2013年12月28日

「嫁はどうでもいいけど子供が…」

今年もあと数日ですね。
個人的には時間に追われやり残したことも多く、中途半端な感じで終わってしまう一年となってしまいました。
皆さんは充実した一年でしたか?

では今回のご相談です。

【お名前】 れい
【年齢】 30〜34
【独身/既婚】 独身
【恋愛経験】 不倫経験 1人

はじめまして。
不安で押し潰されそうで彷徨っていて、こちらのサイトに辿り着きました。
これまでのご相談内容と、すごく的確で優しさに溢れたアドバイスに感動し、私も相談させていただきたいと思いました。
読みにくい部分もあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。


現在お付き合いしている相手は、13歳上の既婚者(子供3人有)です。
3年前に、ストレスケア系の病院に入院中に、お互い患者同士として出会いました。


その頃、私には片想いの相手(独身)がいて、よく相談にのってもらっていました。
片想いの方は、結局告白して振られたんですけど、その時心配して側で励ましてくれたのも、今の彼です。


退院してからも、しばらくは不安定な状態が続いていた私を、先に退院して社会復帰した彼が、いつも側にいてくれました。
時々、二人で会うこともありましたが、私には彼を男性として意識することはなく、会う場所も、退院した病院のロビーや公園といったところでした。


ある日、私が失恋して落ち込んで引きこもっていた時に、車で外に連れ出してくれました。
そして、その夜車の中で告白されました。実は入院中から好きだったと。


私は何故かすんなり、その告白を受け入れていました。
不倫なんてありえないと思っていたのに。
それから、喧嘩…というか、私が彼の機嫌を損ねてしまうことが度々ありましたが、約2年半仲良く過ごしています。


彼は、奥さんと上手くいっていないらしく、極稀に愚痴をこぼします。
もう愛情はないと。でも、3人のお子さんは、すごく大事にしています。
というのも、彼自身が幼少期の親の愛情にあまり恵まれなかったようで、自分は子供に同じような思いはさせない、と決めているようです。


私と一緒になる、一緒に暮らす、という話も出たことがありましたが、結局は子供を理由になくなりました。
子供が理由だと、それ以上私からは何も言えません。
一番下の子供が高校卒業したら、自分の役目は終わるから一緒になろうと言っています。


私は子供が産めない身体なので、それでも良いと思っていました。
同じような病気で入院していたこともあって、私の病気の唯一の理解者(家族も含めて)でもあるからです。
それでも普通の恋人同士ではないし、寂しくて我慢することも多いです。


付き合う前や、付き合いたてに優しかった彼。
今も充分優しいですが、会う場所はいつもホテル。
ホテル代も割り勘で、食事もコンビニ弁当ばかり。
誕生日のプレゼントも食事も何もありませんでした。


サラリーマンで、お小遣いの中でやりくりしなければいけないのは分かっています。
モノが欲しいわけでもないんです。
それが当然みたいになってて、私は彼のなんなんだろう…と不安で苦しくなります。


先日、不安で携帯に電話してしまったのですが、当然出るはずもなく。
その後、嫁はどうでもいいけど、子供との間を引き裂くようなことがあれば、俺たちの関係は終わるから、というメールがきました。


私は、彼の家庭を壊したいわけではないんです。
ただ、一緒になろうと言ってくれた時の気持ちは、もうないんだなと悲しくて仕方ありませんでした。


同じ気持ちのままで居られれば、待つことも苦ではありませんでしたが、今の状態ではあと7〜8年も待ち続けられません。
別れることが正しいと考える反面、彼を失いたくなくて辛いです。


ちなみに、彼は私が別れたいと言えば、私の幸せを考えて、自分は身を引くと言っています。
なので、引きとめられることも、その後知人として会うこともなくなります。
そんなことを言うことが、すごく悲しいです。


私はどうしたらいいのでしょうか?
長文な上に、取り留めもない文章ですみません。
よろしくお願いします。



[ 星野 純(はじめ)のアドバイス ]

>私はどうしたらいいのでしょうか?
そう聞きながらも、どう言わるかはれいさんも分かっていると思います。
また、日々の苦悩、葛藤の中、れいさん自身でも答えは出ているのでしょう。


やはり、別れたほうが良いことは間違いありません。
それに向け、れいさんに足りないものは、別れに踏み出す勇気です。


多分れいさんは、繊細な心を持ち、且つそれは脆いものであり、ご自身も知っているところでしょう。
だからこそ、別れの寂しさ辛さが分かるからこそ、別れに踏み出すことをより一層思い留めようとしてしまうのでしょうね。


それを打ち消すためには、"現実"を受け止め、それを改めて冷静に受け入れる必要があります。
ここで言う"現実"とは、大きく言うと二つです。
一つは彼との想いの温度差。
もう一つは一緒になれる可能性です。
それぞれ、れいさんも感じていることでしょう。


れいさんには酷だと思いますが、それでもあえて言葉にさせていただきます。
会う場所はいつもホテル。
しかも割り勘。
コンビニ弁当ばかりで、誕生日も食事無し、プレゼントも無し。
ここまでくると、お金の問題だけではないのは明らかと言わざるを得ません。


また、そんな状況の中、抑えきれない不安から思わず掛けてしまった電話。
そこでの対応からも、彼の想いと先々の可能性の低さを感じずにいられません。
電話せずに居られなかった、そんなれいさんの気持ちを気遣うことが無いばかりか、自分の都合で答える。


しかも、れいさんが何も言えなくなるのが分かっている子供のことで。
「子供との間を引き裂くようなことがあれば、俺たちの関係は終わるから」
この返事にれいさんが悲しんだのもよく分かります。


これなら、「今の状態ではあと7〜8年も待ち続けられません」と、れいさんが言うのも当然です。
しかも、最初の頃はどうであれ現時点では、仮に待っても一緒になれる可能性はほとんどゼロに近いのですから。


既婚男性と独身女性の不倫の場合、「子供が大きくなったら離婚する」は男の常套句です。
子供が大きくなるまでの10数年間、または数年間、それを待って本当に離婚するパターンは、残念ながらほんの数パーセントしか居ないでしょう。


最初からそもそも本気で離婚するつもりが無く、言葉だけであることがほとんどで、もし最初は本気でも、それは恋愛初期にありがちが盛り上がってのことで、付き合っているうちに冷静になって離婚する気が無くなってゆく。
仮に離婚する気持ちがあっても、女性が耐え切れずに離れてしまいそうになったとき、思いとどまらせるように一生懸命説得するのが既婚者側の想いの伝え方であり、想いの深さなのではないでしょうか。


同じ既婚男性から言わせてもらえば、「子供が…」というのは、ハッキリ言って"言い訳"です。
もし言い訳じゃなかったとしても、「お前の幸せを考えれば…」と、別れを容認するかの如く言うのは"詭弁"です。


7〜8年で離婚できるのなら「7〜8年我慢してくれたら、その後、その分幸せにするから」「それだけ幸せになるんだから」「別れて他の男と結婚できたとしても、一番幸せにできるのは俺なんだから」みたいに必死に繋ぎ止めようとするか、それでも離れていきそうならさっさと離婚してでも繋ぎ止めるのが本当の想いだと個人的には思うのです。


しかも、そこまでの言葉があってでも、最終的には離婚にまで至らないのが現実です。
れいさんの彼の場合、その言葉すら無いのですから、限りなく"ゼロ"に近い、となってしまうのです。


ここまでハッキリ言って申し訳なく思います。
でも、れいさんが当初の甘い時期に戻れる可能性を感じているうちは前には進めません。
これからこの先、一緒になれる可能性を期待しているうちは前には進めません。
これが残念ながら現実であり、この現実を冷静に受け入れて欲しいとの思いでお伝えしていると理解してくれると幸いです。


これだけ彼のことを想えるれいさんなら、これからもきっと素敵な恋愛が出来るでしょう。
新しい出逢いを逃さないためにも、別れに踏み出す勇気を持って欲しいと思います。


〜〜〜〜このサイトのランキングカテゴリ〜〜〜〜
          
男の本音・男心へ    秘密の恋愛へ

不倫・婚外恋愛へ    恋愛ブログへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




posted by 星野 純(はじめ) at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 不倫を終わらせる勇気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383747656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ