2015年12月06日

「ケジメをつける時」

いつも当恋愛相談室にお越しいただきありがとうございます。
ご相談いただいている皆様にはいつもお待ちいただいており、更にここ最近は特にお待たせしてしまっていて本当に申し訳ありません。
実は忙しいばかりか、パソコンの調子が悪くなり、慌てて新しいパソコンを買ったものの、そのパソコンが使い勝手が悪く、今回も悪戦苦闘しながらの更新なのです。
ペースUPしてゆきたいところですが、ご容赦いただけると幸いです。

では今回のご相談です。

【お名前】 こあら
【年齢】 45〜49
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 2人

いつも相談室を読ませていただてます。お世話になっており ありがとうございます。
約4年半前2010/3/25にお世話になりました こあらです。
再び ご相談したく そして 星野さんのアドバイスで今後の覚悟を決めていきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。


あれからも 彼とのお付き合いは続いております。
約3年半前に彼の下の子が二十歳 私の下の子が大学生になれば お互い離婚し 再婚したいと伝えました。
彼の返答は 一緒になりたいと思っている。離婚するとの事でした。
彼は その時点で離婚の話しはいつでも出来ると言ってましたが 私はお互いの子供達が巣立つまで 育てたいと申し受け入れてくれました。


今年の春 次男が県外で大学生となり巣立ち (長男も県外にいます)
彼の家庭も 子供達は自宅ですが 社会人になり 奥様もパートに行き家庭での役目は やっとお互い最低限は終了したと思ってます。


今年3月になって彼は 奥様に離婚を申し出ましたが 奥様は子供達が結婚したら離婚に応じると 彼は そんな期限がわからないのに 気持ちがないもの同士 一緒にいる事は無理だと言ったと話してくれました。
5月に彼は離婚届をとりにいきましたが (奥様にはまだ渡してないみたいですが)それと 重なって 彼は仕事と町内の役でとても忙しくなり 進展もなく 奥様にも話してる様子も 私にも経過の話しもありません。
彼は 自分が離婚するまで 私に動く事はないって言ってますが (私 卑怯ですよね?彼の逃げ場かも?)私は 主人に彼が離婚したら一緒になりたいと伝えてはいます。


2年前に愛犬を1年前にまた愛犬を迎え 子供達が巣立った2人だけの家庭に2匹の愛犬がきてから 癒しが出来ました。
主人との関係や 会社内も落ちつき 人生このままでも 割り切って やっていけそうな気持ちも正直あります。
彼から 今年一杯 何の話しもなければ 再婚を諦めて 別れを選ぶ事は 私にとって苦悩で辛いと思いますが
受け止めて乗り越えるよう覚悟はしてます。
(再婚を諦めての お付き合いは出来ない性格です。)


一度 彼に離婚の意思はないと思い 話し合いの末 彼の離婚の意思が強いと感じた為に続けてきた関係です。
もう彼とは10年です。 ケジメをつける時だと思ってます。


彼が離婚に向けて 私から本格的に動いて欲しいと伝えて 約1年経とうとしてます。
忙しく動く彼に 今年一杯の期限を伝えるべきか…。
伝えても また 彼の言い分に負けて 今の繰り返しになるのではないか?もう 私の中で解決するべきか?
信じていく事も もう疲れてきましたし 彼に整理する充分な期間も渡してきました。


ダラダラと長文になりましたが 彼の立場からみて 私に彼はどうして欲しいと思いますか?
彼は離婚をためらってるのでしょうか?
このまま黙って待っていて欲しいのでしょうか?
そして 私の期限を決めての関係は ひどい裏切りで間違ってるのでしょうか?
星野さんの アドバイスをよろしくお願い申し上げます。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

「今年いっぱい」という線引きであれば、もう少し早くアドバイスさせていただきたかったところですが、前述のとおりで申し訳ありません。
結局は今、どうされているのでしょうか。
たぶん、彼には何らかの"線引き宣告"のような話しはされていることと思います。
それはそれで良いと思います。


逆に、何も話していないのなら、しっかりと話しをするべきです。
こあらさんの今の、"半ばあきらめモード"をも含める気持ちは、言葉にしなくとも彼には伝わっているかも知れませんが、そういったマイナス面でのテンションは、ハッキリと言葉にすることで思った以上に相手に影響を与えるものです。


そこでの相手の反応は単純に言えば2パターン。
目の前の相手を失いたくなくて離婚に向けての"行動"を加速させるか、相手のマイナステンションに共振して自らのテンションも下がってしまうのか。


ここでの違いこそが、どれだけ相手を失いたくないかの"想いの深さ"のように一般的には思われやすいところですが、本質的な意味ではちょっと違います。
離婚を大前提にする場合は、結果として離婚が進まなければ、仮にいくら想いが深くてもその想いは何の役にも立ちません。
それどころか、見切りを付けようと思った時、"踏ん切りを鈍らせる要素"になり、"踏ん切りを遅らせる自分に対しての言い訳要素"にすらなってしまいます。
こあらさんが言う、「ケジメをつける時」と本当に思うのなら、想いは伝えながらも、強く突き放すくらいのほうが良いと思いますよ。


以下、こあらさんのご相談内容に沿ってお答えします。
>忙しく動く彼に 今年一杯の期限を伝えるべきか…。
まだそれを言っておらず、もしこのタイミングで言うのなら、"今年一杯"という期限は早過ぎかも知れません。
これは彼に与える期間として短いというだけではなく、それをこあらさんが自分に対する言い訳にしてしまいたくなるからです。
期限を切ることは良い事です。
ただ、こあらさんがそこで本当に見切れる、気持ちの整理がつく期限であるべきだと思います。


>伝えても また 彼の言い分に負けて 今の繰り返しになるのではないか?
ここはこあらさんの"意志の強さ"でしかなく、繰り返さないためにも「本当に見切れる、気持ちの整理がつく期限」を自分自身に擦り込むしかありません。


>もう 私の中で解決するべきか?
こあらさんの中だけで解決しようとすると、後々、「彼の事情も気持ちも分からずに私が勝手に決めてしまったこと」と、自分に対しての言い訳にも繋がりかねません。
彼とはしっかりと話した方が良いと言えるでしょう。


>期限を決めての関係は ひどい裏切りで間違ってるのでしょうか?
彼に対しての"線引き期限宣告"は裏切りでもなんでもなく、逆に必須だと思います。


>彼の立場からみて 私に彼はどうして欲しいと思いますか?彼は離婚をためらってるのでしょうか?このまま黙って待っていて欲しいのでしょうか?
彼がこあらさんから言われたい言葉はこうです。
「離婚できたらそれはそれでそれがベスト、でも、仮に離婚できなくても可能性がゼロじゃなければ待っていたい」


如何でしょうか。
ここから先は、こあらさんが決めることではありますが、個人的には、こあらさんが本当に気持ちを切り替えられそうな中での"最短の期限"、その期限を"強い意志で迎える覚悟"が一番大事なところだと思います。


〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 再婚を目指す不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
星野様に報告したい事があります。長年に渡りアドバイスをいただきありがとうございました。
あれから 彼は中途半端な行動しかしますんでした。
奥様と話し合ってはくれましたが 最後の詰めは 先延ばし状態で また いつものパターンとなりつつあったので 私の方から 見切りをつけさせていただきました。丸10年もの間 色んな葛藤がありましたが ケジメをつける事ができたのも 後悔ないのも 星野様の真摯なアドバイスがあったからです。
本当に ありがとうございました。
そして 今 私は 心の波もなく 穏やかに毎日を過ごしております。
星野様に感謝を込めて 本当にありがとうございました。

こあら。
Posted by こあら at 2016年06月13日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430795325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ