離婚の可能性が出てきたのも事実です。


そこでいよかんさんが二の足を踏むのなら、それが彼に対する想いの深さだとも思いませんし、そう思う必要もありません。
いよかんさんが不安に思うのは、いままでお話しした通りで、そう感じて当然だからです。
どれだけ望んできたことでも、いよかんさんだって家族という繋がりを簡単に失う決断はできないでしょう。


全てを捨てて彼との可能性に掛ける、という気持ちで、且つ、環境や状況も許すのなら別ですが、今は何もしないことです。
何も進めないことです。
1年間を自分にとっての期間だと思うことですね。


もしその間に気持ちが変わるようならそれはそれ。
良くも悪くも今すぐの話しではないのですから、この1年間は、彼の今後を確認する、そして自分の気持ちを確認する、その上でその先をどう進んでゆくかを少しずつ考えてゆく。
そんな1年のつもりで良いと思います。


その思いをそのまま彼に伝えるというのも一つの手かも知れません。
もしそこで彼がトーンダウンするようなら、それはいよかんさんと一緒になりたいがための今の彼の方向性ではなく、もともと奥さんと別れたかったから、不倫を知られてきっかけが出来てしまったから、という結果での方向性ということです。


1年間、いよかんさんが何も進めないことを咎められる筋合いも、そこを気にする必要もありません。
なんせ、不倫がバレたにも関わらず、離婚ではなく別居であり、しかも1年後からであり、その後もしうまくいっても事実婚、という、二の足を踏んで当然の事柄を受け入れようとする側なのですから。


今のところは、実際に別居してから考える、くらいの気の持ちようで良いと思いますよ。
決して悩む期間ではなく、確かめる期間です。
ご自身の先々の幸せを、その幸せに続く道を、しっかりと確かめて欲しいと願っています。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 不倫がバレた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444168790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ