2015年08月30日

不倫10年での堂々巡り

本日のご相談は、追加メールが途中でありました。
あえて編集しないままいただいた順番通り掲載しますので、内容が少しだけ前後しますがご容赦ください。
ではさっそく今回のご相談です。


【お名前】 じゅん
【年齢】 45〜49
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人

星野さん はじめまして。
最近このサイトを知り思い切って相談させていただきます。


相手の気持ちというか、本音?がよくわからないのです。
私46才で高校生2人の子供がいます。彼47才子供なし。2人とも既婚者です。
彼とはサイトで知り合い不倫の関係になってから10年たちます。


最初の頃は、私が都合のいい女だからだろうとかセフレなのかな、とか 色々考え悶々としました。
彼にぶつけても当然そんな事ないって否定しますしね。
でも、結局は彼も私にとって都合のいい男なわけです。
家庭は守りたいし、彼の家庭も壊すつもりもないのです。
星野さんの言うところの同じ着地点を見てるからこそ続けてこれた関係なのでしょう。


月に一度くらいしか会ってないですが、会えれば嬉しいと思うし愛しい気持ちで一杯になります。
ただ、同じくらい虚しい気持ちにもなり…最近は特に。


なぜなんだろう?
何も言わないけど彼も同じ気持ちになることがあるんだろうか?
だったら、もう会わない方がいいのかな?と今更堂々巡りです。
星野さん、何だか言いたいこともわからなくなってきました。
アドバイスして下さるとありがたいです。

--------------------------------------

すみません。
読み返してみると彼の情報が無いに等しいことがわかりました(-ω-;)


彼はマスコミ関係の営業マンです。
妻と2人で暮らしていますが夫婦関係はいいようで、よく旅行にも行くみたいです。
性生活はたまにあるとのこと。
子供は妻が産みたくないと言ってるのでいません。
スポーツマンでバイタリティのあるタイプかな。


彼の自己申告によれば不倫は初めてだと。怪しいですけど(笑)。
私のことは、好きだし一緒にいると和むそうです。
それはどういう意味なんですかね?
彼より私の方が想いが強くて虚しい気持ちになるのかな?



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

>何だか言いたいこともわからなくなってきました。
このじゅんさんの言葉が全てを物語っているように感じました。
たまに押し寄せる漠然とした虚無感。
同じ着地点を見ながらの関係で、成り立っているのは分かっていてもなぜか悶々としてしまう。
冷めてきたわけではないが、このままでいいのか、と考えてしまう。


これは俗に言う"マンネリ"というところでしょうね。
関係が10年続いている今、段々と当初の新鮮さは無くなってきているでしょう。
そもそも恋愛は、新鮮であるうちは刺激的なものです。
当初、家庭という平穏な毎日の中での彼との関係は、新鮮であり、刺激があり、まさしく「恋愛をしている」という実感も、そこでの幸福感も大きかったでしょう。
それがずっと続くのはほとんど稀で、時間と共にそれらが薄くなってしまったのですよ。


でもそれは仕方のないことで、例えじゅんさんと彼との関係が、不倫ではなく夫婦だったとしても同じです。
ここが今のじゅんさんにとっての"気持ちの落としどころ"なのではないでしょうか。
じゅんさんの今のお悩みの根本は、不倫という関係である事以前に、男と女としてのマンネリなのですよ。


闇雲に不倫を勧めるつもりはありませんが、リスクもデメリットも承知の上でなら、そしてお互いが同じ着地点であるのなら、不倫もメリットが無いわけではありません。
家庭では味わえない"恋愛"という刺激を得、繰り返される日々の中で活力となり、しいては家庭円満の潤滑油にだってなり得ます。


ただ、それもマンネリになると、メリット感が薄くなる分、元々のリスクやデメリットも大きく感じられるようになり、それが不満を膨らませます。
そうなると矛先を相手側に向けるようになってゆきます。
本当に愛してくれているんだろうか?


これは、当初のような"愛されている感"を求め、それを感じたいという欲求の表れです。
そして、自分を盛り上げてくれないことを不満に思い、自分の下がり具合は相手のせいだと考えるようになってしまいます。
じゅんさんが悶々としている今、それを盛り上げてくれることを彼側にだけ求め、思い通りではない彼の反応なりを責めるのは間違いなのですよ。


男と女、温度の下がり具合は連鎖するものです。
お互いの温度はお互いが上げていかないと。


そこまでして今後も関係を続けるか否か、、、
それは"彼への想い"にかかってきます。
シンプルに考え、じゅんさんは彼をどれだけ想っていますか?
彼を尊敬できますか?


"一緒に居続ける価値"が、"不倫のリスクとデメリット"を、どれだけ上回るのか。
今一度しっかりと考えてこの先進んでくれることを願っています。



〜〜〜このサイトのランキングカテゴリをクリック〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




posted by 星野 純(はじめ) at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 不倫の苦悩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アドレスありがとうがざいます。繰り返し読み返して思い巡らしているところです。彼のズルい部分が見えても、自分の姿を鏡で見せられている気がして。
彼にも改めて自分の気持ちを伝えたいと思います。
もう少し時間がかかりそうですが報告させて下さい。
報告の前に再度の相談かもしれませんが(-ω-;)
Posted by じゅん at 2015年09月05日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ