2009年12月06日

なぜその男性に惹かれるのか

今回のご相談は改めて考えさせられるような内容でした。
では早速、そのご相談内容からです。

【お名前】 椿
【年齢】 30〜34
【独身/既婚】 既婚
【恋愛経験】 不倫経験 1人


[椿さんのご相談]

初めまして。最近こちらのサイト様を拝読している者です。
質問者様のお悩みに真摯に答えていらっしゃる内容に、私もアドバイスを仰ぎたいと思いメールいたしました。


不倫していたことを今まで誰にも相談出来ず一人で悩んでいました。
長文乱文、本当に申し訳ございませんが、不倫相手と別れた後なのですがアドバイスをお願いいたします。


不倫歴は8年と半年でした。
私には現在、夫と子供が1人居ます。


彼と私は同い年、私が初めて好きになった人、初めて付き合った人、そして初めての相手でした。
私が独身の時に出会い、彼もその時は独身だった筈です。(彼の話を聞く限りでは…。)


彼と私は街中で知り合いました。
彼は会社の同僚と飲みに行った帰り、私は友達と遊んでいる時でした。
後日、同じメンバーで合コンをした後に友人から彼には彼女(現在は別れた奥さん)がいることを教えられましたが私は彼と2人きりで会うようになりました。


間もなく、彼から彼女の妊娠を告げられました。
当初は、子供が出来るような時期に自分はエッチをしていないと言ってましたが、でも結局は生まれた子供は彼の子で彼は結婚しました。


彼は初婚でしたが、奥さんは5歳年上で子連れ1人の再婚でした。
最初は奥さんは夫と別居中だったのに、知らない間に離婚していたとも聞きました。


それを機会に、私はもう会わないことにしました。
でもそれから2ヵ月過ぎ、彼からの電話で私は再び会ってしまいました。


不倫なので連絡は彼からのみ。
会うのは必ず彼の仕事終わりの深夜か飲み会の帰り。
でも、月3〜4回の時もたまにありましたが、ひと月会わないこともありました。
バラつきがあり、本当に彼の都合が良い時だけでした。


デートらしいこともしたことがなく、今までで何回か一緒に食事をしたくらいです。
それ以外どこかに出掛けたのは夜のドライブくらいでしょうか。
移動はほとんど私の車で、たまに彼の社用車。
会うとエッチした記憶しかないようにも思います。


都合のいい女じゃないよと言われたことも何度かありますが、
「俺は我がままだから、お前が何も言わないからこうして会っているのかも。」
「男の性(さが)だから解ってほしい。理想の女になって。」
と言われたこともあります。


私が結婚してからは「結婚とか決まりとか責任に束縛されず、逢った時間を2人で楽しめれば良い。恋愛を楽しみたい。」の様なことを言っていたので、元来、浮気体質(?)だったのでしょうね。


勿論、私にも言いたいことはあったのですが、自分が本当の意味で好かれていない気がしてたので怖くて言えませんでした。


エッチの相性は最高でした。
私は彼が初めてでしたが、彼は沢山の女性を知っているのを口にする事もありました。
今まで抱いたことのある女性の中で一番だと彼は言っていました。


彼とのエッチは私にとっては初めてのプチSMでした。
彼は自分をSだと言っていて、私を見ているといじめたくなるそうで、
エッチの最中にいきなり首を絞められました。
プレイとしてはあるのでしょうが、普通は承諾を取ったりするようにも思うのですがどうなのでしょうか…。


私は彼に対していつも素直ではありませんでした。
不倫相手である自分に存在価値を見いだせずにいたのです。


今日まで、何度となく別れてはまた会うの繰り返しで、その間に私は今の夫と出会い、結婚、出産をし隣県ですが引っ越しもしました。


去年、また私からお別れをしたのですが、離婚して寂しいから慰めてほしいと彼からメールあり、会ってしまいました。
バカです。


その後、数回会う事があり、思い切って私に対する気持ちをどんなに辛くても悲しくてもいいから教えてほしいと言いました。


「お前のことは、そんなに好きじゃない。お前が俺を好きなほど、俺はそう思ってない。人間的にも女的にも、俺にとっては足りない。もっとレベルを上げろ。でも、それは俺にとっての事だから他の人は違うかもしれんよ。」


好きな人から人間的、女性的にも否定された気がしてかなりの打撃でした。
が、彼はいつもそう思っていたのでしょう。
考えれば考えるほど落ち込みます。


彼女が出来ていたことも同時に告げられました。
当たり前ですね。彼はもう独身ですから…。
それに顔も良く楽しい人でモテそうですし…。
「俺が女に不自由してるように見える?」と訊かれた事もあります。


確かに、離婚後はしばらく何の変化もないように見えていた彼が、
最近は生き生きとしてきていました。
もしかして…とは思っていましたが、やはり実際に彼の口から彼女の存在を聞くとかなり辛かったです。


その後、何か自分が抜け殻のようになってしまいました。
このままでは本当に自分がダメになると思い、最後にもう一度会ってもらって別れようと決心しました。
今回は自分に対する気持ちを彼から聞いて、少しは冷静になれたように感じます。


もう一度会った後、お別れとしてメールをしました。
「やっぱり声が聞きたいから、いつでもいい、都合の良い時を教えて。電話したい。」とも書いたのですが返事はありませんでした。


ますます自分が惨めになりましたが、彼にとってはこの程度の存在だったのですね。
解ってはいましたが、情けなくて自分が可笑しくて笑っちゃいます。
こんなに辛いのに何故好きなのでしょうか。


私には過ぎた相手なのだとも解っていました。
彼は私にない沢山のものを持っていて、頭も良く前向きで生命力に溢れていて…
私もこうなりたいと願う、理想の存在だったのだと思います。
私の、人として気になる所を気遣ってかけてくれた言葉も沢山ありました。


人と付き合うことの苦手な私の考え方を変化させてくれました。
良い事も悪い事も含めて本当に出会えて良かったと思ってますし、こんなに好きになれる人に出会えた私は幸せです。


彼との別れは、自分や周囲を見つめ直すきっかけを与えてくれました。
人は自分の鏡であること。
自分と他人は違うこと。
物事は多面的であること。
人生は、出来るなら後悔しないで生きること。
自分に優しくしてくれる家族がいること。


こんな当たり前のことが、お恥ずかしいですが
この年になって本当の意味で解ったように思います。


彼が結婚相手として新しい女性を求めたことも仕方ありません。
決めるのは彼で、人の気持ちを私がどうこう出来るものではないのですし。


今はまだ気持ちの整理が出来ておらず何かと気落ちしてしまいますが、今より少しでも前向きな考え方が出来る自分になる為に頑張らなければと思ってます。
今大事にしなければいけないのは家族の未来と自分なのでしょう。


早く彼の事を過去の思い出にしてしまいたい。
そう思うのですが、今の私は現在の彼の状況を頭では理解しているのに
心では受け入れられていないのです。「嫉妬」なんだと思います。
新しい彼女に対する、これからの彼への未来へ対する。


私は嫌な女です。
彼には幸せになってほしいと思うのと同時に妬みの様な負の感情も存在しているのです。
こんな自分が嫌で気持ち悪くなります。
他の人は、こんな感情を持ってしまうものなのでしょうか。


これから自分の人生を生きる為には前向きな考えが必要で、その為に彼と別れたのに。
本来なら、好きな人のことは応援したい筈なのに。
きっと私は、永遠に彼の1番目になることは出来ないのが解っているからだと思います。
「執着」も時間と自分の努力が解決してくれるのでしょうか。


補足ですが、家庭は円満です。優しい夫に罪悪感も感じていました。


また、私はDVのある家庭で育ちました。
母と私達姉弟は、父から暴力と言葉の暴力を受けました。


その為かは解りませんが、私はネガティブ思考です。
今回の不倫には何か関連があるでしょうか。
彼からは「自分に父親を求めている。」と言われたことがあります。
幼少期に得られなかった物を大人になって求めることは聞いたことがあります。


アドバイスお願いします。
お忙しい所、申し訳ございません。



[星野 純(はじめ)のアドバイス]

いつもの如く専門的な言葉は出ませんが、今回は恋愛心理学より、少し深層心理学的な話しです。


それは椿さんにとって少し重い話しになるかもしれません。
でもこれを機会に自分を客観的に理解する必要もありますので、そのつもりで聞いてくださいね。


椿さんのご相談の根底は、かなり根深い所に起因しているようです。


DVを受けて育ったことが今回の不倫に関係があるかと聞かれましたが、
今回の不倫だけではなく、椿さんの性格までもが大きく関係しています。


椿さんの性格は育った環境で男性へのイメージや、男性に求めるものや好みが形成され、そこから男性との接し方や距離間、恋愛の仕方になっています。


確かに、幼少期に得られなかった物を大人になって求める傾向はあります。
でも必ずしもそうとも限りません。


例えば、幼少期に片親で育った人ほど、シングルマザーやいつまでも浮気性な男性が多いのです。
本来なら両親が揃った幸せな家庭を望み、真逆なような気がしますけど、統計上でも明確になっています。


多くの人は恭順・屈従・服従などの欲求を持っています。
それはアメリカの心理学者Murray(マレー)も言っています。


その欲求は、自分より権力や支配力を持っている他人に対して従おうとする欲求です。
それは同時に自分を卑下することも含まれ、より権力や支配力を大きく感じてしまう為、積極的に従おうとしてしまうのです。


椿さんの場合は幼少期の環境で、その欲求がより強くなっているようです。


優しいご主人と円満な家庭があり、思い描いた幸せは満たされているはずです。
でも逆に、ご主人が優しく家庭も円満だからこそ、満たされていない欲求もあるのです。


だからこそ彼のような男性に惹かれ、そして執着してしまうのです。
セックスも自然とSとMとしてのバランスがとれるために、エッチの相性が最高と思ってしまうのです。


椿さんに改めて考えて欲しいことは、椿さんが幼少の頃に思い描いた幸せな家庭と、欲求を満たす彼の存在は真逆な物ですが、「幸せ」をどちらで得ようとするかです。


個人的にはやはり、前者であると思います。
彼と椿さんお互いが同じ気持ちなら不倫の中でも「愛」を感じることが出来ます。


でも彼は、椿さんとなら征服欲や優越欲が満たされ、それが心地良いという気持ちが大部分だと思います。


今回は幼少期の話しに触れ申し訳ありませんでしたが、椿さんが自らご自身の事を再認識し、これから何を求めて何を幸せとするかを
しっかりと考えてみてください。


幸せな家庭からは「愛」を感じることが出来ますよ。




posted by 星野 純(はじめ) at 14:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 欲求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アドバイス有難うございました。
お礼が遅くなり申し訳ございません。

アドバイスを何度も読み返しました。
最近、自分自身を作っている核の様なものについて
考える時間が多くなっていました。
いただいたアドバイスの内容にも重なる部分があり、
驚きとともに必要な時に必要な言葉を
いただけた気がします。

彼からの連絡はもうないでしょう。
私と会う意味はもうないと思いますから。
でもそれでいいのです。
私は別れることで、最後の自尊心を守りたかったのだと思います。

別れを告げる以前から心の中に彼に縋っている
自分がいて、それが辛く情けなかったのです。
星野様のおっしゃる通り「お互いが同じ気持ち」
ではないという思いが日増しに強くなって
いました。
それでも、ほんの少しでも私を好きでいてくれて
いるのだろうかとも思ったり…。

以前、彼は彼自身の考えとして「相手が自分のことを好きでなくとも
自分が好きだったら側にいる。」と言ったことがありますが、
残念ながら弱い私にそれは出来そうもありません。

今も彼のことは忘れられませんが、この別れは
私にとって必要だったと思いますし、
別れることで少しは強くなれた気がします。

「幸せな家庭からは『愛』を感じることが出来ますよ。」の言葉に涙が出てきました。
側にいる人が一番大切なのだと改めて実感しました。

自分の性格はすぐには変えられませんが、
理解した上で上手に付き合っていければと思います。

ネットを通じての相談でしたが、星野様がとても
近くに感じられ相談することで気持ちが楽になりました。
本当にお世話になりました。
有難うございました。
Posted by 椿 at 2009年12月14日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
トップへ