2012年06月03日

限られた範囲の愛

先月、あるモデルが彼氏と喧嘩になって路上で暴行を受けたという報道がありましたね。
どんな事情や流れだったとしても、女性に対する暴力は決して褒められることではありません。
個人的にもDVを擁護するつもりもありません。

ただ、そのとき男性が言った言葉。
「こんなんで別れたら、俺は絶対、お前を許さない!絶対に別れねぇ!」

これが心の底からの本当の言葉なら、二人がうまくいくのかどうか、幸せになるのかどうかは別にして、そこまで愛している、という気持ち自体は、分かってあげたいような気もします。
「罪を憎んで人を憎まず」みたいな感じでしょうか。

では今回のご相談です。

【お名前】 じゅん
【年齢】 30〜34
【独身/既婚】 独身(離婚歴あり)
【恋愛経験】 不倫経験 なし

はじめまして。
4年続いた不倫に終止符を打ちたいと思い、まずは自分を客観視しようといろいろなサイトを徘徊するうちにこちらにたどり着きました。
自分の決意がぶれないように誰かに打ち明けたく、また、後押しをしていただきたいと思いメールさせていただきます。


彼は5歳年上の3人の子供のいる妻帯者です。
4年前に知り合い、半年間口説かれ続け不倫は嫌だと思いつつも身も心も許してしまいました。
最初から彼は離婚するつもりがないといっていたので、私がそこを踏まえ受け入れて・・・のスタートになります。


月に3,4回のデート。
泊っていくこともあるし旅行にも行きました。
家庭のことについては私からはなにも触れず、私には結婚願望もなかったので、ただ同じ時間を共有し、大好きな人と一緒にいられたらいいとおもいやってきました。


途中で一度奥様にもばれたようでしたがそれでも、彼はずっと私のところにきていました。
どんどんどんどん好きになり、のめり込み連絡をまつ日々。
つらくなって別れてみたりもしましたがすぐに彼はよりを戻したがり、私もそれを拒めずに結局関係は続きました。


基本的にこちらからは連絡せずいつも彼からの連絡です。
突然、今から・・と当日にいわれたり真夜中だったり。
可能な限り、私は彼との時間を優先しました。


ケンカや私が不満をぶつけるたびに彼はいつも、お前がつらいならもういいよ。
もう、仕事も手に付かない!しばらく距離を置きたい!などと言い、結局、私が折れて問題解決できないまま・・
今思えば、そうしてどんどん自分を格下げし、彼にとっての都合のいい女になっていっていたような気がします。


一度、彼のほうからも別れを告げられたことがありその時は、私が受け入れることができず『セフレでいいから一緒にいて』と懇願し、半年ほど会ってはやるだけの関係にもなりました。
その時は、辛くなって私からキッパリと別れたのですが、しばらく音信不通ののちある日、彼が突然家に来ました。
今度こそ大切にするから。。。他の女じゃダメだ!
半信半疑のまま、それでも未練があった私はよりを戻してしまいました・・・


それからすでに一年が経ちました。
いろいろその間にもありましたがなんとか乗り越えてきました。
彼は私を癒しだといっていました。
なんでも話せる、心許せる存在だといっていました。
もし、家庭がなかったら。。。といっていたこともあります。
どこれもこれも常套句ですね。


先日、久々に彼が泊って行ったのですがそのとき、やることだけやってさっさと寝てしまう彼をみて・・
そして、夜中に飲み屋のホステスからと思われるメールが来たのを見てすべてが空しくなりました。
(携帯に表示される設定になっていたので見る気がなくても見えてしまいました)


今まで、気がつかないようにしてきたこと、認めようしなかったことがようやく見えました。
目が覚める、とでもいうのでしょうか。
今なら断ち切れそうな気がしてその決意を強めるため自分の状況、相手の本心。
うけいれてこなかった、目をつぶってきた事実にようやく目を向けられるようになりました。


4年という歳月。
忘れるのは容易ではないと思います。
けれど一歩踏み出さなければ、何も変わらない。
ようやくそう思うことができました。


さらに前に進めるように、もう2度と繰り返さないようにどなたかにカツを入れていただきたい、未来のためにアドバイスをいただきたいと思い、思い切ってメールしました。
お忙しいところ申し訳ありません。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

このご相談をいただいてから順番をお待ちいただくこと2ヶ月弱。
今私が一番に思うことは、じゅんさんの決意がブレることなく別れることが出来ていて欲しい、という事です。


じゅんさんが言うように、4年という歳月は、別れに踏み出す一歩を躊躇させるに、十分過ぎるほどの年月の積み重ねでしょう。
せっかく踏み出せたとしても、流されて元に戻ってしまう可能性がゼロにならないことは、じゅんさんに限ったことではありませんからね。


でも、踏み出す決意、その選択した道は間違いではありませんよ。
別れは遅かれ早かれで、「いつ」その道を選択するのか、ということだったのですよ。


遅くなれば遅くなるほど、より一層「都合のいい女化」していきます。
より一層、別れた時の傷が深くなります。
より一層、立ち直るのに時間がかかります。
これ以上立ち止まることは、それを意味するのですよ。


個人的には、以前、彼がよりを戻したいと言ってきた時に、出た言葉がとても引っかかります。
「他の女じゃダメだ!」


この言葉が、ある意味、彼の本心だと思うのです。
この言葉は、女性からすると心地良い言葉でしょうね。
「やっぱり彼方じゃなきゃダメ」と言われたら男性だって同じです。


でも、その言葉が本来の意味で使われるべきなのは、独身に限ってのはずです。
既婚者が言う「他の女じゃダメだ!」は、"不倫相手としては"であり、尚且つ、不倫相手が誰であれ不倫することが大前提となった言葉です。
それは、どんなに愛されても、愛しても、「限られた範囲の愛」でしかないのだと思うのです。


じゅんさんは今も結婚願望が無いのでしょうか?
それはそれで人それぞれの人生ですから、否定するつもりは全くありません。
ただ、じゅんさんも分かっていると思います。
「結婚願望が無い=不倫でも良い」にはならないことを。


お互いが独身で結婚願望が無い者同士なら良いでしょう。
でも相手が既婚者なら、結婚したくなっても現実的に出来ない。
または、離婚に踏み出さないだけの愛情までしか受けない。
それをも含めての関係になってしまいます。


もし未だに結婚願望が無かったとしても、それが別れることを思い留まる理由にはならず、自分に対しての言い訳みたいなものです。
また、関係を続けることは結果的に傷付くだけではなく、幸せを失うことも意味します。
関係が続いている期間、立ち直るまでの期間は、その間に巡り逢うかもしれない、運命の男性との出逢いを失うことになるのですからね。


やはり、この先何十年と人生が残されていることを考えると、目先のことではなく、先々の幸せを最優先するべきです。
今は、運命の出逢いを最大限受け止められるよう、そしてその出逢いを見落とさないよう、しっかりと前を向いて歩んでゆくべきだと思います。
それが自らの幸せを求める、今のじゅんさんのあるべき姿ですよ。

このサイトのカテゴリ
↓↓↓

「男の本音・男心」

「秘密の恋愛」

「不倫・婚外恋愛」




posted by 星野 純(はじめ) at 14:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 不倫を終わらせる勇気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
興味ある分野の勉強のためいろいろブログを拝見しています。
いくつかの投稿を読ませていただきました。
問合せに対する丁寧な回答が印象的でした。

応援ポチッとしておきますね。

ありがとうございました!
Posted by マスター at 2012年06月03日 17:44
アドバイスをご掲載頂きありがとうございます。
4月の終わりに無事(?)お別れをしていました。
私から・・というより彼はきっと自ら逃げていくだろうと想定して、いままで募っっていた言いたいことを全て伝えました。
案の定すごい速さで彼は逃げて行きました(笑)

まだ完全に吹っ切れたわけではありませんし
忘れてしまうには時間がかかりそうですが
星野さんがおっしゃるとおり前を向いて
しっかりと幸せ探しをしたいと思います。

ありがとうございました
Posted by じゅん at 2012年06月04日 10:20
別れを受け入れるのも勇気なんですね!良い勉強になりました。私も別れた彼女の事が忘れられず、半年間過ごした経験があります。とても辛かったですが、今では何であんなに辛かったのだろうと他人事のようです(笑)これを乗り越えたら更に良い女に成長できていると思います。神様はあなたに乗り越えられる試練しか与えません。頑張って下さい!
Posted by 元気 at 2012年06月07日 04:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ